人気ブログランキング |

2018年 10月 29日 ( 1 )

2018年10月29日
届きました。
昨年12月から関わったプロジェクトがこれで終了、ホッ、長かった。
松遙会同総会会報が届くまでは安心できなかったのです。
会報にこんなコメントが。
8月11、12日に開催されました箱崎キャンパスお別れイベントを記念して、同窓生の有座まさよ氏より、九州大学建築学科教室を折り紙建築にて再現していただきました。折り紙建築とは、一枚の紙に切り線と折れ線を入れ、任意の角度に折り曲げることで建築物のデザインを表現するペーパークラフトの一種で、1981年に茶谷正洋氏により考案されたものです。建物の記憶と共に、末永く皆様のお手元に留め置きいただけると幸いです。
短い文に全て書いて頂いてるのですが、
ここに「建物設計:光吉健次 第3期工事昭和45年当時」も付け加えておきます。
折り紙建築の塵除けには、無印良品アクリルCDボックスが手頃で良いですよ。https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076226277…
a0210108_23314342.jpg

背当てグレー版は同窓会用、紅版はイベント当日用の双子立体カードです。
九大カラ―(紅)は華やか、打ち放し色(グレー)は渋め、
記念品ワーキンググループ拘りの配色です(私じゃないよ)。
学生時代助手だったI氏よりコメント頂きました。
ファサードの構成は水平線と垂直線で構成される平面で、凹凸で陰影が。コンクリートのシャープな線。折り紙の切り口のシャープな線、ケント紙の材質と色が打ちはなしコンクリートにふさわしく、印象深い折り紙建築と拝見しました。設計当時のスタッフの方にも聞いてみると関係者の声が聞けます。