11月”わいわい”の大型シャボン玉

11月”わいわい”は、小学校の文化祭の中で大型シャボン玉をしました。
昨年は、屋外と屋内2本立てで参加しましたが、スタッフ人数の関係で一本に絞りました。
中庭は、2時間10分入れ替わり立ち代り子ども達で溢れ返りました。
晴れてよかった!
シャボン玉に絞ってよかった!
基本自由なので、子ども達が集まってくるのか、容量越えです。

最初から大きなシャボンが出来る子はいません。
根気強く何回も挑戦すると大型シャボン玉が出来ます。
直ぐ諦めてしまう子はそれっきり。
根気は何処から生まれるのか?
出来なくても「面白そう」「出来るようになりたい」と思う子と、
「チェ、できんジャン」と止めてしまう子の違いは何処なのか?
小学一年生でもう違いが出ています。
遊びを一杯して粘り強い子に育ってほしいです。

a0210108_291510.jpg
午前中2時間は、シャボンリングつくり。
安全も考え、頑張ってつくったのに、子ども達の扱いは乱暴で壊してしまう。
「道具作りから子ども達にさせよう」の意見が出ました。
全うな話。

生き生きとした子ども達。
a0210108_293744.jpg
a0210108_295167.jpg
a0210108_210827.jpg
a0210108_2102630.jpg
a0210108_2105225.jpg
a0210108_211785.jpg
a0210108_212776.jpg

シャボン玉達人の玉はやはり違う。
a0210108_2122268.jpg

by arigozira | 2013-11-27 02:16 | 街づくり・わいわい | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/19054319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。