タグ:折り紙建築 ( 96 ) タグの人気記事

2018年09月23日
玄関にお土産がぶら下がっている。
a0210108_2051573.jpg
京都に行った人がご近所にいるのね、って軽く流して
落ち着いて確認すると
「熊本から少し寄らせて頂きました」と奈良Iさんのお手紙。
少しなんて距離では無い!
どうにか連絡が付いて、博多を離れる前1時間の逢瀬。
九州国立博物館にも寄ったんですって!
I「設計者は誰ですか」
A「菊竹清訓って久留米出身の人で、黒川紀章や(磯崎新)らと同世代の建築家です」
I「構造は?」
A「Tさん(夫)は設計・構造・施工すべてセットで建物解説されていたのね。
 ゴメンナサイ知らないの」
何気ない会話からI夫婦愛とI・Tさんの仕事姿勢が垣間見え、涙が出てくる。
一つの建物には名前が出てこない多くの人たちの手でつくられているのを忘れないように、と。
設計:(株)菊竹清訓建築設計事務所と(株)久米設計の共同設計
施工:I工区 建築:鹿島・間・高松特定建設工事共同企業体
施工:II工区 建築:大成・西松・松尾特定建設工事共同企業体
Ⅰ工区とⅡ工区の区別が判りません。
https://www.kyuhaku.jp/museum/museum_info06.htmlより。
a0210108_20373455.jpg
折り紙建築「九州国立博物館」(C)2013 Masayo ARIZA
2018年08月11日・12日のこと
箱崎キャンバスお別れイベント内「折り紙建築展示会」無事終了。
振り返りつつ写真をUPします。
8月4日に基本設営を終えたので、修正と作品展示だけのつもりが、
8月10日「パネル全部剥げ落ちてる」mailで真っ青になりました。
基本設営だけで6人2時間半かかったのに、どうしよう?!
事前準備を全部して、いざ当日。
ありがたや、学生と社会人は動きが全く異なった。
同じ6人で朝8時からの作業で開催宣言10時には体裁が整った。
a0210108_11344471.jpg
a0210108_1135163.jpg
北面8.7メートル展示
「ご挨拶―折り紙建築ワークショップ」
「九州の折り紙建築」
「建築学教室」カードのエスキス変遷
「折り紙建築士養成講座 in 九州」
a0210108_1136224.jpg
a0210108_11364816.jpg
北面8.7メートル展示
「ご挨拶―折り紙建築ワークショップ」
「九州の折り紙建築」
「建築学教室」カードのエスキス変遷
「折り紙建築士養成講座 in 九州」
a0210108_11375480.jpg
受付横ショーケース
「カテドラル2」折り紙建築設計:茶谷正洋
「シドニーオペラハウス」折り紙建築設計:木原隆明
「バラ」「この木なんの木」「飛翔」「2020東京オリンピック」折り紙建築設計:有座まさよ
a0210108_11384077.jpg
開催挨拶の時、既にクタクタになってる。
a0210108_11442559.jpg
振り返ってみると、
記念品ワーキンググループ(WG)に私が参加したのは12月。
完成形までエスキスモデル数十個、仕事終了後の夜会議。
初めは現地調査・写真から良い加減モデル。
WGには史実尊重(デフォルメ厳禁)の人も。
本体だけでなく印字、背当て台紙デザイン&カラーも
事細かく議論の対象になり厳選し完成形が生まれた。
この過程をパネル展示すればよかったと、深く反省。
a0210108_1148374.jpg
a0210108_11483553.jpg
a0210108_1149414.jpg
存在感溢れるコンクリート打放しの柱と梁。
グッドばい。

8月4日前設営でガムテープで付けたパネル・プラダンは8月10日にすべて剥げ落ちていた。
当日朝再設営では、マグネットと強力両面テープを使ったが、テープは、やはり剥げる。
スチールパネルには、マグネットが確実と学ぶ。
2018年08月04日
さあ、8月11日・12日は箱崎キャンバスお別れイベントです。
中央 折り紙建築ブースは、8.7mパネル×2面に70点強の折り紙建築展示をします。
是非見に来てください。
(旧製図室1のエアコンは最強で寒いくらいです)
折り紙建築「九州大学工学部建築学教室」作成ワークショップも両日行います。
申し込みくださいね。
イベント詳細: http://bit.ly/2JBmXta
ワークショップ申込み: https://goo.gl/forms/PBXX4DKZdsQy5wYz2

今朝までの旧製図室1は、こんな状態。
a0210108_2205196.jpg
物置状態から展示会場に変身しました。
a0210108_2212399.jpg
「九州の折り紙建築」
「干支折り紙建築」
「折り紙建築士養成講座 in 九州」
のコーナー
実物作品は当日設置します。
a0210108_22484770.jpg

「折り紙建築12ヵ月」
「なかなか遺産とそろそろ遺産」
「中学・大学空間認識実践教育」
のコーナー
実物作品は当日設置します。
当日は
基本展示手直し・折り紙建築設営・販売用折り紙建築袋詰め・ワークショップ備品設営
ショーケース展示も頼まれたのでした。
まだまだ準備作業が残ってる(泣)。
展示準備と設営だけでヘロヘロになったのは、猛暑のせいにしておこう。
2018年08月02日
今夏の九大箱崎キャンバス利用終了に合わせ、
8月11・12日にイベントを行います。
a0210108_1516164.jpg
a0210108_1517341.jpg
折り紙建築ワークショップコーナーでは、折り紙建築展示も行います。
なんとそのスペース8.73m×2面。
今までの展示、発表から、次の6テーマで折り紙建築紹介をします。
「九州の折り紙建築」
「なかなか遺産とそろそろ遺産」
「折り紙建築12ヵ月」
「干支折り紙建築」
「折り紙建築士養成講座 in 九州」
「中学・大学空間認識実践教育」
展示折り紙建築は71点。
ご笑覧下さいませ。
a0210108_15302216.jpg
こんな展示物を活用します。
a0210108_15305150.jpg
71点全部でこれだけ。
折り紙建築作品は台紙を付けて165×120サイズが基本。
A4クリアケースに納まり運ぶのは楽々。
2018年07月16日
7月15日・16日は、ものづくり大博覧祭「つくると!5」でした。
大橋キャンバス大橋キャンバス多次元ホールは心地よい。
a0210108_18565112.jpg
フルバージョンは久しぶり。
(3回目と4回目が一日ワークショップのみの参加だったので)
壁面を特別に借りて展示はこんな感じ。
a0210108_18552277.jpg
今までの展示作品を並べるだけの楽勝とと高を食っていたら
なかなか遺産は、年号やら第5号が増えていたりで、訂正箇所多数。
慢心はいけませんね。

ワークショップは大盛況で、二日間とも終わるまで立ちっぱなしでした。
a0210108_194141.jpg
7歳Runaちゃんは「良い加減で切り込みを入れて」に、おっかなびっくり。
2段目からは自信を持ってつくり始めました。
いろいろつくりたい思いが先走って思い通りの形が創れず、泣き出してしまった。
チョット手伝うとまた張り切って切り始めましたよ。
Runaちゃんお父さんの壺が又見事。
a0210108_197242.jpg
小学1年男の子が自由自在に創った作品群も凄い。
a0210108_1039468.jpg
子どもらの捉われない自由な感性が羨ましい。
向かい席のお姉ちゃんは細かく切り込みを入れ
a0210108_1982043.jpg
こんな見事な作品に。
a0210108_199274.jpg
初回グループの作品は、どれも素晴らしい。
a0210108_1910119.jpg
a0210108_19104337.jpg
a0210108_19111499.jpg

二組目も小2七歳の男の子MC君がキラリ。
父親曰く「この子空間認識能力高いんです」「MineCraftやってるので」
(積木かブロックと思ったらネットゲームにビックリ)
a0210108_145397.jpg
MC君作品はこれ!
a0210108_10364334.jpg
「つくると!」出展者のお兄さん、サンプル作品を穴の開くほど観察して生まれたのが左の蝶、お見事!
a0210108_1026172.jpg
「何創ったらいいか判らん、向いてないみたい」なんて、ぼやいていた青年は「どこまで細かくスリットが入れられるか挑戦した」ですって。自分のペースでつくればいいのYO。
a0210108_1028829.jpg

三組目の若者達は論理的で「(自由度が高い創作が)面白くってしょうがない」んだって。
a0210108_103355.jpg

課題「何をつくるかイメージを固め、スリット技法で表現しよう」に挑戦し制作途中、イメージ通りの形になるまで試行錯誤して下さいね。
a0210108_10334141.jpg

左:瞳制作途中、右:ピカチュウから発展
a0210108_10341019.jpg


二日目は、五月雨的に来る参加者対応でシッチャカメッチャカになりながら、
子ども達だと子どもなりの、大人たちだと大人の楽しみ方があって
「ハサミチョキチョキ飛び出すカード」の魅力が深まりました。
作品達はこんなふう。
右2個:黙々と制作に勤しむ中学三年生
左端:小学2年生=友達の誕生カードにしたいって
a0210108_10462345.jpg
三点とも小学6年生作品/隣でお父さんが「娘、工作得意なんです」って自慢げに見ていました。(親子でつくるともっと楽しいんだけどな)
a0210108_10473928.jpg
昨日も参加した7歳Runaちゃん、帰宅後もチョキチョキしてたんだって。「楽しいからまた来ました」って。一人でドンドコ創って行きました。
a0210108_10495032.jpg
小学生と大人が同席し、自分の製作に集中し、黙々と切っています。
a0210108_10513649.jpg

大人三人の四様作品。「これってめちゃ面白い!」嬉しい褒め言葉です。
a0210108_10521582.jpg
終了30分前に来た現役学生達。ハサミ階段は、つくり方だけ教え、「7分で何段増やせるか競争しよう」って急かせ、「段数増幅を数式化せよ」「2のn-1乗か!」「Σを付けてね」っと楽しく数学学習をして、「スリットを入れるとこんな応用が利く、何か自分の形を創造しよう」と手放すと、こんな素敵な作品に仕上げてくれました。さすが芸術工学部学生、お見事!
a0210108_10532943.jpg
a0210108_10535787.jpg

「つくると!5」のテーマはホメる。
「有座の住まいる」ホメるコメントはこれ。
a0210108_10563212.jpg
・おうちでいっぱいつくりたいです。
・紙とはさみで結構色々つくれて面白かった。
・紙とハサミという簡単なものを使うのですが深いものがつくれることに驚きました。リフレッシュできました。
・手先が器用になりました。
・色々楽しめます。
・ちゅうしんがすごい。
・色々な形があってよかった。
・細かい所まできれいになっていたのでとーっても感動!
・センスが素晴らしい!!
・すごく有名で無くても全国にいろいろカッコイイ建物があると判った。折り紙へのデザインの落とし込みも素敵。
なんと、投票数第2位、感想ありがとうございました。
2018年06月17日
折り紙建築で建物を創ろうとしたら
勾配屋根をどの様に表現するかをまず考える。
2012年6月にすでにブログ記述を見つける)
オリジナル勾配屋根を幾つも創ったので随分勉強したつもりだが、
7月「折り紙建築士養成講座 in 九州」講座は、手前傾斜屋根学習で
「旧新潟関税庁舎」(C)Takaaki KIHARA だ。
a0210108_2338156.jpg

茶谷正洋氏の出版されている手前傾斜屋根作品を全部作ろう、
と、製図(側面図製図が重要)しながら作成中。
出版社トレース段階で間違えるのか?
結構間違い図面を見つけるし、不安定構造もある。
今週はAmerican Houses(勾配屋根で無いのも2点含む)7点
a0210108_2333966.jpg
今までつくり貯めた”手前傾斜屋根”茶谷折り紙建築を並べるとこんな感じ。
a0210108_23425041.jpg
神社仏閣はまだあるな。
まだまだ終わりそうにない。
2018年05月17日
カッターマットも様々な製品が有る。
ワークショップ用の100均カッターマットは、カッターが引っかかり使い勝手が悪い。
新調しようとカッターマット調査を始めた。
2点ネット購入で加えて、手持ちのマットで比較する。
写真上から
1.セキセイ SEKISEI
2.プラス PLUS CS-A4
3.ウチダ UCHIDA きりっこA4
4.オルファ OLFA CUTTER MAT A4
5.中林 Nakabayashi CTM-A4CB
6.コクヨ KOKUYO
7.昭和工作板
8.マンモス mammoth CUTTER MAT
カッターマット材料には、塩化ビニール樹脂とオレフィン樹脂があり、
馴染のある8.マンモスは、塩化ビニール樹脂。
学生時代から使ってる塩ビマットは、波打ち変形してるので塩ビは除外。
詳しくは⇒ここ
マット表面が柔らかいと紙カット面の裏が窪む。
折り紙建築は紙両面を生かすので、窪むのは宜しくない。
1.セキセイと2.プラスは、マット表面が柔らかく除外。
3.きりっこは、マット面が固くカッターの刃がガサガサするのでこれも無し。
やや柔らか目-6.コクヨ>5.中林≒4.オルファ―>7.昭和工作板-固い
私好みは固い7.昭和工作板だが、3㎜と厚く重い。
6.コクヨは高値。
5.中林は傷跡が目立つ。
4.オルファが安価(ネット安値456円)でbest選択か?
もう一点、ワークショップ用重要チャックポイントは運びやすさ。
重量比較するとオルファ200gに対し中林136g、30枚運ぶと2kgの差となり大きい。
結局、5.中林Nakabayashi CTM-A4CBネット安値557円を30枚揃えることに決定。
追記
ライオン事務機カッティングマット CM-30K グレー 320×240×1.2㎜を発見。
比較し損なう、残念。
MIWAXカッターマットを使ってる「折り紙建築士養成講座 in 九州」会員もいる。
スタイリッシュでカッコ良い。使い心地も良い?
a0210108_0135595.jpg

私個人の折り紙建築製作使用マットはこれらでは無く、ガラス板。
紙断面の美しさはピカイチ。
力加減に慣れるまで刃毀れし、手首が疲れるが、
刃が紙を押していくだけの力加減を覚えてしまえば、サクサク切れる。
道具記述過去ブログページ
折り紙建築に使う道具の話
折り紙建築に使う道具の話その2-折れ筋
2018年05月10日
a0210108_1238346.jpg
「折り紙建築士養成講座 in 九州」4月「サイコロを折り畳もう」で、
平行折りに挑戦しようとした人2人。
既存にとらわれない自由な発想の持ち主に敬意を表して180度平行タイプを創ってみました。
V字タイプとの比較用教材です。
180度平行タイプは厄介です。
屋根形状によっては、開いたとき、紙抵抗があり作図通り収まらない。
角度補正、被せ補正、糸引き、などをするも、まだピタリと決まらない。
平行折に相応しい対象物に使ってこそ生きる手法ですね。
a0210108_1355422.jpg
「教会の尖塔屋根」(C)Takaaki KIHARA
5月12日「折り紙建築士養成講座 in 九州」180度平行タイプの教材です。
補正なんて無い!
「折り紙建築士養成講座 」著:木原隆明 掲載教材が優れていることを再確認。
2018年05月09日
知人が母親を亡くした。
90歳超えだから大往生なのだが、
知人の喪失感は半端ない様子。
さて、いわた書店の1万円選書を思い出し、
癒しになる本が無いだろうかと本屋を覘くも、
浅知恵では対応できない。
「かないくん」はちょっと違う。
平易なことばで紡がれたこれなんてどうだろう?
お悔やみのカーネーションを添えて。
(私が一番惹かれたのは紙触り)
a0210108_16113899.jpg

2018年04月16日
4か月関わっていた物件のバトンを、ようやっと次に渡すことができた。
こちらは早く準備し完璧のつもりが、
依頼主は想定外の注文をする。
こちらの予想を大きく外れた選択を毎回する。
単純なデザインなのに、なんと時間の係ったことか。
いままでの依頼主は仏様だった気がしてくる。
いやー、鍛えられました。

太陽も出て来たから、外に出て緑の中で昼寝でもしようか…
a0210108_1343458.jpg