新聞記事にもなる下灘駅なのね!「眼前の海と駅と私」

2017年11月07日
11月10日は、なかなか遺産第5号「下灘駅ホーム」認証式です。
とてもタイムリーに日本経済新聞朝刊文化欄で
村松拓氏「眼前の海と駅と私」が載りました。
筆者によると、
海が目の前に迫る駅として下灘駅は有名だそうです。
夕日に染まる駅のSNS投稿写真も多数。
光の道の宮地嶽神社を有する町住人としては見比べなくっちゃ。
ところが、「これらにも負けない美しい駅は全国各地にある」のだって!
神秘の海と郷愁が漂う鄙びた駅の組み合せは絵になるのは当たり前ですね。

さて、肝心のなかなか遺産第5号下灘駅ホーム認証式には、
毎回、なかなか遺産各地の代表が集まり実行委員も揃い
なかなか楽しい式になるのですが、
私は、行けないのです。
翌日のダブルワークショップを考えると深夜帰宅はどうにも無理。
下灘駅での別途ワークショップ企画してくれないかな?
a0210108_21174719.jpg
a0210108_21194721.jpg

by arigozira | 2017-11-07 23:59 | くらし・所感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/237965103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。