人気ブログランキング |

2015年 09月 27日 ( 1 )

2015年09月27日
明日の中学校総合学習「オリジナル椅子をつくろう」をどう組み立てようか?
創作折り紙建築ワークショップは気を使います。
基本形をつくって、図面学習をして、
「さあ、色々発展させましょう」と言っても、
日頃創作をしたことがない生徒は手が止まってしまう。
先日テノ森バターナイフワークショップでは、
「普通の物を創りましょう」
「模倣しているようでいて外れるのが個性」
などとても刺激的学びがありました。
塊から成形してく彫刻と一寸違うかな?
図面を描いた通り立ち上がる折り紙建築ではサンプル例示が重要になります。
師匠に教わったのは、
応用の可能性を示唆する作品例示。

昨年は、名デザイナー椅子と楽しく遊べる椅子サンプル創りをしたので、
a0210108_2322179.jpg

もっと基本的発展形サンプル=ラブチェア・ダブルチェアの2脚追加です。
a0210108_2259396.jpg

これで完璧なはず!?

明日に迫った授業準備をしようとしたら、コピー用紙切れ!
はーぁ、寝ます。
必要に迫られて図面を見ると、ABCDEF記号が意味を帯びて解説が聞こえて来ました。
しかしながら創作初回中学生には使えません。