人気ブログランキング |

2012年 01月 26日 ( 1 )

”わいわい”のこれからを友と話し合いました。
続ける事に意義がある、必要とする子どもがいるから開く、
今まで頑張ってきたから潰すわけには行かない、など理由付けしていました。
毎回サークルをこなす事だけに集中して、問題点を見ないようにしてきました。
それを凝視すると、
一人では安全面に責任を持てないと自覚した途端に守りたくなりました。
いやだいやだと思いながら本当は、私は子どもが好きなのです。
絵本に出会ったのも、児童書に夢中になるのも、厄介な”わいわい”を続けているのも、
ペーパークラフトWorkshopを開くのも、みんな子どもと繋がっているのです。
自分の気持ちを素直に認め、子どもと関っていきましょう。
私は子どもが好きです。