人気ブログランキング |
2019年09月12日
建築士用も、折り紙建築士用も、私的用も、一区切り。
数ヵ月ぶりのfree、さあ何よう!
MINIATURE LIFE展を観て、美術館梯子しよっか?
ひよっこ数年前からMINIATURE CALENDAR:田中達也さん追っかけ。
日常品見立てと言葉遊びの絶妙センスに唸る毎日、
この展示会は見逃せない。
a0210108_18055325.jpg
人生を豊かにするってこんな遊び心よね。
展示作品は
a0210108_18140537.jpg
写真と思っていたらキャンバス地に油絵風印刷だった?!(たぶん)
その写真じゃ質感は、伝えわらないね。
a0210108_18154516.jpg
額の隅っこのミニチュアがキュート♡
a0210108_23351050.jpg
ミニチュアは小さくても精巧。
a0210108_23461365.jpg
博多人を楽しませる作品、
a0210108_23355556.jpg
「死してもプラス思考」
a0210108_23373258.jpg
「これから先は若い二人の道」って老新郎老新婦を歩かせたりの、ニヒルさも好み。
実際に使ってるドイツ製ミニチュアが売っていた。
a0210108_00292776.jpg
1,500円~4,400円なり。
凝り凝りの凄まじい世界を堪能した。
さて、
他のギャラリーは、チョッと好みと違うから、
福岡市科学館の次は、増税前買い物。
趣味と全く異なるモノを勢いで買ってしまった?冒険だ!
すっきりさわやか帰宅したら、宿題が山のように発生していた、チャンチャン。

2019年08月02日
松楠居までまだまだ寄り道。
トークイベントが20時始まりなのでまだまだ時間がたっぷり。
水炊き老舗「新三浦」で胃袋を満たしたり、
a0210108_07542290.jpg
喫茶店でランプの炎の揺れを楽しんだり、
普段歩かない天神の街はキラキラ華やか。
さて松楠居、
a0210108_07584234.jpg
a0210108_07591018.jpg
外にはヨーヨー釣りや花火も用意され、夜店気分。
都築響一さんトークは、エッチでマニアックで
偏愛庶民への愛情溢れる爆笑話でした。
ボーンソノシートが最高!
a0210108_08071551.jpg
再生できます。
a0210108_08074401.jpg
a0210108_08313133.jpg
1940~50年代ソビエトで庶民がLPレコード複製に使った原盤は、
なんとレントゲンフイルム!
レコード繋がりnight mood musicのエッチなレコードジャケットも不思議な可笑しな話。今の愛知トリエンナーレに繋がる。

2019年08月02日
松楠居で都築響一さんトークで江上茂雄さんの話があるというので、先ず絵画観賞から。
6年ぶりの福岡県立美術館江上茂雄回顧展は、静かで力強く迫り来る。
執念深いクレパス・クレヨン画がやはり見応えある。
かなりホップにデザインされた心象風景と、今回は読み説く。
a0210108_18205771.jpg
これは2013年展示会カタログと2010年自費出版作品集



2019年07月11日
もう観賞できないと思うと寂しい。
すでに版木はすべて処分したと言う。
刷り物は皆に進呈だって。
手も腰も痛く制作出来ないと言う。
こんなに清く自分の作品を整理できるものだろうか?
a0210108_22073791.jpg
抽選に当たったら作品を追加UPしますね。
作者友人曰く「ジュディ・オングの上でしょ」
私は(技術・表現もさることながら、人柄が滲み出る作品)と思う。
比較するなら、江上茂雄さん。
a0210108_22095384.jpg
今、6年ぶりの江上茂雄展が福岡県立美術館で開かれている。
版画も展示しているかしらん?
追記
当選!!!
a0210108_08202398.jpg
当選した「赤い家」怪しげで異国感溢れ物語性があって好き。
a0210108_08210577.jpg
こんな風景画が重層で見応えあるのだが、
a0210108_08320158.jpg
こんな粋な版画も描いていた。
これが手元に来たら小躍りしちゃう、一番好き。


2019年07月08日
H中学校「ブロックの組み合わせをつくろう(フラクタル)」でした。
110分授業生徒12人が親40㎜から曾孫5㎜ブロックまで、
7人が孫10㎜ブロックまで折り紙建築版「シルピンスキーの三角形」を仕上げました。
a0210108_22431179.jpg
各班にスタッフが付き充実した対応が出来たこと、
来場者・小学生見学が、遣り甲斐と集中力持続に繋がったことも幸いしました。
今回授業は、
a0210108_2246024.jpg
①予備練習=一回目ハサミ創作の線対称図形と同様にハサミで増殖する立方体をつくります。
親40㎜立方体から、1/2子20㎜立方体を左・右・頭に増やし、自己相似を繰り返す。
a0210108_2247219.jpg
②練習品を見本に作図し、
a0210108_22485545.jpg
③厚ケント紙に折れ線と切り線を入れ立ち上げる、順番です。
無理なく見ごたえある完成品が立ち上がりました。
生徒目的は、A.製図に慣れること、B.自分で決定した到達目標に向け完成させることです。
全員完璧。
a0210108_22433038.jpg
丁寧に立ち上がった中学生徒の折り紙建築版「シルピンスキーの三角形」(折り紙建築設計:木原隆明)。
自己相似的な無数の三角形からなる図形シルピンスキーの三角形が、3次元折り紙建築版では立方体1/2相似。
さて、昨日フランク・ロイド・ライト作品8点が世界遺産登録されました。
a0210108_22504238.jpg
左:茶谷正洋作「グッケンハイム美術館」右:茶谷正洋作「落水荘」
世界遺産登録されたフランク・ロイド・ライト作品8点=グッゲンハイム美術館、落水荘(Fallingwater)、ジェイコブス邸、ユニティー・テンプル、ロビー邸、タリアセン、タリアセン・ウエスト、ホリーホック邸。
a0210108_22515788.jpg
世界遺産折り紙建築を見せ、
「私たちの町にも昨年2018年世界遺産が生まれたね?」と問うと
「新原・奴山古墳群だ!」と即答です。
「今年日本国内で指定されたのは?」
「仁徳陵、百舌鳥(もず)・古市古墳群!」
補助教員が「巨匠のひとりが認定され、世界三大巨匠が揃ったそうですね」と補足してくれました。きちんと教育を受け、地元愛を持っている生徒たちと、総合学習らしい良い授業が行えました。

異業種スタッフが加わると視野が広がりワークショップが深まります。スタッフ随時募集中。
2019年06月29日
午後シンポジウム会場東大工学部キャンバス行き前に、
旧岩崎邸庭園と「安藤忠雄初期原図展」を行っている国立近現代資料館へ。
5時に起き出したから、上野ホテルから散歩がてら、徒歩で回る。
不忍池は蓮が咲き始めウキウキ。
a0210108_18094866.jpg
岩崎邸は補修工事中で全貌が見えないけれど、明治期ジョサイア・コンドル建築様式はつかめる。
a0210108_18102871.jpg
和館とビリアード室が良かった。
a0210108_18110086.jpg
a0210108_18112223.jpg
a0210108_18115739.jpg
安藤忠雄の初期作神戸・大阪作品は見てるつもりだったが、知らない作品が多く、
手書図面は丁寧・詳細で模型と相まって見ごたえ充分。
a0210108_18125533.jpg
a0210108_18131955.jpg
a0210108_18134995.jpg
a0210108_18141518.jpg
a0210108_18153528.jpg


2019年06月28日
東京美術館巡り最終は上野の森。
a0210108_23085105.jpg
a0210108_23100933.jpg
a0210108_23104097.jpg
a0210108_23112694.jpg
a0210108_23130173.jpg
a0210108_23133797.jpg
建築が気になるけれど、
目的は「クリムト展」と「松方コレクション」
圧倒的力強さで目眩がする。
西洋美術館常設展の充実度も半端ない。
一作家の絵画展は見易い。
コレクション展や常設展は、
一枚一枚の絵画に作家の意思があるので、
受け止めきれず混乱し疲労する。
9:30~20:00まで5会場を駆け巡る東京アート三昧でした。
a0210108_23303147.jpg
デジタル複製のモネ睡蓮
平和なドニ
ライトアップされた「地獄の門」は見ごたえあり。
西洋美術館はほとんど撮影可の大盤振










2019年06月28日
明日のため朝一で東京に。
先ずは新国立美術館:「ウィーン・モダン クリムト、シーレ世紀末への道」
ガラスの茶室に出会えるとは嬉しい。
a0210108_11450652.jpg
a0210108_12054900.jpg
ランチはお得に一寸贅沢。
a0210108_12041658.jpg

2019年05月06日
展示会場は
a0210108_711191.jpg
ここが
a0210108_7113819.jpg
こうなりました。
a0210108_718733.jpg
a0210108_7184951.jpg
a0210108_7192794.jpg
a0210108_7194928.jpg
全く違う水彩画と折り紙建築が各コーナーに納まりました。

共有知人Hさんの展示手伝いがあり、どうにか正午に形になりました。
案内状に初日開場時間を入れていなかったので
午前中来て頂いた方を追い返すことになり、申し訳ありませんでした。

最後の「楽しい折り紙建築」コーナーは、
設えの美しさでファンが増えているGallery wabiオーナーに手を入れてもらい、
a0210108_7205846.jpg
こうなりました。
省略創作してるはずなのに、欲張り展示を反省。
5月7日(火)は、図書館休館に付きお休みです。
8日(水)・9日(木)・10日(金)・11日(土)・12日(日)にお越し下さい。
10:00~17:00、最終日12日(日)は、16:00まで。
2019年04月24日
2年半休館を経てOPENした福岡市立美術館は、
現状尊重の自然なリニューアルでホッとする。
a0210108_00084222.jpg
a0210108_00100162.jpg
外から見えない設備関係は全面改修だろうし、
トイレやレストランは刷新され、1階にも喫茶部が出来たのは、魅力度アップ。
設計者:前川國男の名前が全面に出ているのが嬉しい。
a0210108_00121372.jpg
「これがわたしたちのコレクション」は贅沢な所蔵品を改めて鑑賞するいい機会だった。
「インカ・ショニバレ」は、見て読んで、力強さが判ってきた感じ。
a0210108_00125803.jpg
福岡市中心天神から距離が有っても、
地下鉄・バス停から15分歩いても、
大濠公園という魅力あるロケーション横立地なら
行くのが楽しくなるね。
立地はとても大切。
なんと、遊園地と間違えてか、
同時刻、ツムツム家族は福岡市立博物館「ジブリ展」。
「めちゃしい‼」だって。
若者達を引き付ける企画がもっとも大切ね。