熱い!暑い!厚い!

折紙探偵団九州コンベンションが終わりました。
皆の思いが熱い、34度の気温と熱気で暑い、バラエティ豊かな講習内容が厚い会でした。
初日から、折紙作家前川淳さんと親しくお話したり、アン・ラビンさんの紙素材の講演が聞けたり、
Wet-foldingを習えたり、
遡れば、研究熱心な筑後支部に入り、川崎敏和さんの講習を直々に受けたり、
「とても恵まれたスタート」と、帰りの電車で「翼竜」折り紙作家の人に言われました。
そうなんだ!
ありがたいことです。
感覚的折り紙創作を論理的構造的折り紙の方向に向かわせたのが前川淳さんで、
誰でも美しく折れる折り紙を創作しようとしているのが川崎敏和さんなのだそうです。

佐賀小旅行往復と
新しい折り紙を覚えるのに手と頭をフル稼働させるのと
100人を超す人たちに気をはらうのと
全部合わさって疲労困憊です。
実行委員の皆さんありがとうございました。
a0210108_2222999.jpg
懇談会、七割参加とか。気を使うのでパーティは苦手。

a0210108_2253033.jpg
「気分は学生」と言っていた若者2人が作った楕円レース紙使用の作品。作っている手元を見るのが好き。
by arigozira | 2013-05-26 22:09 | 折り紙建築・ペーパークラフト | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/17849498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。