人気ブログランキング |

<   2018年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

次回2018年9月15日「折り紙建築士養成講座 in 九州」技法3の
第12回「糸で手繰る」(糸・和紙の使い方)講座内容説明です。
180度切起こしタイプで立ち上がった立体物の水平屋根は、
紙抵抗が強く、そのままでは盛り上がります。
内部に糸を張り、180度開いた状態で収まるように調整すると、立ち上がりが安定します。
糸の使い方、留めるのに和紙を使う意味など、
木原流折り紙建築のテクニック的な部分を学習します。
彰国社「折り紙建築 世界の名建築をつくる」には、
「ロヨラ大学法学部学内礼拝堂」六本糸引き
「東京国際フォーラム ガラスホール」二本糸引き
「新潟市民芸術文化会館」二本糸引き(テクニック的)
「上海ワールドファイナンシャルセンター」二本糸引き
が載っています。合わせてつくると学習効果が上がります。
木綿糸細口#30が通る細い縫い針をご持参下さい。
使用テキスト「折り紙建築士養成講座」著:木原隆明/関連ページLesson34、Lesson27
2018年08月28日
今日8月28日は、今年2回目、企業インターンシップ研修一環の大学生・高校生対象 製図付き折り紙建築創作ワークショップでした。お昼を挟んで2時間+3時間半のゆとり有る授業時間。

ハサミ階段、ダイカット「煙突のある家」立ち上げ、、モデル「ビルディング」モデル「階段」起こし、三面図製図、斜投影図製図を経て、製図をしての自由制作のプログラム。(対象年齢が上がったのと時間余裕が有ったので、前回より製図密度を濃くしました)
集団学習の良さが活かされ、より良いものを創ろうと学生意識も上がり、見事全員完成です。二作提出学生も。
時間さえかければ、製図上整合性のとれたオリジナル作品を仕上げれる学生達に拍手。長時間お疲れ様でした。講師も充実した疲労感に浸っています。

製図付き折り紙建築ワークショップは、製図読解能力と、発想力を、楽しみながら身に付ける秀逸プログラムです。
a0210108_22532126.jpg
大学生6人高校生4人計10人作品(2作品提出者あり)
a0210108_22534639.jpg
a0210108_2254789.jpg
a0210108_22545968.jpg
製作中は黙々と、昼休み中は結構賑やか。
a0210108_22554234.jpg
ハサミ階段・ダイカット「煙突がある家」・製作「ビルティング」・製作「階段」
並べるとこれだけで満足できそう。まだまだこれからYO。
a0210108_22562260.jpg
モデルを見て三面図製図。
a0210108_22571271.jpg
モデルを観ながら斜投影図製図。
a0210108_2258024.jpg

製図で頭に血が上りすぎたから、クールダウンで折り紙建築版「シルピンスキーの三角形」をハサミで製作。
a0210108_22591543.jpg
a0210108_22593976.jpg
午後から製図をしての自由制作。
製図理解不足の生徒に「モデル作品を切り刻んでスケッチしたら」と向けると、張り切ってハサミで切り始める。
a0210108_232354.jpg
これは「ピアノ」です。
あれ、要塞に入る階段じゃなかった?
向きを変えピアノになったんです。

見る向きを変えると表情が一変しますからね!
a0210108_2323153.jpg
これは「神殿の入口です」
なるほど。
a0210108_2331942.jpg
不安定構造なのは判っていて、敢えてつくりました。タイトルは「挑戦」です。

哲学的発表でした。
a0210108_2344538.jpg
「対抗」です。偶然同じ考えの作品をYOさんが作っていて、中央に階段がプラスされたので、僕は、凹階段を入れました。僕の方が大きく迫力で勝ります。
a0210108_2353253.jpg
太鼓橋を創りたかったけれど円は難しかった。題を付けるなら「三角」です。

君は図面を理解し、図面内でエスキスしていたから、花丸です。
a0210108_2361913.jpg
二重階段を創りました。

教わり上手なのは、育ちが良いんだろうね。親に感謝してる?感謝しています。気立てのよい子に弱い講師。
a0210108_237845.jpg
精度の良さを見て下さい!

素直な美しい作品を、素早くつくりました。
a0210108_2375572.jpg
階段の中に階段を入れました。

迷いなく製図して、あっという間に仕上げ、仕上げた作品にさらに手を加え、代わりの学生にも火をつけてくれ、ありがとう。
a0210108_2383161.jpg
YOさん2作目。「手前に出るバルコニーを見て下さい!」

自分で工夫して発見しました。素晴らしい!
a0210108_239568.jpg
時間内に仕上げました。

そう、午後のミッションはそれ。合格です。
a0210108_23111284.jpg
城です。

あれ?エスキスと全然違ってる?
あれ、製図難し過ぎました。
これも良く出来てるから良いか!
a0210108_23123636.jpg
愉快な仲間たち。
2018年08月24日
「マンマ、イィー…アンパンマン」って寝言で泣くんです。
撫でても、手を握っても、匂いが違うのだろうな、
早朝6時からとうとうギャン泣き。
手を引いて、「マンマ、イィー」(お母さんの所に連れて行け)って言われても無理。
大好きなバナナとヨーグルトとおはぎ(残りもの)を食べさせたら、ご機嫌になって、
誕生日まで待てなくってママゴト遊び始まっちゃった。
a0210108_21294578.jpg
突然、約一か月も前にお兄ちゃんになったツムツムのフォローが、これから大変。
先ずはともあれ乾杯。
a0210108_2131132.jpg
今日は午前2時から起こされ、振り回されたから、
これにてgood night.
2018年08月20日
a0210108_6282126.jpg

18kgもするキッチンが来ちゃった。

ツムツムは、
台所が大好き。
料理のお手伝いが大好き。
お母さんがすることを真似するのは自然なことね。
ウッドギャラリー・アンに遊びに行くとままごとでずっと遊んでる。
「男の子も女の子もままごと遊びを一杯した方が良いのです」とアン店長。
子どもの城のおままごとコーナーは幼児が群がっているし、
2歳誕生日プレゼントはままごとセットにしようかな?
と思っていたら、
ツムツムママ「キッチンを買ってくれ」だって。
何万もするよ
「一万切る、これ!」
アーァ、値段には勝てない。
魅力的小物がいっぱい並んでいて、結局散財しちゃった。
ババ友に話すと
「イケアキッチンセットはママ仲間では有名な品よ」だって。
さもありなん、レジ横一番目立つところに山積みされていた。
ずーっと我が家に鎮座するんだろうな。
2018年08月18日
今日8月18日は、第十一回Ⅳ特殊技法-2「折り紙建築士養成講座 in 九州」でした。
お題は「一点透視図―室内パース」
使用テキスト「折り紙建築士養成講座」著:木原隆明
関連ページLesson17「室内パースをつくろう」です。
今日は大学校学生・教師が加わり、チョッピリ緊張する講座でした。

室内表現には一点透視図が良く使われます。
茶谷正洋氏折り紙建築には
「カテドラル1・2」(折り紙建築春夏秋冬)
「モスク」(折り紙建築型紙集)
「スカラレジア」(折り紙建築型紙集)
「パリ」(スーパー折り紙)
「アルハンブラ宮殿」(ペーパーマジックの世界・立体折り紙アート)
など、一点透視図を魅力的に使った作品があります。
a0210108_23375441.jpg


a0210108_2337329.jpg
今回は、学生参加も有り、図面と立体の相関関係を再学習するために、Lesson17「室内パース」と「カテドラル2」(「折り紙建築虎の巻」作図手法解説に則り)を、基本の三面図作図と型図起こし製図を行い、折り紙建築をつくりました。製図授業的になりましたが、あくまで本講座はつくりながら折り紙建築基本を学び、創作基礎を身に付ける講座、会員同士、先導者が迷人を導き楽しい製図になりました。
a0210108_23391677.jpg
先ず、Lesson17「室内パース」を、基本の三面図作図と型図起こし製図を行い、折り紙建築をつくりました。
a0210108_23394785.jpg
「カテドラル2」作:茶谷正洋(「折り紙建築虎の巻」作図手法解説に則り)も、三面図作図と型図起こし製図を行い、折り紙建築をつくりました。
情報交換では、Anさん新作:関門海峡とトトロ、Uさん取得本Paper Dandy’s HORRORGAMI作品紹介、アルハンブラ宮殿旅行写真紹介など、盛り上がりました。
a0210108_2341852.jpg
毎回予習課題で創作作品を披露するAnさんの今回新作は、関門海峡とトトロ
「室内パース」雰囲気を楽しく活かしています。
a0210108_2341549.jpg
情報交換会、講師はこれが楽しみ。
a0210108_23424137.jpg
Uさん取得本Paper Dandy’s HORRORGAMI作品紹介。
(Paper Dandy氏の新作「STAR WARS」 が欲しくなった私)

今日は7月台風欠席補講のダブル講座(傾斜屋根手法はテキスト自学では難しい面があるので)
a0210108_2344813.jpg
a0210108_234576.jpg
「差し:手前傾斜屋根の建物をつくる」は創作課題付き。
茶谷正洋作品、木原隆明作品、有座まさよ作品を眺め、構想を練る。
a0210108_23453478.jpg

「仁和寺」作:茶谷正洋を真似たいんだって。正面だけスケッチだけでは立ち上がらない。「傾斜屋根は側面図が重要、側面図を併記してるのはここでエスキスして欲しいから」と伝え、9月完成作品提出を約束し終了。
2コマ連続はサスガに疲れる。

おかげ様で11回を超えました。
11月には、木原隆明先生特別講座も決まりました。
皆様の応援感謝いたします。
次回はウルトラテクニック180度タイプの糸引きを学習します。
一緒に学ぶ仲間を随時募集しています。
2018年08月11日・12日のこと
記念品「九州大学工学部建築学教室」作成ワークショップの記録。
参加資格に、カッターが使える人と書いたのに、
幼児参加申込みが多くって「ハサミチョキチョキ飛び出すカード」WS併設になりました。
展示設営トラブルで疲労困憊していましたが、
写真を見ると参加者も私もニコニコしているので、楽しい会になったのでしょう。
11日午前の部。
a0210108_11582372.jpg
a0210108_1222183.jpg
a0210108_1231656.jpg
大人も子どもも真剣。
a0210108_1245614.jpg
ハサミ階段と折り紙建築「建築学教室」は考え方は全く同じ。平面図と立面図を組み合わせると、開いた型図が出来上がり、立体化できる説明をする。
a0210108_12115278.jpg
大人グループはレーザーカット「建築学教室」を立ち上げた後、
拡大版の型紙をカットして立ち上げる。
昔取った杵柄は、老眼では発揮されず残念無念。

a0210108_1285836.jpg
子どもグループはハサミ階段からスリット発展創作へと進む。
a0210108_12281387.jpg
a0210108_12284474.jpg
子どもグループの自由なハサミワークに、大人グループは羨望の眼差し。
a0210108_121652100.jpg
楽しめたかな?

11日午後の部大人グループ。「自作『建築学教室』は、窓無しで楽をしても良いですよ」と誘導したのに、皆さん細かい細工に挑戦されました。
a0210108_12204781.jpg
a0210108_12212812.jpg

11日午後の部子どもグループ。
a0210108_12185613.jpg
カメラマンが入るとチョット緊張しちゃう。
a0210108_12234067.jpg
自由制作、何つくろうかな?
a0210108_1226311.jpg
細かい所は竹ひごで、この子は幼稚園児。
a0210108_1230314.jpg
a0210108_12304521.jpg
頑張った作品は自信を持って発表できるね。
12日午前の部大人グループ。
a0210108_12364687.jpg
a0210108_12375298.jpg
「建築ってどんな仕事?」先輩の忌憚のない返答に、後に続く後輩は力づけられたかな?
a0210108_12391587.jpg
全員三点セット完成!
子どもグループ。
a0210108_12412386.jpg
a0210108_12403038.jpg
「こんなのも出来た!」「こんなに沢山できた!」って嬉しい笑顔。

さて、「何でこんなことやってるの」「趣味だよね」と先輩から厳しい質問。
趣味だから、しんどくっても続けられます。
趣味ですが、使命感に燃えてやっています。
説明になってる?
2018年08月11日・12日のこと
箱崎キャンバスお別れイベント内「折り紙建築展示会」無事終了。
振り返りつつ写真をUPします。
8月4日に基本設営を終えたので、修正と作品展示だけのつもりが、
8月10日「パネル全部剥げ落ちてる」mailで真っ青になりました。
基本設営だけで6人2時間半かかったのに、どうしよう?!
事前準備を全部して、いざ当日。
ありがたや、学生と社会人は動きが全く異なった。
同じ6人で朝8時からの作業で開催宣言10時には体裁が整った。
a0210108_11344471.jpg
a0210108_1135163.jpg
北面8.7メートル展示
「ご挨拶―折り紙建築ワークショップ」
「九州の折り紙建築」
「建築学教室」カードのエスキス変遷
「折り紙建築士養成講座 in 九州」
a0210108_1136224.jpg
a0210108_11364816.jpg
北面8.7メートル展示
「ご挨拶―折り紙建築ワークショップ」
「九州の折り紙建築」
「建築学教室」カードのエスキス変遷
「折り紙建築士養成講座 in 九州」
a0210108_11375480.jpg
受付横ショーケース
「カテドラル2」折り紙建築設計:茶谷正洋
「シドニーオペラハウス」折り紙建築設計:木原隆明
「バラ」「この木なんの木」「飛翔」「2020東京オリンピック」折り紙建築設計:有座まさよ
a0210108_11384077.jpg
開催挨拶の時、既にクタクタになってる。
a0210108_11442559.jpg
振り返ってみると、
記念品ワーキンググループ(WG)に私が参加したのは12月。
完成形までエスキスモデル数十個、仕事終了後の夜会議。
初めは現地調査・写真から良い加減モデル。
WGには史実尊重(デフォルメ厳禁)の人も。
本体だけでなく印字、背当て台紙デザイン&カラーも
事細かく議論の対象になり厳選し完成形が生まれた。
この過程をパネル展示すればよかったと、深く反省。
a0210108_1148374.jpg
a0210108_11483553.jpg
a0210108_1149414.jpg
存在感溢れるコンクリート打放しの柱と梁。
グッドばい。

8月4日前設営でガムテープで付けたパネル・プラダンは8月10日にすべて剥げ落ちていた。
当日朝再設営では、マグネットと強力両面テープを使ったが、テープは、やはり剥げる。
スチールパネルには、マグネットが確実と学ぶ。
2018年08月05日
エジプトピラミット研究の最前線の興味深い講演だった。

現代はピラミット研究の転換期だそうで、
仮説中心からデーターに元ずく調査移ってるそうだ。
素粒子による透視(NHKスペシャル「大ピラミット 発見!謎の巨大空間」)、
ドローン撮影から3D計測など。
考古学者:河江さんチームは、
数学者・コンピュターサイエンティスト・エンジニアほか異業種でチームを組んでいるからこそ可能なのだそう。
今まで巨大すぎて実測されてこなかったというのが不思議。
ピラミット・タウンの話も興味深い。
ピラミット建設のために斜路、港、石切り場、住居、港が近くに必要で、
マック・レーナー教授とギザ王ピラミット近くに住居を発掘しているって。
生き生きとしたエジプト人の生活が見えてきたという。
人間中心視点の発掘調査だって。
そんな当たり前のことが、抜け落ちていたのも、
人知を超えた巨大遺跡のせいなのかしら?
それこそ不思議。
遺跡を楽しむコツは、
観光客を古代のピラミット職人に見立てる。
穴や傷をみてこれは何か想像する。
それだけで古代にタイムスリップ出来そうね。
詳しくは、ナショナル ジオグラフィック記事で。

エジプトは小学生時代から興味の対象だった。
今、ネットを検索すると、河江氏の記事もNHKスペシャルも出てくる。
事前下読みしていれば、深い質問が出来ただろうし、
折り紙建築「ピラミット」進呈も出来たろう。
河江さんは、マッチョで、深い良い声の持ち主で、
雑誌記事と違ってプラス思考のお話で終始した。
すっかりファンになる。
もうちょっとで、すっぽかしそうになり慌てて出かける始末。
まったく、この頃すっぽかしが増え、何をしてるワタシ。
2018年08月04日
さあ、8月11日・12日は箱崎キャンバスお別れイベントです。
中央 折り紙建築ブースは、8.7mパネル×2面に70点強の折り紙建築展示をします。
是非見に来てください。
(旧製図室1のエアコンは最強で寒いくらいです)
折り紙建築「九州大学工学部建築学教室」作成ワークショップも両日行います。
申し込みくださいね。
イベント詳細: http://bit.ly/2JBmXta
ワークショップ申込み: https://goo.gl/forms/PBXX4DKZdsQy5wYz2

今朝までの旧製図室1は、こんな状態。
a0210108_2205196.jpg
物置状態から展示会場に変身しました。
a0210108_2212399.jpg
「九州の折り紙建築」
「干支折り紙建築」
「折り紙建築士養成講座 in 九州」
のコーナー
実物作品は当日設置します。
a0210108_22484770.jpg

「折り紙建築12ヵ月」
「なかなか遺産とそろそろ遺産」
「中学・大学空間認識実践教育」
のコーナー
実物作品は当日設置します。
当日は
基本展示手直し・折り紙建築設営・販売用折り紙建築袋詰め・ワークショップ備品設営
ショーケース展示も頼まれたのでした。
まだまだ準備作業が残ってる(泣)。
展示準備と設営だけでヘロヘロになったのは、猛暑のせいにしておこう。
2018年08月03日
福岡県庁「ハサミチョキチョキ飛び出すカード」ワークショップは、
7家族15人の笑顔あふれる会となりました。
a0210108_21321383.jpg
始まる前から持てきた本や折り紙建築を熱心に見てくれる家族。
a0210108_21334562.jpg
さっと集中して制作に励む親子。
a0210108_21352120.jpg
小さな手で丁寧に切って折って、つくります。
a0210108_21363688.jpg
a0210108_21371224.jpg
特に、ハサミ「顔」は同じ手順なのに全く違う顔になるのが楽しい。
でも不思議なことに家族同士は似通ってくる。
a0210108_2139325.jpg
階段、顔、スリットと進みコツが判ったら、自由制作。
型紙・鉛筆・定規は一切使いません。
a0210108_21395418.jpg
この子は、細かく細かく…
a0210108_21415120.jpg
思い描いた姿が実物の形になると嬉しいね。
a0210108_21424674.jpg
縦に長く折ったこの作品はどうなるのかな?
a0210108_21434348.jpg
お気に入りを選び並べて、
a0210108_21445849.jpg
a0210108_21452143.jpg
発表しました。
a0210108_21455032.jpg
幾何学的リズム表現をした親子作品(前列2つ―9才男子、次列2つ―その母親)
親子作品は似てきます。
仲が良いなと微笑ましくなります。