2018年12月12日
こんな開放型排気の灯油ストーブが来た。
空気清浄器を隣で強稼働したって臭い。
今まで綺麗な空気にこだわって来たのに。
平成元年に建てた我が家は開放形。
夏は自然風を入れるワンルーム、冬は襖仕切りの床暖房の家だ。
2代目床暖房ボイラーが臨終し、
メーカーは現状以下能力のヒートポンプ電気ボイラー対応しかないという。
他社メーカーでは制御盤交換で高額見積、年内工事は無理の返事。
で、
やってきた寒波を暖房無しで2日過ごし、悲鳴を上げてのストーブ購入。
あーぁ。
技術進化の方が早すぎて、同じ生活が送れなくなる寂しさよ。
a0210108_11322911.jpg

2018年10月13日のこと
その地の折り紙建築を創り一緒に写真を撮ることにしています。
札幌はこれ!
a0210108_23495427.jpg
a0210108_23543962.jpg
札幌市時計台(C)2018 Masayo ARIZA
a0210108_23534745.jpg
a0210108_03391.jpg
さっぽろ創世スクエア(C)2018 Masayo ARIZA
今回のワークショップはこの建物のグランドオープン行事&HTBまつり
2018年10月12日のこと
安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄とイサムノグチ:モエレ沼公園を巡って
さっぽろ創世スクエアの札幌文化芸術劇場へ。
写真をみると今どき珍しいクラシカルな仕上げになっているので覗いてみた。
一般市民開放発表会中。
演奏中も自由に動ける時は中央席・左右席・上階席・上階席左右と座って観て聴いてみる。
建築プロっぽい人も同じような行動パターンで見まわしていて可笑しい。
どの席も音の響きが良く、歪まず、舞台が良く見えて素晴らしい。
残響が長めだから肉声芝居はどうだろうか?
まあ、2000人ホールで打つ芝居はマイクを使うから心配不要だけれど。
a0210108_1945024.jpg
a0210108_1952626.jpg

私の仕事日近くがこけら落としだったら飛んできたのに残念。
10月11日短時間館内案内して頂いた写真も張り付けておこう。
a0210108_1981634.jpg
a0210108_1983983.jpg
谷口顕一郎:札幌のかたちを巡る2018
札幌を上空から眺め市街地と自然と水際の境目を分割、再構成した作品郡
a0210108_19151483.jpg
北海道で取れる石のレリーフ。採掘量が減ってここだけにしか使えなかった、とか。
a0210108_1917466.jpg
長谷川仁:HEART BOUNCE bench
オフィスエントランスにどとーんと鎮座しているアートベンチ。
実はここがワークショップ会場。
a0210108_19214364.jpg
劇場エントランスホール床。
木フローリング?と問うと、
イタリア産木目を焼き付けたタイルだって!
摩耗が無いから安い上がり、とか。
地下通路に繋がる広場に優美な乾漆アートが有ったけれど、
背景が真っ白で彫刻そのものが引き立たず可哀そうで写真を撮り損なった。
a0210108_19284393.jpg
a0210108_1929253.jpg
市民交流プラザと図書館は楽しそうだった。
自由時間が有ったらここでくつろいだのに(泣)。
2018年09月23日
玄関にお土産がぶら下がっている。
a0210108_2051573.jpg
京都に行った人がご近所にいるのね、って軽く流して
落ち着いて確認すると
「熊本から少し寄らせて頂きました」と奈良Iさんのお手紙。
少しなんて距離では無い!
どうにか連絡が付いて、博多を離れる前1時間の逢瀬。
九州国立博物館にも寄ったんですって!
I「設計者は誰ですか」
A「菊竹清訓って久留米出身の人で、黒川紀章や(磯崎新)らと同世代の建築家です」
I「構造は?」
A「Tさん(夫)は設計・構造・施工すべてセットで建物解説されていたのね。
 ゴメンナサイ知らないの」
何気ない会話からI夫婦愛とI・Tさんの仕事姿勢が垣間見え、涙が出てくる。
一つの建物には名前が出てこない多くの人たちの手でつくられているのを忘れないように、と。
設計:(株)菊竹清訓建築設計事務所と(株)久米設計の共同設計
施工:I工区 建築:鹿島・間・高松特定建設工事共同企業体
施工:II工区 建築:大成・西松・松尾特定建設工事共同企業体
Ⅰ工区とⅡ工区の区別が判りません。
https://www.kyuhaku.jp/museum/museum_info06.htmlより。
a0210108_20373455.jpg
折り紙建築「九州国立博物館」(C)2013 Masayo ARIZA
2018年04月12日
綺麗なビル!と見上げると立体駐車場でした。
a0210108_1154654.jpg
たまたま隣接ビルが解体されアラワになった側面を
向かいビルから眺めてもキリリと仕上げられていました。
天神ビルから続く優れたデザインを繋げようと電気ビルが設計された、
と、聴きました。
駐車場ビルであっても
手を抜かない美意識の有る施主と設計・施工者の仕事なのでしょう。
良いビル群を見た影響からか、
仕事帰り、本屋で「東京人 ビル散歩1960-70年代」が目に入り、買っちゃった!?
此の本屋も建物の佇まいが良くって見とれてしまう。
きっとそんな客も少なくないはず。
2階ギャラリー「タダジュン『Dear,THUMB BOOK PRESS』原画展」も
不思議な世界観で良かったです。
a0210108_23164695.jpg
a0210108_23083852.jpg

2017年11月14日
木の香りも勿論だが、空間のつくりが抱かれる感覚の素晴らしい図書館。
このつくりは武雄市図書館と一緒ね。
ずっと小規模だからか、尚更温かく、本と近く触れ合え心豊かになる。
仕事途中に寄った基山町立図書館:佐藤総合計画/設計の建物でした。
a0210108_2138378.jpg
a0210108_21391729.jpg
読み聞かせの部屋
a0210108_21422987.jpg
閲覧室
a0210108_21431548.jpg
a0210108_21435183.jpg
隣の小学校もしっかりとした造りで教育にお金をかけているのがよく判る。
a0210108_2145886.jpg
羨ましい。
2017年08月20日
東京国立近代美術館「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」が行われてる。
増沢洵自邸は写真パネルだけの模様。
「斎藤助教授の家」清家清は実物大模型。
行きたいなー。
「私たちの家」「私の家」プライベートツアーも有った模様。
現存し使い続けられてこそ生きてくる建築。
「コアのあるH氏の住まい」を見た時のような体験をしたいなー。
a0210108_912144.jpg
増沢洵自邸(C)2012 Masayo ARIZA
2017年08月12日
今日の美の巨人たちは「宗像大社」
タイムリーで感激。
と言うのも
沖ノ島の沖津宮を調べ始めた所だし、
辺津宮の解説が同級生だったのも。
シッカリと三宮を取材して映していたのが良かった。
ところが、直ぐ近くの宗像大社辺津宮は意識して見たことが無い。
人が大挙して訪れる前に見学に行かないと。
沖津宮は行けないけれどね。
a0210108_22264843.jpg

2017年08月03日
福岡市六本松で打ち合わせ。
箱崎と違って歴史的建造物は無かったから、六本松に特に郷愁は無い。
しかしながら、
再開発は100年残る優秀なデザインであって欲しい。
ツルッペラッは寂しいね。
これを見栄え良くカタチにするミッションは難しい。
a0210108_22321143.jpg

2017年07月22日
九州大学伊都カンバスに初めて足を踏み入れた。
まだ建設中。
a0210108_22455897.jpg
a0210108_22462359.jpg

椎木講堂コンサートホールでのコンサート
良い機会だからと参加。
今まで写真で目にしてきたキャンバス実物見るのは不思議な感じ。

歴史や文化は長い年月を掛けて積み上げて創りだすもの。
明治期から歴史を刻んだ箱崎キャンバスを捨てて
この地でどんな文化が生まれるのか知る術はないけれど
箱崎キャンバス解体現場を見ると心痛む。
a0210108_22545066.jpg
a0210108_2255769.jpg
a0210108_22574735.jpg

コンサートそのものは、とても楽しかった。
知ってる曲「新世界より」の、音を出してる人と楽器が見て取れるのは楽しい。
a0210108_22485386.jpg
a0210108_22491148.jpg
a0210108_22493126.jpg
a0210108_22501100.jpg
a0210108_22501951.jpg
私は、技術と社会と文化と芸術を統合した学問を大学で学んだらしい。
それは感謝してるが相変わらず「社会」概念は薄いまま。
a0210108_225499.jpg