人気ブログランキング |

2018年 11月 29日 ( 1 )

2018年11月29日
H中学校総合学習授業5回目最終回:「折り畳めるサイコロを創ろう」でした。
一年生16人110分授業です。
今回の生徒目標は、
①立方体展開図を描く
②立方体展開図から畳め立ち上がるカードをつくる
講師目標は「時間管理」「聴く姿勢をつくる」

手順は、
モデル「クフ王のピラミット」をつくる⇒立方体展開図を描く⇒半分に折れる斜辺を見つける⇒糊代をつけ折り紙建築型図をつくる⇒折り紙建築制作
a0210108_002574.jpg
全体解説は形式のみ、なるべく個別指導を心掛ける。
手順通りに進めれば完成出来る思惑は外れ、12人/16人完成、提出せず持ち帰った生徒1人、未完成者2人、キュ-ブになった生徒1人。
a0210108_01614.jpg
「立方体展開図なんて判らん」「小学校で描いてない」って駄々を捏ねる中学生に「(描いてる)お隣を真似たら良いよ」「折線は黒板拡大図を見てね」となだめ誘導し、講師はエネルギー放出し尽くしヘロヘロです。
スタッフ大学生2人に「モデルを熱心に見ていたから充分関心はあります」「難しいことに挑戦するのも学習だから良い体験です」「自ら気が付かないと学ばないから、今はその時期で無いのかも」と慰めら助けられました。ありがたや。
a0210108_021425.jpg
中学生授業1時間前は、スタッフ大学生実習時間。
a0210108_03377.jpg
10分休み時間にサンプルモデルで盛り上がる。折り紙建築90度タイプよりも折り紙建築180度タイプの方が驚きがあるようです。
a0210108_04679.jpg
自ら描いた立方体展開図を基に畳める折れ線を見つけ糊代を何処に付けるか考えたら、折り紙建築型図をつくる。
a0210108_045023.jpg

のりしろがちょっと違うぞ!
a0210108_053196.jpg
糊代が一寸違うぞ。その2
a0210108_061938.jpg
生徒自ら描いた立方体展開図を基に、切り起こし180度タイプ折り紙建築をつくった完成形。
a0210108_065794.jpg
オーソドックスな展開図(人型)から起こした6体。
a0210108_07197.jpg
オーソドックスな展開図(T型)から起こした3体、
縦4列+2個がそれぞれ違う展開図が2体、
複雑なジグザグ型が1体。
紺台紙はスタッフ大学生作2体。

この疲労感は何なのか?
昨年までスタッフ無しで ほぼ完成させていたのに、何が違うのか?
お喋りで騒がしい年は今までにもあったが、手は動かしていた。
この子らのように全く放棄してしまう子がこれからも増えていくのか?
こちらの思いと生徒の要求が乖離しているのか?
今日は落ち込みます。