タグ:折り紙建築 ( 108 ) タグの人気記事

2019年01月03日
今日届いたAndrew Dewar さん年賀状を、早速立体化。
天を見上げる姿勢がお正月らしく清々しい。
バック有座年賀状サイズと比べて、小さく愛らしいのが判りますか?!
展開図が真ん丸で、また可愛いのです。
年賀ハガキサイズの中で勝負し、創る楽しさを伝播させるって双方同じでしょ。
私のは力量不足だけれど。
Dewarさん、「フリーハンドでスーと描く」んだって。
紙飛行機の場合、何処に重心があるか、傾きをどうしたら飛ぶかは見て判る、
と言う。
子どもの頃からの長いものづくり体験なのね。
カナダでワークショップをしてもその場限りで、ものづくりに結び着かない、
と言う。
Paper craft W/Sは日本でなきゃダメなんだって。
幼稚園までは皆折り紙をしていた素地が大切なんだって。

Paper craft 友達が繋がっていくのは楽しいネ。
a0210108_2010277.jpg

2019年01月01日
あけましておめでとうございます
ことしもよろしくお願いいたします
a0210108_2202713.jpg
亥面:2019 (C)Masayo ARIZA

思えば、干支面作りは、創作初め2011年のゾウからすでに始まっていたのでしょう。
2018年は、バタバタで、年賀干支創作は諦めていましたが、
「面手法がある!」ときずき、年賀状も仕上げました。
出発点って有難いものです。
2018年12月31日
慌ただしく追い立てられる年でしたが、どうにか終えようとしています。
昨年12月末から携わった母校「九州大学工学部建築学教室」折り紙建築化と8月大イベント、
「さっぽろ創世スクエア」モデル化&ワークショップの短期集中の大仕事、
次の仕事を生みバトンタッチ
と、途切れることなく追われたのは、形になる喜びと消耗と、大変でした。
昨年10月からは始めた「折り紙建築士養成講座 in 九州」は、
11月に木原隆明先生特別講座開催、12月16回無事完了、
と、大きな喜びです。
今年のなかなか遺産第6号は、自分の意図した形になかなか到達できず苦しみました。
また次年度に続く折り紙建築仕事も湧いて、なかなか忙しい。
そんな中、大晦日の今日、
藤森照信先生サイン入り折り紙建築「多治見市モザイクタイルミュージアム」が帰って来ました。
これは、今年のご褒美です。
来る年も、喜び苦しみ掻き分けながら進んでいきましょう。
a0210108_21555170.jpg

2018年12月25日
Ho! Ho! Ho! Merry Christmas!
a0210108_11474683.jpg

2018年12月15日
今日は、なかなか遺産第6号「のこぎり二」愛知県一宮市認証式に。
良い会でした。
「のこぎり二」の若い守り人:平松久典さんを、
地域の皆さんが応援している姿が印象的でした。
緩やかな新しい街づくりが始まっているのでしょう。
a0210108_223014100.jpg
a0210108_22304566.jpg
a0210108_2231534.jpg
こんなので
a0210108_22351487.jpg
今までの認証式最大の人出で
a0210108_2231298.jpg
こんな事して
a0210108_2237011.jpg
折り紙建築ワークショップして
a0210108_2250238.jpg
a0210108_2238458.jpg
手取り足取り教えて
a0210108_22393929.jpg
皆さん如何にか完成させて
a0210108_22401980.jpg
外ではこんなバーベキューパーティーで楽しそうだったのに
a0210108_22413463.jpg
展示作品と道具片付で参加出来ず(泣)。
飛行機代より高いタクシーで名古屋小牧空港に向かい帰ったのでした。
夕食は空港付属コンビニおにぎり一個のみ、出張は痩せるわ。
a0210108_2257257.jpg
「のこぎり二cafe」昼食の薬膳カレーは抜群に美味しく、元気溌剌で認証式&W/S臨めgood.
このcafe、若い人が次から次に入って来る、ちょう人気店みたい。
2018年12月14日
明日のなかなか遺産認証式現場一宮市は岐阜の隣です。
岐阜には何がある?
藤森照信さんの多治見市モザイクタイルミュージアム、
伊東豊雄さんの岐阜メディアコスモス、
折り紙飛行士作家Andrew Dewarさんがいる!
a0210108_23155531.jpg
ほぼ徹夜でつくった多治見市モザイクタイルミュージアムは、結構雰囲気を表現でき、実物建物もおとぎの国の様で楽しい。
a0210108_08120752.jpg
平日で一時間に一本バスしかないのに、結構人が入っている人気館。
建物内も遊び心一杯で楽しい‼
a0210108_08180688.jpg
a0210108_08184314.jpg
設計者:藤森照信さんて子どものころの遊び心をそのまま持ってる人なのね。

2018年10月29日
届きました。
昨年12月から関わったプロジェクトがこれで終了、ホッ、長かった。
松遙会同総会会報が届くまでは安心できなかったのです。
会報にこんなコメントが。
8月11、12日に開催されました箱崎キャンパスお別れイベントを記念して、同窓生の有座まさよ氏より、九州大学建築学科教室を折り紙建築にて再現していただきました。折り紙建築とは、一枚の紙に切り線と折れ線を入れ、任意の角度に折り曲げることで建築物のデザインを表現するペーパークラフトの一種で、1981年に茶谷正洋氏により考案されたものです。建物の記憶と共に、末永く皆様のお手元に留め置きいただけると幸いです。
短い文に全て書いて頂いてるのですが、
ここに「建物設計:光吉健次 第3期工事昭和45年当時」も付け加えておきます。
折り紙建築の塵除けには、無印良品アクリルCDボックスが手頃で良いですよ。https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076226277…
a0210108_23314342.jpg

背当てグレー版は同窓会用、紅版はイベント当日用の双子立体カードです。
九大カラ―(紅)は華やか、打ち放し色(グレー)は渋め、
記念品ワーキンググループ拘りの配色です(私じゃないよ)。
学生時代助手だったI氏よりコメント頂きました。
ファサードの構成は水平線と垂直線で構成される平面で、凹凸で陰影が。コンクリートのシャープな線。折り紙の切り口のシャープな線、ケント紙の材質と色が打ちはなしコンクリートにふさわしく、印象深い折り紙建築と拝見しました。設計当時のスタッフの方にも聞いてみると関係者の声が聞けます。

2018年10月23日
博多・丸善の絵本コーナー奥には、
a0210108_1225334.jpg
a0210108_123822.jpg
2段に渡ってペーパークラフトの本が並んでいました。
杉原厚吉「トリック立体」もここ絵本コーナーに。
a0210108_02141782.jpg

a0210108_02174654.jpg
a0210108_02162642.jpg
賑やかしい本の中で私が購入したのはコレ。
a0210108_1303519.jpg
「サブダにチャレンジ!」大日本絵画―自分でカットして組み立てるタイプ
a0210108_131622.jpg
「パペラ」大日本絵画―自分でカットして丸めて立体にする立体折り紙的楽しい本
a0210108_1312578.jpg
のりとはさみのいらないペーパークラフト恐竜編」?コスミック出版―ダイカット済み型紙を組み立てるタイプ
a0210108_1374694.jpg
「ぺぱぷんたす」小学館―2017年初出版の続編が出ていて嬉しくって購入。
大人も子どもも同レベルで紙と遊ぶ、こんな本がもっと増えて欲しい。
大人用ペーパークラフト本は、丸善では3か所に分かれている。
a0210108_02100110.jpg
a0210108_02105483.jpg
a0210108_02115471.jpg
「立体模型」と「手作り」と「建築」。グルグル回って大変。
ジャンルが確立していないのは、寂しい。

2018年10月13日のこと
その地の折り紙建築を創り一緒に写真を撮ることにしています。
札幌はこれ!
a0210108_23495427.jpg
a0210108_23543962.jpg
札幌市時計台(C)2018 Masayo ARIZA
a0210108_23534745.jpg
a0210108_03391.jpg
さっぽろ創世スクエア(C)2018 Masayo ARIZA
今回のワークショップはこの建物のグランドオープン行事&HTBまつり
2018年10月05日
facebookを覗いているとKei Nakamuraが出てきて
FB友達になる。
彫刻家:中村ケイさんのカメを手に入れたのは半年前。
「ヨーロッパでは絵やお花の横に必ず彫刻が置かれている」とケイさんのお母さん。
時々撫でてパワーを貰う。
写真の折り紙建築は、創作は始めたばかりの何も知らない頃の作品。
なのに角錐折を使っているのに今さらビックリしてしまう。
a0210108_15144240.jpg
大理石彫刻:Kei Nakamura/折り紙建築:2011 Masayo ARIZA