東北の旅その4(仙台編)

2015年03月27日
30年ぶりの仙台、以前何処に行ったかも記憶にない。
松島に直行。名勝なんて関心が無いのに4階レストランから小1時間松島湾を眺める。
a0210108_20114331.jpg

水墨画のイキを理解するにはまだ人生修行が足りない。
ただ松島瑞巌寺と
a0210108_20121638.jpg
a0210108_20124838.jpg
a0210108_20131452.jpg
その後行った松山瑞鳳殿には、
a0210108_2014211.jpg
a0210108_20143087.jpg
派手なお社とは別の神聖な空気が流れていて清らかな気分になった。
杉林のそう快感化、地の持っている力なのかは判らないが、伊達政宗一族が地元民に愛され大切に祀られているのは確かなようす。
松島にある阿部仁史さんヨットハーバーは良かった。
a0210108_2018617.jpg
a0210108_20182489.jpg

色々と遠回りしたが、仙台に来たのは、伊藤豊雄仙台メディアテークが見たかったから。
外観はもっと目立っていると思ったが街中に溶け込んで、利用者はリラックスし、受付係りは、
「写真どうぞ」とスムーズで、利用者に
チラチラ聞いた評判もすこぶる良いし…
建築ってどんどん自由になっていく。なんか楽しい。
a0210108_2018588.jpg
a0210108_20192330.jpg
a0210108_201948100.jpg
a0210108_20201680.jpg
a0210108_20204774.jpg
感覚で習い覚え、運動感覚で身に付ける一つのスタイル。そうした足取りの群れは、それぞれが独自の物からなっている数ええぬものである。足取りの戯れは空間細工だ。それらの戯れはさまざまな場を織りあげていく。
と階段途中に書いてあった。均一な曲りで無い不思議な階段。
a0210108_2021760.jpg

by arigozira | 2015-03-27 20:33 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/21051603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。