折り紙建築勾配屋根の表現方法は?その2

2018年06月17日
折り紙建築で建物を創ろうとしたら
勾配屋根をどの様に表現するかをまず考える。
2012年6月にすでにブログ記述を見つける)
オリジナル勾配屋根を幾つも創ったので随分勉強したつもりだが、
7月「折り紙建築士養成講座 in 九州」講座は、手前傾斜屋根学習で
「旧新潟関税庁舎」(C)Takaaki KIHARA だ。
a0210108_2338156.jpg

茶谷正洋氏の出版されている手前傾斜屋根作品を全部作ろう、
と、製図(側面図製図が重要)しながら作成中。
出版社トレース段階で間違えるのか?
結構間違い図面を見つけるし、不安定構造もある。
今週はAmerican Houses(勾配屋根で無いのも2点含む)7点
a0210108_2333966.jpg
今までつくり貯めた”手前傾斜屋根”茶谷折り紙建築を並べるとこんな感じ。
a0210108_23425041.jpg
神社仏閣はまだあるな。
まだまだ終わりそうにない。
by arigozira | 2018-06-17 23:59 | 折り紙建築・ペーパークラフト | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/238614305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。