「ヨソモノ展」に見る温かさ。

a0210108_21344456.jpg
と自虐的命名の展示会に顔を出しました。
週明け月曜日は閑古鳥か、と思いきや仲間同士の賑やかな場になっていました。
そんなところはチョッと苦手。
静かに眺めていると、プロっぽくない、素人でもない温かさがじんわり伝わってきます。
お目当ての木作家:細井護さんが帰ってきて、
一気に距離が近くなり私も仲間に入れてもらった感があります。
チョッと踏みとどまって仲間になる、
自分を生かせる場を作り出す、
新しい生き方を生み出す、
津屋崎に移り住んだ若い創作者達の和やかな展示会の良い空気を吸い込んで来ました。
a0210108_2263156.jpg
彫金のスタンド照明が美しい。今は照明に惹かれてしまう。
a0210108_224533.jpg

皮は濡らすと自在に加工できるみたい。羨ましい!やっぱり作ってる姿が一番美しい。
by arigozira | 2013-11-25 22:10 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/19047947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。