人気ブログランキング |

2017年 06月 10日 ( 1 )

2017年06月10日
「つくると!」三回目です。
一回目から参加しています。
今回はhalf、初日のみのワークショップ参加。
展示も盛り込んで貰っちゃった フフフ。
九州大学大橋キャンバス多次元ホール内は展示準備から笑い声にあふれている。
a0210108_1717375.jpg
場外ワークショップコーナーでシコシコ展示準備してる一人身は寂しい。
現場形状に合わせ、こんな風にまとめました。
a0210108_171543100.jpg
「ハサミチョキチョキ飛び出すカード」ワークショップ持ち時間は1時間。
どこまで出来るかな?
心配はいりませんでした。
「つくると!」来訪者はものづくりに興味ある人達ですものね。
お互いの呼吸を合わせ、展開させるのみ。
参加者年齢層が広くても置いてきぼりを つくらないことは大切にしています。
a0210108_17243656.jpg

時間半分30分は自由制作、どんどん発展させて行きます。
a0210108_17223340.jpg
a0210108_1883946.jpg

a0210108_17233682.jpg
嬉しいことに「参加したい」コールに乗って、第2部も行いました。
a0210108_17285363.jpg
a0210108_17294919.jpg
a0210108_17315353.jpg
a0210108_17321444.jpg
皆さん仕事が早いので、発表会までしちゃった!
2部は、制作50分+発表10分トータル60分です。
6歳、7歳の子どもでもこの通り。
a0210108_17394666.jpg
a0210108_1741889.jpg
「ハサミチョキチョキ飛び出すカード」は、
半分に折ったケント紙の折れ目側から切り込みを入れ、折り筋を入れ、内側に飛び出させる。
この組み合わせです。
単純なので、下書きの無いケント紙から参加者の数だけ新しいカタチが生まれます。
折り紙建築「階段」は数学問題も出しながらから皆で一緒に。
「スリット模様」は、サンプルを見せ「自由にやってみよう」と手放します。
手が止まって動かなくなる参加者(頭で考えすぎる人に多い)には、
「基本形を真似る」ように促します。
一つできれば、応用は自由自在。想像を創造する場になります。
とても楽しいワークショップになりました。
皆さんありがとう。
「つくると!」第4回でまた会いましょう。

心残りは、2日間参加出来なかったこと。
盛り上がっているホール内で交流したり、親睦会に参加するのは楽しいもの。
第4回は11月、また重複しちゃう可能性大?