人気ブログランキング |

進路を考える診断が、大人には人生経験診断に変わる?

2018年11月16日
ナビスコラ「あなたにぴったりの学問」サイトを知人が、
5回やって5回とも「総合理工」になるから、ワザとそこに導く策戦ではないか?
と投稿していたから、試しにやってみた。
私も絶対総合理工になると思っていたら、意外なことに1回目は農学。
知人は譲れない項目以外は色々変えて試してみたと言う。
私の譲れない項目は20問中10個、後はyesともnoとも判断できない。
2.工学、3.人文学、4.人文学、5.工学
あら、私って人文学の素養もあるの?
少なくとも知人と譲れない項目は全然違うみたい。
調子に乗って6回目からは紙に書いて、
どっちでも良い質問の組み合わせを全部変えてみる。
1.農学、2.工学、3.人文学、4.人文学、5.工学、6.人文学、7.農学、8.人文学、9.工学、10.工学。
進路を考える診断が、大人には人生経験診断に変わるのか?
確かにそんな生き方してきたかも。
理学って真理追及だけれど、工学って曖昧も調整する実学だものね。
建築って人文学的要素満載だし、何しろ私「昔ばなし大学」の熱心な学生だし。
農学が出たのは地球に優しい生き方してるから?
な~んてね。
by arigozira | 2018-11-16 23:59 | くらし・所感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/238866373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。