人気ブログランキング |

2015年 09月 12日 ( 1 )

2015年09月12日
a0210108_12364387.jpg
2015年09月12日T中学校総合学習授業「ポップアップカード」2回目です。折り紙建築版シルピンスキーの三角形をつくりました。この写真は。ケント紙160kgカッターで作った生徒作品です。
前回5月30日から3か月以上空きました。
担当先生がシルピンスキーの三角形を事前解説して下さったようで、即、ハサミバージョン折り紙建築シルピンスキーの三角形づくりです。
4㎝立方体親から1/2立方体2㎝の子ども、孫1㎝、曾孫5㎜、玄孫(やじゃご)2.5㎜その次(来孫(らいそん)1.25㎜)…何処までつくるかは各自の自由。薄いケント紙にハサミを入れ、1/2の形を左・右・上3か所、増殖させていきます。
a0210108_12371939.jpg
切れ目は簡単ですが、曾孫5㎜、玄孫2.5㎜になると丁寧に根気強く折っていく必要があります。
a0210108_12405272.jpg
授業開始30分で製図に移行。ハサミでつくった自分の作品を見て、折り紙建築型図を製図します。何処まで増殖させるか、時間と自分の根気を考え自己決定します。
4テーブルの3テーブルは、曾孫5㎜まで、1テーブルは、1㎝孫までとはっきりと分かれました。
a0210108_1238205.jpg
製図した折り紙建築型図の裏にケント紙を当て、切線と折線を入れます。
a0210108_12396100.jpg

T中学校授業は、90分と短くコピー用紙に作図してケント紙に写し製作するとひと手間増えるにもかかわらず、ほとんどの生徒が完成させ指導側は感激です。
皆やればできる!
「今日の授業は高等学校数学Ⅲレベルです。数学って面白いね」
「フラクタル論理は自然界に沢山あります」で締め。
総合学習になっているでしょう。
a0210108_12392927.jpg