昔ばなし大学再話コース班学習会第2話その4

2015年04月18日
昔ばなし大学再話コース班学習会第2話研究会4回目です。
それぞれの会で完璧再話と思っても、読み返し、声に出してみると話し言葉として不都合な所が発見されます。
原文に戻り、何をを言わんとしているのか議論しながら、言葉を探します。
さぁ、これで校了かな?
終わって、Kさんが「大和言葉には一つ一つの言葉の音にも意味がある」と言われました。
正に言霊、深いなー。
再話コースは12月に終わり、さらに研究科に進むか調査がありました。
語り部ではない私は、当然ここで終了のつもりが、9班メンバーから引き留められました。
仲間の協力が有ったら続けられるかな、と欲が出てきました。
生身の議論、小澤俊夫という先生にまだ浸っていたい気分です。
昔ばなし以外の目的で続けて良いのか?それが問題だ!

by arigozira | 2015-04-18 18:43 | 読書・子どもの本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/21134057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。