人気ブログランキング |

2013年 07月 02日 ( 1 )

ペーパークラフト展の作品作りをしています。
九州の建築の折り紙建築化は、自分で決めた課題です。
会期が迫り切羽詰って取り組んだのは、武雄市立図書館。
失敗でした。
まず建物がバームクーヘンの一部のような曲面であること、図面が公開されていないこと。
写真から高さを割り出し、寸法の無い館内案内図から図面を起すのは大変です。
何となくカタチらしきものが出来ても
実物の持つ迫力やバランスの美しさが出せず、自分の未熟さを痛感します。
もうここまでと製作を始めようとしたところ、
ボヤキが届いたのでしょう、武雄市立図書館の平面図と矩計図が届きました。
餅は餅屋、在るところには在るのです。

「図面提供者には折り紙建築をプレゼント」と大声で、もっと叫ぼう!
スケールのある平面図と立面図2面、又は断面図を提供いただければ、折り紙建築化致します。
九州の残しておきたい建物、特徴ある建物の図面と写真を御提供下さい。
a0210108_047576.jpg
武雄市立図書館試作品@riza
先輩アイディアを上手く応用できたと手法的には結構手ごたえを獲た制作。