人気ブログランキング |

2019年 09月 19日 ( 1 )

2019年09月19日
今日9月19日は、H中学校総合学習授業3回目「畳める椅子を創作しよう」でした。
110分授業で18人生徒全員が、全て異なる折り紙建築「畳める椅子」を完成させました。
a0210108_21181996.jpg

生徒に「何で図面を描くのですか」と質問され
「図面は立体物表現に必須」と意義を解説しましたが、
図面で挫折する半数以上の生徒を前に、
たった2コマ授業に創作と製図、2つの作業を盛り込む無理さを痛感。
苦手意識を抱かせると創作意欲が萎えてしまう。
社会人総合学習授業は、新しい発見の喜びの連続で良いはず。
過去の成功体験を捨て、
状況把握を瞬時に行い、生徒に合う軌道修正が必要ですね。
カッターも初めての生徒達ですし。
今日は福岡教育大生スタッフはお休み。
久しぶりの一人講師はくたびれました。
スタッフ大募集中。
a0210108_21191277.jpg
集中すると教室は静か。良い生徒達です。
a0210108_21205956.jpg
基本モデルを立ち上げ、モデルを観察しながら、三面図製図。
単純作業と知ってる者は思うけれど、
知らないと見える視点が異なるようです。
a0210108_21225839.jpg
平面図を写真の様に図示した生徒が3人/18人以上いた。
そう見える?何で?
a0210108_21234319.jpg
a0210108_2124579.jpg
上段右から2番目
畳めるように折れ線を変更したのは生徒自身。
応用力抜群!(カットする前に講師が注意して修正してあげればよかった反省)
a0210108_21261663.jpg
生徒達の一番人気は中央「植物の椅子」
講師は、この3脚に座ってみたい。

H中学校授業は1.5か月から2か月間隔で行われるので前回授業を忘れてしまう。
今日の反省
カッター・カルコの使い方から実践を交え丁寧に教えること。
苦手意識を持たせないように、課題を最小限に絞ること。