地域文化祭で折り紙建築:報告

昨日11月9日赤村文化祭での折り紙建築ワークショップの作品です。
a0210108_2239960.jpg
ケント紙を半分に折ってハサミを入れ内側に織り込んで、繰り返し段を作っていく単純作業の”階段”
縁をどれ位取るかで全く違う表情が現れます。
一段階段から、三段階段は誰でも理解できます。
「次ハサミを入れると何段かな?」「5段!」「6段!」「では作って確認しよう!」
「7段になったね。次は何段になるかな?」
「此れを最後にしようね」と15段階段で普段お終いにします。
31段階段までハサミで綺麗に切って織り上げる頑張り屋さんも現れ嬉しくなります。
a0210108_22471364.jpg
この31段階段は切り込みを加えてデザインを展開しています。
a0210108_2247504.jpg
顔つくりは「この紙の中に顔を作ります。顔の中心に何があるかな」「鼻!」「では鼻の切込みを入れます。切り込み深さも角度も大胆自由に入れてみよう」
と始めると、「失敗」「変になった」など不満の声が出てきましたが、
「発明・発見は常識を破るところから始まるんだよ」と
宥めすかせながらすすめ、最後に大胆な顔になった作品を絶賛します。
見本のスタンダード作品とまるで違うところが本当に素適なのです。
次は等間隔切り込みや、街並み作りだったり、個々の集中度合いで様々な作品つくり。
a0210108_2258580.jpg
a0210108_22581987.jpg

バラバラ来る子達の流れを作るのは結構大変です。
でも予想できない良い展開になるので、嬉しくってまた頑張ろうと思うのです。
こんな地域文化祭会場、子ども達の伸びやかな絵画作品がたくさん貼ってありました。
a0210108_23135933.jpg

by arigozira | 2013-11-10 23:23 | 折り紙建築・ペーパークラフト | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/18946736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。