タグ:折り紙建築 ( 87 ) タグの人気記事

2018年04月16日
4か月関わっていた物件のバトンを、ようやっと次に渡すことができた。
こちらは早く準備し完璧のつもりが、
依頼主は想定外の注文をする。
こちらの予想を大きく外れた選択を毎回する。
単純なデザインなのに、なんと時間の係ったことか。
いままでの依頼主は仏様だった気がしてくる。
いやー、鍛えられました。

太陽も出て来たから、外に出て緑の中で昼寝でもしようか…
a0210108_1343458.jpg

2018年03月26日
春休みに入って福岡市科学館は子ども達で溢れていました。
折り紙建築「福岡市科学館」を含む「森と生きる」展示は3月一杯と聞いています。
是非是非、5階基本展示室に足をお運びください。
開閉して楽しんでくれてるようで、折り紙建築2代目もボロボロになってちょっと哀れですけれど。
a0210108_23512342.jpg
今なら特別展「恐竜」も合わせて観れます。
a0210108_23515255.jpg
a0210108_23525816.jpg
六本松はすっかり変わってしまったけれど三和珈琲館はそのまま。
あの席でTとコーヒー飲んだ、この席で熱く語った…
と思い出が蘇るのでした。
a0210108_23595642.jpg

2018年03月21日
折り紙や折り紙建築を美しくつくるコツは折れ筋にあります。
川崎敏和先生が折り紙講習で、
「爪を立て折れ目を入れなさいって言ったでしょ、全然足りん」って怒られたのが
今になるとよく判ります。
私の折り紙は、一回目は教書通り、2回目は折図を製図し折り紙に印刷し、
折筋を先に入れてから折るズル(?)をします。
さて、
折り紙建築の作成では、折れ筋を先に入れてから切線を切る手順です。
折れ筋が決まるのが最重要だからです。
折れ筋は山折り側から入れます。
カッターで紙表面に軽い切れ目を入れるハーフカット(キスカット)が最も美しい。
が、慣れるまでは、先の尖がった道具で折れ筋を入れます。
先の尖った道具は様々あります。
写真右から
カルコ・目打ち・丸鉄筆・トランサー・使い切ったボールペン
私のワークショップでは、
カルコ(ホームセンター大工道具コーナーで3本組300円程度)を使っています。
安さと小型で一押しです。
紙に対して寝かせて使わないと紙が切れてしまうのが欠点です。
小学生位には使い切ったボールペンが、間違いがなく良いでしょう。
どなたか、私に30本譲って下さいませ。
針とシャープペンシルでmy目打ちをつくるのも有りです。
木原師匠はコレを愛用していらっしゃる様子。
身の回りに有るもので、自分に合った道具を見つけましょう。
おまけ→折り紙建築ワークショップに使う道具の話
a0210108_18552158.jpg

2018年03月8日
「Aクロスの会作品展」会期後半、
「折り紙建築士養成講座 in 九州」会員が、自作品を持参してくれました。
わざわざありがとう。
異業種、50歳超えの超多忙なHさんは創作はどうかな?と思っていたのです。
誠に失礼いたしました。
「習ったことを詰め込んで、勤務場をつくりました」ですって。
素敵です。
a0210108_22554991.jpg

会員展示品を見て「上下逆さの方が新建築ぽくってカッコ良くないですか」
「作者の意向と違うけれど引っ繰り返そうか?」
楽しい変更もしました。
気付きを沢山ありがとうございます。
年齢、職種、外見で人を見てはいけません、反省。
2018年03月05日
2018年「Aクロスの会作品展」始まりました。
アクロス福岡2階交流センターでのグループ展です。
有座「とびだすカード」コーナーはこれ。
a0210108_22133873.jpg
テーマを「折り紙建築十二月」と「折り紙建築士養成講座 in 九州」にしました。
「折り紙建築士養成講座 in 九州」プレゼンボードと展示はこれ。
a0210108_22155899.jpg
a0210108_2215468.jpg
参加者展示作品はこれ。
a0210108_22181889.jpg
a0210108_22184379.jpg
a0210108_2218306.jpg
a0210108_22185479.jpg
まだ卵も成熟したプロ作品も有ります。一年後の飛躍をご期待ください。
2018年02月14日
a0210108_2113558.jpg
2月「折り紙建築士養成講座 in 九州」で角錐タイプ学習をしたので、
近焦点で迫り出す折り紙建築を創作しました。
学習したことは即実践しないと定着しないですから(笑)。
カードを開けると、Loveの文字が飛び出すバレンタインのプレゼントにピッタリ。
カードを開けた時の見上げる角度で創ったので、
立て掛けると文字がやや下向きで見えないのがちょっと悔しい。
文字は「Berlin Sans FB Demi」というwordの標準フォントをアレンジしました。
a0210108_21375617.jpg
これも角錐タイプでつくったのだけれど、焦点が遠いのでほとんど気づきませんね。
それ位が丁度いいのだけれど、
設計努力に気付いてもらえないのはちょっと悲しい(笑)。
ハートが欠けるのは本来よろしく無いのだろうと、ちょっと控えめに公開。
2018年01月08日
Escherエッシャー作品には番号が振っているらしく、’55は犬。
木原隆明先生に習い、折り紙建築化。
原画そのままだと、ばらけてしまうので、顎を省略していたら、
師匠曰く
「絶対の答えがあるわけではありません…
出来るだけ原画に忠実に…」
木原隆明先生の原画再現の構造変革が素晴らしくって、
折り紙建築は当に構造、と見惚れてしまう。
a0210108_23505297.jpg
「Dogs’55」(C)Takaaki KIHARA 製作:Masayo ARIZA
a0210108_1025410.jpg
折り畳んだ形状がまた美しい。
テセレーションモティーフがピッタリ重なる。
折り紙建築にすると、ドーベルマンらしい威嚇の顎が畳まれるので、
スマートなテリア種犬に見えてしまうのも面白い。

1月4日UP投稿「Dogs 2018」も、ちょっと修正。
a0210108_23531823.jpg
「Dogs 2018」(C)Takaaki KIHARA 製作:Masayo ARIZA

折り紙建築作図勉強の正月でした。
エッシャー折り紙建築に興味のある人は、こちらもどうぞ。
2018年01月04日
a0210108_2225551.jpg
元(C)Takaaki KIHARA を再現

ネット上に上がった木原隆明先生の年賀を再現しました。
テセレーションだから1パターンを起こして組み合わせるだけ、
と舐めていたら一つづつ微妙に違うのです。
手書き原稿だからなのか、隅をよりリアルにするためなのか、
意匠的作意は掴めない。
仕方なく、エッシャーの原画に立ち戻ることにしました。
ウーン、これこそ手書きだから、モチーフをチョットづつ変形している。
で、有座再現では
エッシャー原画による1パターンの同寸テセレーションに縛ってつくりました。
こうしてみると、
エッシャーのdogsは、折り紙建築用に描いてくれたとしか思えない。
折り紙建築0度タイプにピッタリと、大好きな「昼と夜」を作品化したのは5年前正月でした。
また挑戦しようか?
しかしながら、木原隆明先生の創っていない作品でつくるのは大変そうです。
追記
日本テセレーションデザイン協会もあります。
面白いです。
2018年01月01日
あけましておめでとうございます。
今年は、無病息災の良い年でありますように。
a0210108_13163268.jpg
張子犬は、魔除け、無病息災、安産、子どもの成長を願うための人形だそうです。
a0210108_13172574.jpg
年賀ハガキをお送りした皆様、説明に習って組み立ててくださいネ。
十二単のように重ねて、色を出しカタチをつくっていくのは楽しいです。
2倍に拡大してつくってもgood。
往復ハガキ大の白紙と色紙でつくると左の形状になります。
このような0度の作品も、折り紙建築の仲間です。
2017年12月24日
折り紙建築「下灘駅」制作時に、
写真から下灘駅の大きさを把握するために列車車種の相談をしたのは、
小学生一年の列車博士でした。
バタバタとしていて、今日はクリスマスイブ。
サンタのプレゼントに混ぜてもらわなくっちゃ。
茶谷正洋氏のSLがあったはず。
「SL」と「客車」は連結できるようになっています。
a0210108_1247222.jpg
「SL」「客車」(C)茶谷正洋