人気ブログランキング |

2015年夏休み「ハサミチョキチョキ飛び出すカード」WS第2回

2015年07月25日のこと
2015年夏休み「ハサミチョキチョキ飛び出すカード」WS第2回「動物の顔を創ろう」
福津市立図書館
親子・大人26人
子どもワークショップ定番「ハサミチョキチョキ飛び出すカード」は
誰もが失敗無く創作者になれるが、「動物の顔をつくろう」はそうはいかない。
サンプルをつくっても、解説をしても、本体と切り離して切り紙にしてしまう参加者が1/3、
本体との接合線が一直線上と理解できる参加者は少数。
それでも、作りたい動物の顔は明確に持っている、ライオン、コアラ、キリン、恐竜etc.。
26対1で対応が出来るか?
創作ワークショップ開始前は講師の方が、毎回ドキドキ。
a0210108_13575796.jpg
良き見本をしっかり観察するのは重要。
「これ作りたい!」「これカッコいいじゃん」「羊ってこんな顔してたっけ?」
a0210108_1414773.jpg
良い子たち。講師の話を真剣に聞いている。
a0210108_1483163.jpg
ハサミで人の顔(7分)、ハサミ&カッターで型紙キツネ(15分)、ハサミ&カッターで型紙ゾウ(20分)を立ち上げる。
解説は最小限、初めてのカッター使いでも使っていたら上手になって行く。
a0210108_1749166.jpg
「ゾウの鼻はどうやって折るの?」
「カッコよく見えるようにカミと相談しながら折っていくんだよ」
a0210108_1750550.jpg
本題「動物の顔をつくろう」(60分)は絵本・図鑑を見て動物の顔の特徴を捉える所から。
何つくろうかな?
a0210108_17534413.jpg
飛び出す台紙との繋ぎを考えて動物の顔の下絵を描く。結構難しい。
a0210108_17552744.jpg
ケント紙で切って折って想像したように飛び出すかな?
a0210108_17573198.jpg
a0210108_17583488.jpg
頑張って創ったから堂々と発表(10分)。
皆の笑顔が満足度のバロメーター。
a0210108_1759297.jpg
a0210108_180154.jpg
a0210108_1805648.jpg

a0210108_1815430.jpg
a0210108_1824878.jpg
動物の顔は耳が後ろに飛び出すつくりになっているから、本当は背当て台紙は付かない。
帰る時にお土産で渡せばよかった、反省。
小さいお友達も大人も皆頑張りました。
ホッ。
by arigozira | 2015-07-26 14:03 | 折り紙建築・ペーパークラフト | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/21485697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。