苦労して観た方が感動が深まる「松林図屏風」

2017年11月22日
長谷川等伯「松林図屏風」を拝みにQ博へ。
大人気と言っても、人口の少ない九州で雨降る寒い平日、
気のすむまで鑑賞できる余裕がある。
こんなに小さかったけ?こんなにあっさりしてたっけ?
前回初めて京都で見た時、圧倒的迫力に身震いしたのに。
やっと一人旅行が出来る喜びと入場まで1時間並びの期待感が感動を増幅させた?
九州国立博物館「新桃山展」で最も感動したのは、
九州国立博物館所蔵の油滴天目茶碗。
並んでいる抹茶茶碗全てに風情を感じた。
先月京都「国宝展」の曜変天目茶碗(京都・龍光院)を見て抹茶茶碗に目覚めたか?
別会場の印刷複製が息が掛るほど近づいて繁々と観察でき、
撮影可で
こちらの方が見応えが有ったのは、とっても皮肉。
a0210108_22282859.jpg
a0210108_2229790.jpg
a0210108_22293787.jpg
ついでに光明禅寺の紅葉も
a0210108_22354384.jpg

by arigozira | 2017-11-22 22:36 | 鑑賞・芝居 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/238010538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。