2013年 05月 16日 ( 2 )

便宜上、主催者にされたFBイベントと
頼まれて共同管理人になったFBページが、気になって振り回されている。
振り回されついでにイベントの作品つくり。
投稿文面に間違いはない。
a0210108_22284772.jpg
チラシの文字を出さないように型図で検討する。チラシの使う位置で箱の模様が変わってくる。
折る深さを変えると高さの違う箱になる。渦出しもインパクトがある。
知り合いのブログに
「その表現や状態を作るには、それらにふさわしいサイズや素材があり、
その1つ1つの判断がとても重要になってくるのだと思います。」

と書かれていました。
たとえば、「舟を編む」では、
「ぬめり感が必要です、紙をめくる時、指に引っ付いてきて1枚だけ捲れるぬめりを出してください」
と要求する。
ここがとっても重要。
建築では、
材料を決め、枠を限りなく隠したり強調したり、その寸法をいくつにするか決定するのが重要。
ペーパークラフトだと、
設計が終わてから、往復はがきサイズの中にどの位の大きさで収めるか決めるのが最終設計。

ふさわしいものつくりは観察眼と美意識と決断力が必要なのでしょう。