2015年 03月 11日 ( 1 )

2015年03月11日
先週の目玉は「折り紙の呼吸展」@ペーパーイン3月20日まで
a0210108_22314991.jpg

折りで立体をつくるのはいろいろ出来るようになったけれど、
大きなオブジェを見るとやはり感動する。
a0210108_22323488.jpg
a0210108_2233616.jpg
a0210108_22332812.jpg
a0210108_22334625.jpg
a0210108_2234169.jpg
a0210108_22344858.jpg
a0210108_22351189.jpg
a0210108_2235387.jpg

これからの可能性を感じたのは、インクジェットプリンターで回路印刷してフラットな光源を光らせていた厚みを感じない照明デザイン。これは使える!

a0210108_22435752.jpg
もっと興味深かったのは、3Dプリンター。
歯車が噛み合って動く状態で仕上がるという。
ボルト・ナットも動く状態で一体成型。
噛み合わせの隙間も含めて一体成型できるということ。
試作もマシン任せになったら、ものづくりの現場はどう変化するのだろう?
PCで図面を描いて、マシンに入力して、出来上がった試作品をチェックして、量産化…?
手で作りながら試行錯誤する手法は、消えていくのか?
いずれにしろ脳内3D発想のため、「ハサミチョキチョキ飛び出すカード」ワークショップの空間認識能力育成の必要性は増すか?