人気ブログランキング |

2015年 10月 09日 ( 1 )

2015年10月09日
ジブリ「思い出のマーニー」をTVで観る。
原作と大幅に違う。
アニメはアニメの良さがあるからそれでよいのだけれど。
河合隼雄の心の再生とかの解説を最近読んだので
チラチラ説教臭くっていけなかった。

20年前読んだ原作は謎めいていて
幻想の中を主人公アンナとマーニーが自由自在に動き回って浮遊している感じ。
下巻の謎解きが前半のピースをはめ組むようで
人はあるべき姿に落ち着いていくと納得させられる感動があった。
アニメはあっさり終わらせちゃったか。
子どもの心は不安定で迷い移ろいやすく、
援助者が居て育っていくものか?
それは必ずしも親ではなさそうだ。
児童書読者のダメ親としては辛くもあり救われもする話だった。