人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2018年12月31日
慌ただしく追い立てられる年でしたが、どうにか終えようとしています。
昨年12月末から携わった母校「九州大学工学部建築学教室」折り紙建築化と8月大イベント、
「さっぽろ創世スクエア」モデル化&ワークショップの短期集中の大仕事、
次の仕事を生みバトンタッチ
と、途切れることなく追われたのは、形になる喜びと消耗と、大変でした。
昨年10月からは始めた「折り紙建築士養成講座 in 九州」は、
11月に木原隆明先生特別講座開催、12月16回無事完了、
と、大きな喜びです。
今年のなかなか遺産第6号は、自分の意図した形になかなか到達できず苦しみました。
また次年度に続く折り紙建築仕事も湧いて、なかなか忙しい。
そんな中、大晦日の今日、
藤森照信先生サイン入り折り紙建築「多治見市モザイクタイルミュージアム」が帰って来ました。
これは、今年のご褒美です。
来る年も、喜び苦しみ掻き分けながら進んでいきましょう。
a0210108_21555170.jpg

2018年12月27日
FMラジオから流れてきたミュージカルナンバーに聴き入ってしまう。
なんと全てナマ舞台で観劇してる、エヘン!
ミュージカル初体験がジーザス・クライスト・スーパースターだったのは幸いである。
ミュージカル王道を歩むことが出来たのだから。
番組は「音楽遊覧飛行・選▽映画音楽ワールドツアー」
全てアンドリュー・ロイド・ウェバー

「私はイエスがわからない(映画:ジーザス・クライスト・スーパースター)」

「スーパースター(映画:ジーザス・クライスト・スーパースター)」

「ドント・クライ・フォー・ミー・アルゼンチーナ(映画:エビータ)」(歌)マドンナ

「ユー・マスト・ラヴ・ミー(映画:エビータ)」(歌)マドンナ

「オペラ座の怪人(映画:オペラ座の怪人)」(歌)エミー・ロッサム、(歌)ジェラルド・バトラー

「ミュージック・オブ・ザ・ナイト(映画:オペラ座の怪人)」(歌)ジェラルド・バトラー

「マスカレード(映画:オペラ座の怪人)」

次回ミュージカル特集は、ミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイを切に希望。
2018年12月25日
Ho! Ho! Ho! Merry Christmas!
a0210108_11474683.jpg

2018年12月24日
NOAちくご川崎敏和教授特別講習会でした。
クリスマスイブに丸一日折り紙に興じるマニアック集団って愉快。

会員限定講習での川崎敏和先生は、リラックスされるのか、
(いつも通り叱りはするが)
折り紙創作話が飛び出し、楽しい。
「先ず見なさい」
「見て覚えなさい」
「点と点を合わせると折り紙はどんどんずれて行きますよ、
今したいのはこの角度を半分に折ることでしょ、どうしますか?」
「折らない!今はシッカリ観て聴きなさい」
「なにがポイントですか?メモや写真の記録ではダメです、
ここのポイントサンプルを残しなさい、前後は当然判るでしょ!」
「これからどう発展させるか、どのイメージと結びつけるか、それが創作です」
「色ばかり見たらだめです、折り紙は形です」

観る・聴くって大切ですね。
私って、ピリッとした空気感を味わうために、参加してるのかな。
折り方はサッパリ覚えないけれどね。
川崎先生の問「どうやったら覚えると思いますか」
私の答「教えたら良い」
私、折り紙を教えることは無いから真剣みに欠ける?

今年は、NOAちくご例会全く出席出来ず、川崎敏和氏特別講習のみ2回。
会員皆さんゴメンナサイ。

叱るエネルギーを持った川崎先生って、本当は愛情に富んでるんだろうな。
昼食に川崎先生にくっ付いてアーケード街路地裏の「一平」
うどんスープのラーメン麺「中華うどん」を食す。
50年前と同じ味だって?!
ラーメンの麺が違和感なく食べられる不思議。
先入観を捨てると料理の幅は広がるね。生き方もね。
2018年12月19日
Katayama Naho Paper Art展を観に行く。
三年ぶりにNaho Katayamaさんに会うのに、
ずっと一緒にいたように感じるのは紙仲間意識からか。
表面は静かな方だけれど、作品の持っている力強さは圧巻。
淡々と今を生きてる姿が作品同様凛々しい。
バタバタしてる自分が恥ずかしく、且つ勇気も貰う。
a0210108_23460788.jpg
a0210108_23464239.jpg

2018年12月16日
いままで木の玩具を愛でるだけだったのが、
ツムツムのおかげで、ウッドギャラリーアンで買い物が出来る。
誕生日とクリスマスだけの贅沢だけど。
愛知からとんぼ返りしたのは、ニゴーの百日祝のため。
クリスマスプレゼントも準備よね。
a0210108_2340263.jpg
主役ニゴーにはこれ「セレクタボール」
a0210108_23464100.jpg
ツムツムにはこれ「大工さん」
Dハンマートーイより多彩に遊べそう。
横からにゅ~と飛び出てくるのが
「ウンチみたい」と言ったら、オーナーに笑われちゃった。
a0210108_23575766.jpg

庭で自然発生したカボチャでママゴト始めたツムツム。
本当はキッチン材料を増やした方が良かったかな?
2018年12月15日
今日は、なかなか遺産第6号「のこぎり二」愛知県一宮市認証式に。
良い会でした。
「のこぎり二」の若い守り人:平松久典さんを、
地域の皆さんが応援している姿が印象的でした。
緩やかな新しい街づくりが始まっているのでしょう。
a0210108_223014100.jpg
a0210108_22304566.jpg
a0210108_2231534.jpg
こんなので
a0210108_22351487.jpg
今までの認証式最大の人出で
a0210108_2231298.jpg
こんな事して
a0210108_2237011.jpg
折り紙建築ワークショップして
a0210108_2250238.jpg
a0210108_2238458.jpg
手取り足取り教えて
a0210108_22393929.jpg
皆さん如何にか完成させて
a0210108_22401980.jpg
外ではこんなバーベキューパーティーで楽しそうだったのに
a0210108_22413463.jpg
展示作品と道具片付で参加出来ず(泣)。
飛行機代より高いタクシーで名古屋小牧空港に向かい帰ったのでした。
夕食は空港付属コンビニおにぎり一個のみ、出張は痩せるわ。
a0210108_2257257.jpg
「のこぎり二cafe」昼食の薬膳カレーは抜群に美味しく、元気溌剌で認証式&W/S臨めgood.
このcafe、若い人が次から次に入って来る、ちょう人気店みたい。
2018年12年14日
岐阜にこの人有りーAndrew Dewarさん
a0210108_12171072.jpg
Dewarさんの作品。
真ん中のクジラは海から口を開けて飛びあがるシーン。
有座折り紙建築「酉2017年」がDewarさん変身でこんな姿に!嬉しいね。
a0210108_12180763.jpg
a0210108_12185998.jpg
紙飛行機作家/Andrew Dewarさんとは、facebook繋がりの貴重なペーパークラフト仲間。
初対面なのに、昔からの友人のように話せるのが嬉しい。
紙飛行機は航空力学の上成り立っているのに、
Dewarさんによると「ヒューと線を引く」のだって!
重心も紙抵抗も、計算からで無く見えると言うのだから驚きです。
子どもの時からずっと創ってきた経験値の為せる業!
ワークショップノウハウも教えてもらっちゃった。
Dewarさん通いの店で食事をしていたら、期せずしてご家族も来店。
既にものづくり後継ぎのような可愛い末っ子ちゃんにも会えました。
お土産に貰ったのがこれ。
a0210108_985458.jpg
Dewarさんは、紙創作なら何でも出来る人、
なのに専門は図書館学だというマルチな人です。
2018年12月14日
岐阜2番目は、みんなの森 ぎふメディアコスモス
a0210108_19385434.jpg
外観は糸口掴めず、折り紙建築モデル化為らず。
伊東豊雄さんは幾つも図書館設計をしているが、ここはまた度肝を抜く内装。
a0210108_19455883.jpg
a0210108_19534509.jpg
a0210108_19480423.jpg
伊東豊雄さん講演会で聞いたときは意味不明だったグローブが、
見通しの利くワンフロアをゾーン分けしている。
(書架が低く放射状なので良く見渡せる)
明るいグローブ内と 光を落とした書架コーナーの対比が生きている。
幼児コーナー床が隆起してる、ハイハイ運動になるよ!
此処でAndrew Dewarさんと待ち合わせ。
a0210108_19491893.jpg
実は、Dewarさん図書館学専門家で、此処の子ども司書育成講座も受持ち。
専門家図書館講義を受けての見学になったが、話し声が響かない。
と言うか、見知らぬ人が話しかけてくる市民交流の場にもなっている図書館。
しかも、ツタヤ図書館と違って岐阜市官運営という頑張り様(開館20時まで)。
図書館司書直筆:岐阜美味しい店マップがグローブコーナーに貼ってあったりする!
個性的建築だけでなく、
運営も若い市長、民間公募:図書館長の力で生かされている模様。
Dewarさんもその一環を担っているんだろうな。
a0210108_19501595.jpg
質問用紙に丁寧に答えるのも図書館司書の仕事。
○○大学生協職員っぽい答えあるかな?

2018年12月14日
明日のなかなか遺産認証式現場一宮市は岐阜の隣です。
岐阜には何がある?
藤森照信さんの多治見市モザイクタイルミュージアム、
伊東豊雄さんの岐阜メディアコスモス、
折り紙飛行士作家Andrew Dewarさんがいる!
a0210108_23155531.jpg
ほぼ徹夜でつくった多治見市モザイクタイルミュージアムは、結構雰囲気を表現でき、実物建物もおとぎの国の様で楽しい。
a0210108_08120752.jpg
平日で一時間に一本バスしかないのに、結構人が入っている人気館。
建物内も遊び心一杯で楽しい‼
a0210108_08180688.jpg
a0210108_08184314.jpg
設計者:藤森照信さんて子どものころの遊び心をそのまま持ってる人なのね。