90歳の恩師の葉書

同窓会が開かれたのは11月16日、今日は18日。
小学校恩師からお礼の葉書がもう届きました。
このスピード感!90歳です。
江上茂雄展で
私でも101歳まで毎日続けていたら、それなりの創作者になれるだろうか、
写真家の今岡昌子さん、学芸員とお話したのですが、
手本は、ここにもいらっしゃいました。
現在もボランティア活動をされているそうです。当日も歩いてお帰りになりました。
ボヤッとしてられません。
a0210108_2111109.jpg

by arigozira | 2013-11-18 21:33 | くらし・所感 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/18988616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arigozira at 2013-11-20 17:51
先生にお返事をやっと書きました。
******
毎回、お葉書有難うございます。
先生のお元気な姿は、私たちの指針になり励まされます。あと二十年は頑張ろうと思っていましたが、〇〇年に修正です (ドンドン更新しそうです)。
お贈りしたHAPPYカードは、「折り紙建築」と言う飛び出すカードの一種類です。平面から立体を作るもので、幼児教育や理工系の図学教育に応用でき、三年前からワークショップや創作活動を行なっています。
福岡で折り紙建築をしている人が居ないので個展を開いて普及に努めています。私の折り紙建築ワークショップは、幼児から年配者まで対象の、ハサミで簡単に出来る基本形から創作を促すものです。先生のボランティアセンターにも出向きますよ。
折り紙建築が縁で、折り紙も一年前から始めました。作家:川崎敏和先生の作品(箱・バラは川崎作品)ばかり折っています。「究極の夢折り紙」「博士の実用夢折り紙」
昨日から寒波がやってきましたが、お天気の良い日を選んで大名「松楠居」の展示会にお越し下さいませ。
〇〇君・◎◎さんが近くで活躍良いですね。次回同窓会は私ら還暦の△年後かしら?