人気ブログランキング |

2014年 11月 30日 ( 1 )

「第1回子どもの建築活動発表交流会」終わりました。
折り紙建築伝道師のお仕事無事終了。
発表途中に実演を入れたので、参加者はつくりながら一緒に理解してもらえたのは、確か。
ところがものづくりが大好きな皆さんですから、ずっと手を動かしながら、
発表内容は聞いていなかったような?
a0210108_22395170.jpg
a0210108_22402129.jpg
a0210108_2241629.jpg
a0210108_22412451.jpg

ま、終わってから「とてもよく判りました」「やってみたいです」
と声をかけられましたので、心に留めてくれる人は居たのでしょう。
意見交換会も有りました。
私たちの席には、学生が多かったのでどうも希望的未来形の話に持って行きがちになります。
今回活動発表のいくつかは、
主導リーダーと多くの学生とで成り立っている街づくり的ワークショップでした。
リーダーの引き受け手は増殖するでしょうか?
お祭り的に終わってしまわないでしょうか?
街並みデザインワークショップは、指導者のヤラセに陥らないでしょうか?
ハサミチョキチョキ飛び出すカードWSは、カタチに関心を持ってもらう基礎の基礎ですが、
誰でも真似できる増殖型WSだと思う。「伊能忠敬のような」WSも汎用性があるかな?
誰もが真似出来ないと広がって行きませんね。
こんなことを漠然と心配するのでした。
a0210108_230736.jpg

嬉しかったのは、
ネットの中だけで繋がっていた稲葉武司先生とお会いできたこと、
これも、ネットの中で元気でアクティブな女の子と思ていたマリッペが、
奥ゆかしい気働きの利くかわいい女性だったのには驚き。
知ってたけれど、知らなかった人に会えたのは、名古屋に来たかいがあったというものです。
a0210108_2305321.jpg

でも肝心の人には会っていない。
本当は、師匠の誘いに一杯質問を抱えて行って教えを乞う積りで参加表明したのだけれど。

外食を全くしなかったので名古屋名物を何も口に出来なかったのも残念。
思えば、昼食は全く取らなかった、というか時間が無かった。