人気ブログランキング |

タグ:カプラ ( 36 ) タグの人気記事

2019年07月18日
到着時に既に白川郷の様な街並みやタワーが立ち上がっており、
さてどんな進行をしたら良いやら?
一年生15人位、二年生10人位、あと2~5人の40人で3,400ピースカプラ。
昨年はカプラが足りず殺気だって来たもんナ。
何が作りたい?
の問いで出た「街」「古墳」「タワー」「城」でグループ分け。
ちびちゃんグループは補佐すれば良し。
a0210108_23432888.jpg
年一回ワークショップでも、全体成長は著しい。
a0210108_23463699.jpg
タワーグループ
a0210108_23502043.jpg
ちっちゃい子が多かったお城グループ
a0210108_23513788.jpg
貫禄の街並みグループ
古墳グループは積んでも積んでも崩れてしまった。
さあ、全員製作のナイアガラの滝とカマクラ
a0210108_23531515.jpg
a0210108_23542244.jpg
a0210108_23551219.jpg
a0210108_23580229.jpg
a0210108_23565325.jpg
ナイアガラの滝は一度崩れて泣き出す子がいたけれど、
真上から乗せる・肩より高くなったらカプラ渡しに回る
って約束したら大成功。
一回り小さなカマクラも立ち上がって一人づつ全員入って、
最後はチビッ子四人で爆発。
あー、楽しかった。








2019年07月17日
夏休みが始まった児童館のカプラワークショップどうしよう。
子ども達はワラワラ、カプラ枚数は在るだけ。
一人100枚弱でどうやって遊ぶ?
カマクラはやっぱりつくりたい。
透け透けカマクラだと半分?
a0210108_22453272.jpg

2019年03月03日
当日、有座側スタッフ6人、現地ボランティア6人程度、準備製作楽勝と高をくくったら、
バランス命のナイアガラの滝が2度も崩れる。
新人集団で大物に取り組む大変さを突き付けられる。
カマクラスルーもOPEN時までに完成ならず。
a0210108_22471054.jpg

気持ちの半掛けで望まないと空回りするのを実感。
子ども達はいつだって挑戦者で、こんなのが出来ていたよ。
a0210108_22473616.jpg
a0210108_2248382.jpg
a0210108_22484779.jpg

残り1時間は中座したので判らず。楽しかったはず。
2019年02月27日
3月3日は「1万個カプラで遊ぼう」
この頃カプラワークショップをしていない。
ツムツムとのお遊びだけだと腕が落ちてしまう。
カマクラスルーとナイアガラの滝でお出迎えして、
あとは、参加子どもたちの顔ぶれに合わせて発展させましょうね。
カマクラスルーを作れるかのエクササイズ。
崩れず無事完成。
これは約1000ピース、本番では垂直部を立ち上げて2500ピース位かな?
本番も無事立ち上がるはず。
a0210108_19442361.jpg
a0210108_19451670.jpg
a0210108_19454677.jpg
a0210108_1946144.jpg
a0210108_19464899.jpg
追記
カプラ最大の楽しみは破壊行為。
翌日、ツムツムに任せた。
a0210108_1938816.jpg
a0210108_19383312.jpg
a0210108_19385880.jpg

2018年07月25日
一年ぶりの学童保育所でのカプラ。
学童自前2600個カプラ、41人の子ども達、スタッフ二人だけで、どうやって遊ぶか、
前回を反省しつつ、結構悩んで向かえた当日。
チビッ子パワーに押されながら、なかなか楽しく遊べた報告レポート。
「一ケースには、200個入っています」
「10ケースだと何個かな?」
「40人だと一人何個づつになるかな?」
「どうやったら楽しく遊べるかな?」
問い掛けながら始めると、
「グループになれば良い」って子どもらが答えてくれ、
4人グループをつくって始めました。
とてもスムーズ。
「高く積むにはどうしたらいいかな?」
『おきる』積み方、『たつ』積み方を練習して、
「4人で協力して高いタワーを作ってみよう!」
a0210108_1782275.jpg
10分もしたら200個全部積み上がり。
8人グループになって、
「今度は何をつくるか話し合ってつくろう!」
グループで全部違って面白い作品が生まれました。
1グループ―家
a0210108_17113712.jpg

2グループ―うずまき(スパイラル)
a0210108_17131091.jpg
つくりたい物にどうやったら近づくか、焦りながら、段々とコツが判り、協力しながら組み上げる姿は美しい。
3グループ―丸丸丸丸丸タワー(ボール)
a0210108_17144463.jpg
ボールなんて作りたくない、とゴネていた子が、カッコイイじゃん、と乗り気になって来て、お互いにピースを譲り合ってボールをつくり、合体させるたびに歓声が上がり、尖塔を上に付け始める子に注目が集まり、皆が満足感一杯の顔になって、幸せ。
4グループ―機関車
a0210108_17221082.jpg
小5女の子3人人がいる年上のグループ。何回も崩落しながら、持ってるピース全部を使って2台も完成させました。見事!
5グループ―ヤフオクドーム
a0210108_17252218.jpg
a0210108_17254595.jpg
個々がつくった螺旋の上にドームを乗せるという独創的傑作を作り上げたのは、素晴らしき小5男子リーダーが居て、グループ員の協力あってこそ!
6グループ―滑り台
a0210108_17294990.jpg
個々が個々でつくり、共同作品とはならなかったけれど、この滑り台は傑作かも?

「4人で200個だと10分で品切れ、8人でカタチをつくると、あれこれ工夫が出来る。
では、全部を使って、皆でナイアガラの滝を作ってみよう!」
残念ながら、1m高さ前に自然放流してしまったけれど、それはそれ。
最後は、低学年には退室願って、
5年生と4年生のお友達で、かまくらづくり。
2600個だから小さく、高くつくりました。
a0210108_1737349.jpg
低学年も呼んで、順番に中に入って、最後は爆発でお終い。
a0210108_17391861.jpg
a0210108_17394711.jpg
積むときは、あんなに子ども子どもしていた4・5年生が、小さい子の前では面倒見の良い、立派なお兄ちゃんお姉さんに変身してるのにビックリ!
片付はあっという間。
a0210108_1743750.jpg
「案ずるより産むが易し」と言うけれど、
カプラピースが少なければ知恵を出し、状況に合わせた遊び方を考えれば
如何に楽しく遊べますね。
酷暑を忘れる楽しい会になりました。
いつも一緒に遊んでくれる"にゃんにゃんおじさん"本当にありがとうございます。
2018年07月23日
7月25日カプラワークショップのエクササイズでつくったカマクラ屋根。
喜んで破壊すると思ったら、上にピースを乗せ始めた。
ちゃんと成長してるとビックリ。
a0210108_18215488.jpg
ババが読む「ぐりとぐら」絵本は直ぐページをめくって、お話を終わらせるのに、
マンマが読むと、しっかり聞くのね、ビックリ。
a0210108_18244720.jpg
絵本を持ってマンマで無くババの膝の上に飛び込んで来たのは夢の話か?
最近、ツムツムにからかわれてるような気がする。
2018年06月26日
カプラ師匠より「イゲタに組む」と助言があり、展望が開けた感。
広げて積むのは慎重さが不可欠なのだけれど、
サッカーTV観戦ながら制作だとは不安定になっちゃう。
明日には豪快に崩される運命。
a0210108_23173396.jpg

2018年06月21日
崩さず積むようになった、素晴らしい成長!
a0210108_22301283.jpg
a0210108_22414938.jpg
a0210108_2231531.jpg

2018年06月10日
TVを観てると10分で寝落ちてしまうので、カプラながら。
写真で見たスクエアに挑戦。
一辺横3枚まで伸ばした所で、先に進まない。
これ以上どうやるの?
全然思いつかない(泣)。
円だと簡単に増やせるのに四角形は別物だ!
写真を見つけて真似るしかないね。
a0210108_23372555.jpg
さて翌日ツムツムにあえなく崩されるの巻。
a0210108_23413351.jpg

2017年12月23日
カプラでクリスマス。
ツリーとトナカイの次はお星さま。
a0210108_12385128.jpg
a0210108_12393365.jpg
すぐ壊されちゃったけれどね。