<   2018年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2018年11月13日
追い立てられている毎日の中、
仕事が空くとギャラリーwabiに行っています。
下駄ばきでフラット寄る気楽さもあるけれど、
オーナーの誘い言葉に吸い寄せられる、のが理由かしら。
好みではないけれど極限美の展示品を見るのって結構面白い。
オーナーとお話しするのも楽しい。
今日は「織田恵美 九谷赤絵細描展」最終日で客が入れ替わりで来られる。
オーナーに「六分割見当は入れないの、円の下書きしないの」と質問してる私に、
何やら器を買っていた若いピカピカの子が、「面白い視点ですね」と話しかけてくる。
「ギャラリー巡りをしています」
「美しいものを沢山見たら表現者側になりたくなりませんか」と問うと、
「私は、感性に引っかかる品々を集め、囲まれて生活したいんです」だって。
立派なことを堂々と言うのを聴いてると、何故か恥ずかしくなる。
若いって、知ってる限りのことを並べたて、自己主張し、肩肘張ってる時期。
きっと私もそうだっただろうと、周りの人に頭を下げて回りたい気分。
a0210108_2239511.jpg
a0210108_22391835.jpg
a0210108_22393855.jpg
ミクロ模様に、作家労力を思い、深々と頭を下げる。
a0210108_2240271.jpg
まるで違う展示方法で前回作品が生かされている、しつらえ鑑賞が堪らなく楽しい。
2018年11月11日
brotherが、出張先北海道から東京下車をすっ飛ばして、遊びに来る。
話は、仕事から太宰府九州国立博物館オークラコレクション、水戸岡 鋭治デザイン電車、福島原発バスツアー、子ども分解電気教室、子ども発電所教室、芝居、コマーシャルと転がり、
話と酒が進む進む。
嗜好が似てるなんて一緒に暮れしている時はちっとも思わなかったけれど、
家飲みのせいもあるのかな?
楽しいね。
a0210108_0261696.jpg

2018年11月10日
待ちに待った特別講座の4時間はあっという間に終わってしまいました。
a0210108_22172335.jpg

先ずは肩慣らし(カッター慣らし)と、新潟サッカースタジアムつくり
(これ12月にするつもりだったのにプンプン)
a0210108_22193151.jpg
なみきスクエア 会議室は2方向スケスケで、これが結構心地よいのです。
次は、XYZ座標から実際の線分長さを求めるexcel関数表「三次元の平方根の定理」
a0210108_2223292.jpg

折り紙建築180度切り起こしタイプ《傾斜・非対称》の話には、段ボール箱が登場
a0210108_22243419.jpg
「理論(頭で)の理解に行き詰まったら、手を動かして実体のあるもので試してみる。
曰く『手で考える』」
作ってみると
a0210108_22274245.jpg
a0210108_22281222.jpg
難しげなテキスト解説が身近に感じれます。
a0210108_22292877.jpg
休憩時間も傾斜の話は永遠と続きます。
(若い美女に惹きつけられただけ?)

後半は、折り紙建築180度切り起こしタイプ《紙を手なずける》
a0210108_22323771.jpg
大きな学びは、「直線をカッターで切るのに定規は不要」
a0210108_2234626.jpg
切線の始まりと終わりが定規に隠れることが無くなるし、
カッターの刃が右に傾く、左に傾くのを
直線を意識するだけで正しい刃の当て方に矯正され、綺麗な直線が引ける。
目から鱗。
白教会
a0210108_22383356.jpg
青教会
a0210108_22392027.jpg
が立ち上がりました。
煙突のあるパオも
a0210108_22525645.jpg
a0210108_22534713.jpg
木原先生は話始めると止まらないタイプのようで、
a0210108_225607.jpg
伏と服の違いも可笑しかったのですが、
作品が雄弁で、見て触れるだけで満腹
a0210108_2259302.jpg
a0210108_23007.jpg
a0210108_2305055.jpg
a0210108_231282.jpg
SINKING CUBE(沈みゆくキューブ) と
ROLLING CUBE(新雪の斜面を転がるキューブ)
a0210108_2331013.jpg
もちろん畳めます。
a0210108_23153189.jpg
a0210108_23155754.jpg
紙の噛み合わせで出来た折り紙建築「シェル構造」(ピエール・ルイージ・ネルヴィ的?)
a0210108_23194661.jpg
ゲートウェイ・アーチ/作:エーロ・サーリネンも切起こし180度タイプで立ち上がっています。
特別講座のみの参加者も大満足のようで、引き続き講座参加してくれそうです。

講座終了後は、交流親睦会。
a0210108_23291579.jpg
お疲れ様。
a0210108_2332717.jpg
会員マジシャンのカードに、
即、対抗マジックを披露される木原先生。(あ、写真が無い!)
楽しい講座+交流会でした。
講習会場予約してくれたSさん、
風邪でダウンしているのに、御菓子を届けてくれたUさん、
分担仕事をテキパキしてくれた会員の皆さん、
時間をやり繰りして駆けつけてくれた参加者、他、皆さんありがとう。
ギリギリ回復(?)まで薬処方してくれた医師にも感謝。
2018年11月09日
アートマネジメント講座実践施設での初打合せ。
初めて伺う施設が、建てたばかりの新品なのも驚きだが、
職員が若い!
後から現れた理事長は、もっと若い!
あれ?
「DI君ですか?」
「何処かでお会いしましたか」
「神興出身ですか?Sの母です」
なんて話から始まったから、愉快々々。
こちらの提案にも実情に合せた新たな提案が被さって、
話が発展的に膨らんでいく。
実施日もすぐ決定。
パーテーションで仕切られた会場を開けてみると、
向こうとこっちで舞台替えも出来そうで、
ワークショップ実施の姿が想像でき、
ワクワクしてくる。
話が早い、発展的、柔軟、若いって素晴らしい。
若い人が福祉の実践者なのは知ってはいたが、経営も若手の世界なのね。
終わって、
「有座さん具合悪そうなのにニコニコ楽しそうでしたね」
「そりゃ、小学生だったDI君が、最高責任者として素晴らしい仕事をしてるなんて嬉しいよね」
体調最悪で、お休みしようかとも迷ったけど、出席して良かったワ。
a0210108_21111210.jpg

2018年11月07日
芸術の秋っぽく、仕事前に芸術鑑賞time。
中村ケイが出展している「美―つなぐ 香椎宮」
a0210108_21193570.jpg
a0210108_143507.jpg
30年以上香椎宮に通っているのに勅使館の存在を全く知らず、恥ずかしい。
中村ケイさんがこんな作品をつくるのも初めて知る。
a0210108_21185134.jpg

心惹かれたは、
床田明夫「シオ~コトバ~シマ」の小枝が塩の上に描く模様。
抽象芸術って、その時の心情で見え方・感じ方が変わってきますね。
次は、ひよこギャラリー、
みのはら みすずさん、Kirie Mihokoさん、 植木ヒトミさん3人展「秋錆」
a0210108_21221877.jpg

新天町入口にこんなオシャレな建物があるなって知らなかった。
築6年になるというのに。
みのはらみすずさんと会ったのは、2015年09月06日
センス良い作品をつくる人との印象が残っていた。
作品を前に、お話を伺うと益々fanになる。
面白いのは、
みのはらみすずさんの墨象もKirie Mihokoさんの切り絵も三次元化していること。
元は平面構成だったはずだが、様々な可能性を探っていくと三次元に進化するのかも?
第2期「折り紙建築士養成講座 in 九州」に誘っちゃお!
2018年11月06日
今日、一つ決定連絡有り。
重なると、精神的にシンドイ。
一つづつ解決し、先に進む。
11月10日を終えたら、肩の荷が下りる。

怒涛の9月・10月を無事乗り越えたのに、
今頃、風邪を引いて機動力低下。
まあ仕方ないね。