人気ブログランキング |

ギャラリーwabiに足が向く理由?

2018年11月13日
追い立てられている毎日の中、
仕事が空くとギャラリーwabiに行っています。
下駄ばきでフラット寄る気楽さもあるけれど、
オーナーの誘い言葉に吸い寄せられる、のが理由かしら。
好みではないけれど極限美の展示品を見るのって結構面白い。
オーナーとお話しするのも楽しい。
今日は「織田恵美 九谷赤絵細描展」最終日で客が入れ替わりで来られる。
オーナーに「六分割見当は入れないの、円の下書きしないの」と質問してる私に、
何やら器を買っていた若いピカピカの子が、「面白い視点ですね」と話しかけてくる。
「ギャラリー巡りをしています」
「美しいものを沢山見たら表現者側になりたくなりませんか」と問うと、
「私は、感性に引っかかる品々を集め、囲まれて生活したいんです」だって。
立派なことを堂々と言うのを聴いてると、何故か恥ずかしくなる。
若いって、知ってる限りのことを並べたて、自己主張し、肩肘張ってる時期。
きっと私もそうだっただろうと、周りの人に頭を下げて回りたい気分。
a0210108_2239511.jpg
a0210108_22391835.jpg
a0210108_22393855.jpg
ミクロ模様に、作家労力を思い、深々と頭を下げる。
a0210108_2240271.jpg
まるで違う展示方法で前回作品が生かされている、しつらえ鑑賞が堪らなく楽しい。
by arigozira | 2018-11-13 22:52 | 鑑賞・芝居・講演 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/238857002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。