人気ブログランキング |

2015年 09月 17日 ( 1 )

2015年09月17日
今日の読み聞かせは、昔ばなし大学で我が班が再話した「くもの化け物」
お話だけでは、着いてこれない子、吸い寄せられてくる子がはっきり分かれてしまう。
お話の前にした手遊びを楽しんだ子と指が動かない子とがピタリとリンクするのが恐ろしい。
“わいわい”に来てる顔なじみの子が、全く手遊びに着いてこれないのもさらに恐ろしい。
折角お話だけにしたので、おまけは、「ことばあそびうた」谷川俊太郎にした。
これまた言葉を知らないと掛詞、重なり言葉の楽しさが判らない。
小学2年生には、煙につままれる詩だった?
お楽しみ時間まで置いてきぼりの子をつくって可哀そうなことをした?
お話を聞けない子達は会話のない世界で育ったの?
手遊びをせずに何をして過ごしたの?
昨日“わいわい”先輩たちと語った取り残された子ども達の問題と、
今日カンガルーメンバーと交わす子ども達世界の問題と、
違う世界を現場で体感し、
掬い上げる現場が無くなり、
子どもイベントに回わる郷づくりで良いの?
と、ちょっとセンチメンタル。