人気ブログランキング |

カテゴリ:遊び・カプラ( 109 )

2019年03月03日
当日、有座側スタッフ6人、現地ボランティア6人程度、準備製作楽勝と高をくくったら、
バランス命のナイアガラの滝が2度も崩れる。
新人集団で大物に取り組む大変さを突き付けられる。
カマクラスルーもOPEN時までに完成ならず。
a0210108_22471054.jpg

気持ちの半掛けで望まないと空回りするのを実感。
子ども達はいつだって挑戦者で、こんなのが出来ていたよ。
a0210108_22473616.jpg
a0210108_2248382.jpg
a0210108_22484779.jpg

残り1時間は中座したので判らず。楽しかったはず。
2019年02月27日
3月3日は「1万個カプラで遊ぼう」
この頃カプラワークショップをしていない。
ツムツムとのお遊びだけだと腕が落ちてしまう。
カマクラスルーとナイアガラの滝でお出迎えして、
あとは、参加子どもたちの顔ぶれに合わせて発展させましょうね。
カマクラスルーを作れるかのエクササイズ。
崩れず無事完成。
これは約1000ピース、本番では垂直部を立ち上げて2500ピース位かな?
本番も無事立ち上がるはず。
a0210108_19442361.jpg
a0210108_19451670.jpg
a0210108_19454677.jpg
a0210108_1946144.jpg
a0210108_19464899.jpg
追記
カプラ最大の楽しみは破壊行為。
翌日、ツムツムに任せた。
a0210108_1938816.jpg
a0210108_19383312.jpg
a0210108_19385880.jpg

2018年07月25日
一年ぶりの学童保育所でのカプラ。
学童自前2600個カプラ、41人の子ども達、スタッフ二人だけで、どうやって遊ぶか、
前回を反省しつつ、結構悩んで向かえた当日。
チビッ子パワーに押されながら、なかなか楽しく遊べた報告レポート。
「一ケースには、200個入っています」
「10ケースだと何個かな?」
「40人だと一人何個づつになるかな?」
「どうやったら楽しく遊べるかな?」
問い掛けながら始めると、
「グループになれば良い」って子どもらが答えてくれ、
4人グループをつくって始めました。
とてもスムーズ。
「高く積むにはどうしたらいいかな?」
『おきる』積み方、『たつ』積み方を練習して、
「4人で協力して高いタワーを作ってみよう!」
a0210108_1782275.jpg
10分もしたら200個全部積み上がり。
8人グループになって、
「今度は何をつくるか話し合ってつくろう!」
グループで全部違って面白い作品が生まれました。
1グループ―家
a0210108_17113712.jpg

2グループ―うずまき(スパイラル)
a0210108_17131091.jpg
つくりたい物にどうやったら近づくか、焦りながら、段々とコツが判り、協力しながら組み上げる姿は美しい。
3グループ―丸丸丸丸丸タワー(ボール)
a0210108_17144463.jpg
ボールなんて作りたくない、とゴネていた子が、カッコイイじゃん、と乗り気になって来て、お互いにピースを譲り合ってボールをつくり、合体させるたびに歓声が上がり、尖塔を上に付け始める子に注目が集まり、皆が満足感一杯の顔になって、幸せ。
4グループ―機関車
a0210108_17221082.jpg
小5女の子3人人がいる年上のグループ。何回も崩落しながら、持ってるピース全部を使って2台も完成させました。見事!
5グループ―ヤフオクドーム
a0210108_17252218.jpg
a0210108_17254595.jpg
個々がつくった螺旋の上にドームを乗せるという独創的傑作を作り上げたのは、素晴らしき小5男子リーダーが居て、グループ員の協力あってこそ!
6グループ―滑り台
a0210108_17294990.jpg
個々が個々でつくり、共同作品とはならなかったけれど、この滑り台は傑作かも?

「4人で200個だと10分で品切れ、8人でカタチをつくると、あれこれ工夫が出来る。
では、全部を使って、皆でナイアガラの滝を作ってみよう!」
残念ながら、1m高さ前に自然放流してしまったけれど、それはそれ。
最後は、低学年には退室願って、
5年生と4年生のお友達で、かまくらづくり。
2600個だから小さく、高くつくりました。
a0210108_1737349.jpg
低学年も呼んで、順番に中に入って、最後は爆発でお終い。
a0210108_17391861.jpg
a0210108_17394711.jpg
積むときは、あんなに子ども子どもしていた4・5年生が、小さい子の前では面倒見の良い、立派なお兄ちゃんお姉さんに変身してるのにビックリ!
片付はあっという間。
a0210108_1743750.jpg
「案ずるより産むが易し」と言うけれど、
カプラピースが少なければ知恵を出し、状況に合わせた遊び方を考えれば
如何に楽しく遊べますね。
酷暑を忘れる楽しい会になりました。
いつも一緒に遊んでくれる"にゃんにゃんおじさん"本当にありがとうございます。
2018年06月26日
カプラ師匠より「イゲタに組む」と助言があり、展望が開けた感。
広げて積むのは慎重さが不可欠なのだけれど、
サッカーTV観戦ながら制作だとは不安定になっちゃう。
明日には豪快に崩される運命。
a0210108_23173396.jpg

2018年06月21日
崩さず積むようになった、素晴らしい成長!
a0210108_22301283.jpg
a0210108_22414938.jpg
a0210108_2231531.jpg

2018年06月10日
TVを観てると10分で寝落ちてしまうので、カプラながら。
写真で見たスクエアに挑戦。
一辺横3枚まで伸ばした所で、先に進まない。
これ以上どうやるの?
全然思いつかない(泣)。
円だと簡単に増やせるのに四角形は別物だ!
写真を見つけて真似るしかないね。
a0210108_23372555.jpg
さて翌日ツムツムにあえなく崩されるの巻。
a0210108_23413351.jpg

2017年12月23日
カプラでクリスマス。
ツリーとトナカイの次はお星さま。
a0210108_12385128.jpg
a0210108_12393365.jpg
すぐ壊されちゃったけれどね。
2017年12月17日
今日午前は那珂川町ふれあいこども館で「一万個カプラ®で遊ぼう!」でした。
今回スタッフは、レゴ先生・マジシャン・折り紙創作者・新人建築士・新人電気技師と私。
「こんなのつくりたい」と言ったらカタチになる頼りになる仲間たちです。
小さいお友達が多く
皆でナイアガラの滝は何遍積んでも失敗したけれど、
なかなかバラエティーに富んだ作品群が立ち上がりました。
「クリスマスツリーを一杯生やそうね」って始めに伝えたのだけれど、
一方向に向くのが元来嫌いなリーダーの心情を見透かされたようです。
a0210108_21162471.jpg
a0210108_21165242.jpg
同じ高さのはずなのに、左右の高さがずれてアーチになりそこねた門。
良く働くカプラたちはすり減り方が異なるからね、致し方なし。
a0210108_21181717.jpg
折り紙作家のバベルの塔が出来るはずだったのだけれど、やはり藻屑となりました。
a0210108_2119339.jpg
a0210108_211919100.jpg
トナカイもカマクラもだ来たのだから申し分なし。
a0210108_2120912.jpg
中には達人親子(小3?)も居て唸る様な組立をしていました。
一万個あると思いっ切りつくれるんだよね。また来年、遊ぼうね。
2017年12月11日
12月17日那珂川町ふれあいこども館「一万個カプラ®で遊ぼう!」は、
これで決まり!
カプラ師匠の真似だけどね。
a0210108_846739.jpg
統一テーマでしたことないけれど、子ども達付いてきてくれるかな?
2017年12月02日
今日は引き続き、地域小学校のふれあいフェスタで「カプラ®で遊ぼう!」です。
下準備は拭き掃除から。
楽しく遊べるように作品もつくっておきます。
「カプラ入場門」「メインタワー」「ナイアガラの滝」「イモムシ君」「雪だるま」が出来ました。
a0210108_11583228.jpg
a0210108_1159066.jpg
始まれば子どもらが自由に遊びます。
6年生坊主たちがカマクラに装飾をはじめて、こんな具合に。
a0210108_1244698.jpg
a0210108_125561.jpg
初めと終わりでつくったナイアガラの滝も無事流れて
a0210108_1262728.jpg
今年も楽しいカプラ®で遊ぼうでした。
来年も出来るかな?