毎回見え方が変わる江上茂雄展

面白いもので、毎回見え方が変わってくるのです。
初回は、クレパス・クレヨンの迫力と執拗さに圧倒され、熱し、混乱してしまいました。
実験的なシリーズ『私の手と心の抄』の方が解かりやすかったほどです。
2回目は、落ち着いてクレパス・クレヨン画を味わうことが出来ました。
響いてきます。

喜び溢れている水彩画は、その風景を切り取り上手いなと思っていましたが、
3回目は、もっと光の輝きや空気感を受け取り、良さが解かった思いです。
2010年画集とブログで予備知識が多すぎ先入観を持ってしまい、
実物展示作品の量とエネルギーに圧倒され消化不良を起こしてしまったようです。、
純粋に作品と対峙するには、時間と回数が必要だったのかも知れません。
1年後、10年後は、また違った見方が出来るかもしれません。
クレパス・クレヨン画だけの展示でいいのです。福岡県立美術館さん、お願いします。
a0210108_037134.jpg
a0210108_0352096.jpg
a0210108_0355534.jpg
a0210108_03628100.jpg

最終日11月10日の江上茂雄展は次々と観客が押し寄せていました。
いいモノは口コミで広がって行くのですね。
図録は完売したそうです。中に入ってるオマケにぐっと来ますもの。
a0210108_0432159.jpg

by arigozira | 2013-11-10 23:24 | 鑑賞・芝居 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/18947049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arigozira at 2018-07-02 11:28
福岡県立美術館での贅沢な展示会から5年経ったのですね。昨日2018年7月1日NHK日曜美術館アートシーンで江上茂雄展(武蔵野市立吉祥寺美術館)紹介が在った時はビックリしました。「江上茂雄:風景日記」ってことは、パステル画は少ないかもしれません。https://www4.nhk.or.jp/nichibi/357/