カテゴリ:くらし・所感( 611 )

2019年02月12日
母校卒業設計発表会へ。
卒業するFさんから招待を受け、かなり期待して。
発表では判らなかったが、圧倒的力量で最優秀賞になるだろうプレゼンボードと模型で見せつけた竹建築辞書の原君
a0210108_2113261.jpg
村祭り再生に誠実に取り組んだ長尾君(神宿るデザインがイマイチ)
a0210108_211466.jpg
ホームレス生態調査から都市憩い空間設計した池田君(ボードもコンセプトも良いのにプレゼン下手)
a0210108_21144436.jpg
の輝く作品はあったけれど、
90%修士進学するせいなのか、卒業設計に熱意が感じられない。
いい加減提出でも単位を上げる大学姿勢も問題だけれど。
初めて入った建築新校舎はピカピカで素っ気ないけれど、写真で見ていたよりはずっと良い。
a0210108_21153126.jpg
a0210108_2116862.jpg
10年後外部緑地が充実して建物と一体化した頃再訪したい。
肝心のFさんは...
a0210108_21163534.jpg

2019年02月01日
ヒトの成長はユックリ、ユックリ。
やっと四足歩行準備に入ったニゴー。
突っ張ってお尻ふりふりしてる姿はハイハイ前触れの1か月の楽しみ。
ツムツムが少し訊き分けられるようになったけれど、ニゴーが荒らし回るのはもうすぐ。
a0210108_18251082.jpg

2019年01月26日
昔ながらのビールの味でウッマーイ。
ジジババの胸はキュンキュンです。
暑い時貰ったのに、大寒波で白くなった今日開けなくっていいのにね。
まあ、飲みたい時ってあるもので…
写真張り付け贈答品が増えるはずね。


2019年01月18日
雑多な趣味の世界を泳いでいるけれど、
すべて木繋がり。
折り紙建築の素材は木のパルプからつくられた紙だし、
折り紙も紙、
カプラも木、
昔ばなしは口承文化だけれど、現代は本を媒介としているし、
芝居入場料は木戸銭と言うし、
旅は木賃宿だし、
中心をなすのは、想像を創造する世界。
仕事として選んだ建築がそれ。
系統樹のように、一見かけ離れた分野も根っこでは繋がっている。
2019年01月04日
これでお正月御仕舞い。
重箱も出して無いのにね。
お正月って贅沢。
いくら下準備をしても、博多雑煮は限りなく手間がかかる。
正月台所に立たなくって済むなんて幻想。

お正月って重労働。
a0210108_21412051.jpg
a0210108_21453354.jpg
元旦の三社参りも超ハード。
今年の元旦お参り行列は例年より短かったけれど。
あっ、鏡餅割りが残っていた‼
2018年12月16日
いままで木の玩具を愛でるだけだったのが、
ツムツムのおかげで、ウッドギャラリーアンで買い物が出来る。
誕生日とクリスマスだけの贅沢だけど。
愛知からとんぼ返りしたのは、ニゴーの百日祝のため。
クリスマスプレゼントも準備よね。
a0210108_2340263.jpg
主役ニゴーにはこれ「セレクタボール」
a0210108_23464100.jpg
ツムツムにはこれ「大工さん」
Dハンマートーイより多彩に遊べそう。
横からにゅ~と飛び出てくるのが
「ウンチみたい」と言ったら、オーナーに笑われちゃった。
a0210108_23575766.jpg

庭で自然発生したカボチャでママゴト始めたツムツム。
本当はキッチン材料を増やした方が良かったかな?
2018年12月12日
こんな開放型排気の灯油ストーブが来た。
空気清浄器を隣で強稼働したって臭い。
今まで綺麗な空気にこだわって来たのに。
平成元年に建てた我が家は開放形。
夏は自然風を入れるワンルーム、冬は襖仕切りの床暖房の家だ。
2代目床暖房ボイラーが臨終し、
メーカーは現状以下能力のヒートポンプ電気ボイラー対応しかないという。
他社メーカーでは制御盤交換で高額見積、年内工事は無理の返事。
で、
やってきた寒波を暖房無しで2日過ごし、悲鳴を上げてのストーブ購入。
あーぁ。
技術進化の方が早すぎて、同じ生活が送れなくなる寂しさよ。
a0210108_11322911.jpg

2018年12月05日
クリスマス飾りを出すのは久しぶり。
子どもが居なくちゃ楽しめないよね。
あらあらお尻が丸見えよ。
「さんたさんおねがいしゃべるかー」だって!
a0210108_213187.jpg

ニゴーはどんどん逞しくなってるよ。
まだ首も充分座っていないのにね。
a0210108_2131436.jpg

2018年11月16日
ナビスコラ「あなたにぴったりの学問」サイトを知人が、
5回やって5回とも「総合理工」になるから、ワザとそこに導く策戦ではないか?
と投稿していたから、試しにやってみた。
私も絶対総合理工になると思っていたら、意外なことに1回目は農学。
知人は譲れない項目以外は色々変えて試してみたと言う。
私の譲れない項目は20問中10個、後はyesともnoとも判断できない。
2.工学、3.人文学、4.人文学、5.工学
あら、私って人文学の素養もあるの?
少なくとも知人と譲れない項目は全然違うみたい。
調子に乗って6回目からは紙に書いて、
どっちでも良い質問の組み合わせを全部変えてみる。
1.農学、2.工学、3.人文学、4.人文学、5.工学、6.人文学、7.農学、8.人文学、9.工学、10.工学。
進路を考える診断が、大人には人生経験診断に変わるのか?
確かにそんな生き方してきたかも。
理学って真理追及だけれど、工学って曖昧も調整する実学だものね。
建築って人文学的要素満載だし、何しろ私「昔ばなし大学」の熱心な学生だし。
農学が出たのは地球に優しい生き方してるから?
な~んてね。
2018年11月11日
brotherが、出張先北海道から東京下車をすっ飛ばして、遊びに来る。
話は、仕事から太宰府九州国立博物館オークラコレクション、水戸岡 鋭治デザイン電車、福島原発バスツアー、子ども分解電気教室、子ども発電所教室、芝居、コマーシャルと転がり、
話と酒が進む進む。
嗜好が似てるなんて一緒に暮れしている時はちっとも思わなかったけれど、
家飲みのせいもあるのかな?
楽しいね。
a0210108_0261696.jpg