人気ブログランキング |

<   2018年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2018年10月12日のこと
安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄とイサムノグチ:モエレ沼公園を巡って
さっぽろ創世スクエアの札幌文化芸術劇場へ。
写真をみると今どき珍しいクラシカルな仕上げになっているので覗いてみた。
一般市民開放発表会中。
演奏中も自由に動ける時は中央席・左右席・上階席・上階席左右と座って観て聴いてみる。
建築プロっぽい人も同じような行動パターンで見まわしていて可笑しい。
どの席も音の響きが良く、歪まず、舞台が良く見えて素晴らしい。
残響が長めだから肉声芝居はどうだろうか?
まあ、2000人ホールで打つ芝居はマイクを使うから心配不要だけれど。
a0210108_1945024.jpg
a0210108_1952626.jpg

私の仕事日近くがこけら落としだったら飛んできたのに残念。
10月11日短時間館内案内して頂いた写真も張り付けておこう。
a0210108_1981634.jpg
a0210108_1983983.jpg
谷口顕一郎:札幌のかたちを巡る2018
札幌を上空から眺め市街地と自然と水際の境目を分割、再構成した作品郡
a0210108_19151483.jpg
北海道で取れる石のレリーフ。採掘量が減ってここだけにしか使えなかった、とか。
a0210108_1917466.jpg
長谷川仁:HEART BOUNCE bench
オフィスエントランスにどとーんと鎮座しているアートベンチ。
実はここがワークショップ会場。
a0210108_19214364.jpg
劇場エントランスホール床。
木フローリング?と問うと、
イタリア産木目を焼き付けたタイルだって!
摩耗が無いから安い上がり、とか。
地下通路に繋がる広場に優美な乾漆アートが有ったけれど、
背景が真っ白で彫刻そのものが引き立たず可哀そうで写真を撮り損なった。
a0210108_19284393.jpg
a0210108_1929253.jpg
市民交流プラザと図書館は楽しそうだった。
自由時間が有ったらここでくつろいだのに(泣)。
2018年10月12日のこと
福岡から北海道に行くのに、全く無計画。
11日、13日、14日は仕事、12日off予定も、
仕事次第だから自由行動がとれるか現地判断。
福岡出発前、札幌近郊のガイドブックを買い、
飛行機の中で、アテを付ける。
11日仕事が終わり、
「明日午後から夜までホール見れますよ」で、午後の予定は決まり。
「何処に行くのですか?」の問いに
イサムノグチ:モエレ沼公園に行こうかな」ととっさに答えたら
安田侃のアルテピアッツァがいいですよ」
え?載ってないよ!
まだ完成していない「さっぽろ創世スクエア」はガイドブックに載っているのに。
ホテルに帰って検索すると1時間に1本しかない電車と市設バスの乗り継だって。
朝8時半発ライラック号と美唄市内住宅地をユルユルと回る市設バスで着いた先は、
私独り占めのユートピアだった。
a0210108_18115687.jpg
a0210108_18123276.jpg
a0210108_18135826.jpg
a0210108_18143686.jpg
a0210108_1815196.jpg
a0210108_18154954.jpg
a0210108_18162663.jpg
a0210108_18171095.jpg
a0210108_18175141.jpg
a0210108_18183890.jpg
熊が出る標識が出ていた。
これ以上近づけない。一人だと助けを呼べないもの。
a0210108_18213891.jpg
図鑑写真のような凛々しいリスが居て、これも彫刻?と眺めていたら動いた!
森の中に身を潜めたリス、見えてるよ!
a0210108_18233547.jpg
a0210108_1823599.jpg
アルテの森独り占めの楽しい思い出は、彫刻修復師に出会ったこと。
撫でまわし抱きつき鑑賞する安田侃作品を維持してくれる彼女らの仕事に感動!

次に向かったのはイサムノグチ:モエレ沼公園。
これは札幌から地下鉄+バス(また住宅地をユルユルと)
モエレ沼公園は貸自転車で回ってもデカい!
a0210108_18375787.jpg
a0210108_18343958.jpg
a0210108_18361520.jpg
a0210108_1837997.jpg
a0210108_18385030.jpg
デカすぎて掴みどころが無いのが、正直な感想。
やー、動き回った、歩いた。
2018年10月11日
いざ、「さっぽろ創世スクエア」作ろう!ワークショップスタッフ教育ワークです。
福岡-千歳が2時間、千歳から札幌40分程度、なんてことない時間距離。
前日大急ぎで、さっぽろ創世スクエア再開発組合のHPをチャックするが、
20年計画なんて規模が大きすぎて理解出来ない。
まあ私の仕事は、流れに任せ、楽しみを共有するワークショップをつくりだすこと。
現地スタッフとも同じようにするしかすべを知らない。
印刷会社からの折り紙建築、別発注背当て台紙、福岡から送った25kg道具類は
無事現地に届いていて下準備は整っている。
ジカンキュウと言う若手のみの学習会でのワークショップ。
a0210108_21504629.jpg
a0210108_2151415.jpg
a0210108_21513770.jpg
つくったのはこの4点。
a0210108_21522378.jpg
a0210108_2152592.jpg
一時間半弱で大方の人が自分でカッターで切って起こす作品まで仕上げました。
再開発組合メンバーは、創世スクエア地権者企業の出向社員組織だから、
全くサラリーマン然とした事務職員もいれば保険会社社員もいる。
URや建設業者や設計事務所所員も、名刺をワンサカ貰ってちんぷんかんぷん。
スタンダードなハサミ「階段」をつくる人がいないのが
個性的組合員の雰囲気を現わしていて面白い。
これから4日間よろしくね。
2018年10月10日
a0210108_21514248.jpg

10月4日に酩酊し転げ、二日後痛いと言い病院にいって、
今日やっと剥離骨折と病名が出た。
手術なしの様子見2か月ですって、当分ギブスと松葉杖。
酩酊度が激しすぎて、同情のしようが無い。
明日からの長期留守中、大丈夫かと一寸は心配するけれど。
反省しなさい。
2018年10月08日
オーナーの心打つ誘いに乗せられてギャラリーwabiの大野佳典 白磁展を覗く。
作品をwabiオーナーがどう見せているのか、それが見所。
凛とした姿勢は素晴らしい、計算し削り出す姿勢は見える、そこから生み出す美は?
発展途上の作家のようだから、これからの成長に期待大。
作者が作品にどのように向き合っているのか、そこも聴きたかった。
a0210108_2215046.jpg
a0210108_2222513.jpg

2018年10月05日
facebookを覗いているとKei Nakamuraが出てきて
FB友達になる。
彫刻家:中村ケイさんのカメを手に入れたのは半年前。
「ヨーロッパでは絵やお花の横に必ず彫刻が置かれている」とケイさんのお母さん。
時々撫でてパワーを貰う。
写真の折り紙建築は、創作は始めたばかりの何も知らない頃の作品。
なのに角錐折を使っているのに今さらビックリしてしまう。
a0210108_15144240.jpg
大理石彫刻:Kei Nakamura/折り紙建築:2011 Masayo ARIZA
2018年10月03日
a0210108_16553157.jpg
いよいよ「さっぽろ創世スクエア」グランドオープンです。
オープン記念イベント企画
「さっぽろ創世スクアを知ろう!見よう!作ろう!」の「作ろう!」担当で
折り紙建築ワークショップを行います。
a0210108_1652231.jpg
a0210108_16491817.jpg
レーザーカットされた折り紙建築「さっぽろ創世スクエア」を立ち上げたり、
カッターと目打ちで実際に創り上げたり、
a0210108_1651037.jpg
ハサミチョキチョキ飛び出すカード手法で「さっぽろ創世スクエア」をつくったり。
道具と用紙の荷物が25kg強。ふうふう云いながら送り出しました。
カッターもハサミも紙も重たいのです。
「さっぽろ創世スクエア」の折り紙建築化は、
デザイン期間が短く気忙しい設計でしたが、纏まったのではないかしら。
ワークショップがスムーズに行くように体力温存しておかないとね。
次回の記事は、楽しいワークショップの様子おば。
2018年10月02日
第6回目から参加した高校生授業「プレゼンテーション講座」が終了しました。
第10回目最終回は、生徒20人に大人10人という贅沢な講座。
後半5回連続で関わって生徒の成長を感じ、私自身も学びのある良い会でした。
第9回と第10回の大テーマは、皆の前で、8枚~12枚の紙を使った発表です。
前回も今回も、自発的に挙手し発言順が回って、
前回以上に今回はスムーズな流れたのが素晴らしい。
振り返り話し合い時間が充分取れ、彼ら自身が成長を実感している話が聴け良かったです。
多数の一年生の中に入って、ふてた態度を取る二年生も、しっかりと最後のプレゼンをして、
表面態度と違う真面目な自己発言をしている(しかもトップバッターで!)のは印象的でした。
若い子は、吸収が早い。
言葉数がどんどん増え、ゲームだったり、アニメ、ハガキ職人、環境問題、AI、ゲームセンター、部活、将来を相手に伝わるようにプレゼンできるようになりました。
茶化されそうな生真面目な話やマニアックな話も、
キチンと聞く態度を育てたのも、この講座の素晴らしいところ。
仕事を休んで参加している私ら大人も、
高校生たちと人と人として会話共有し共感する学びの場でした。
また会いたいね。
2018年10月02日
私のインスタグラムのフォロワーmaxim.russkikh.photo氏ページを覗いたら、鳥肌が立つ。
写真ってこんなにも迫ってくるものか。
人物写真はゾクゾクする。
人類愚行写真は静かだが厳しい。
意気地なしの私は、風景写真にしか♡を押せない。
氏の「♡いいね」に恥じぬよう、丁寧な写真を撮らないと、ネ。
https://www.instagram.com/p/BZlKN19ALJE/?utm_source=ig_web_button_share_sheet