地元愛に満ちた唐津城

2017年04月29日
4月20日企業新人研修で唐津城を折り紙建築化しようと挑戦した新人がいた。
「唐津城は唐津のシンボルですか?」
「唐津城あっての唐津です」
指導不足で時間内では立ち上がらなかったけれど、
完成させただろうか?
講師も頑張って「唐津城」に挑戦!
a0210108_1882493.jpg
茶谷正洋氏の名作「愛媛城」から抜け出せないのは、しょうがない。
by arigozira | 2017-04-29 18:09 | 折り紙建築・ペーパークラフト | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/23849163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arigozira at 2017-04-29 23:54
「驚きに欠けますねえ」のコメント。
「真正面でなく、70度くらいから見た風景にしたら?」
「あるいは、下からとか。天守閣からとか」
さすが、的を得た指摘。
茶谷正洋氏の焼き直しではダメですね。
投影法は作図が厄介で楽ではないのだけれど、逃げてばかりはいられない。
M先生の真面目なコメントを初めて頂きました(笑)。
ありがとうございました。