人気ブログランキング |

作りながら考える

学生に身につけて欲しいのは「変化に対応できる柔軟な思考力」
と立教大学大学総長の言葉が新聞に載っていました。
これって建築設計で身に付きます。
図面を描くのは手間隙掛かり技術を要しますが、
与えられた条件(要望・立地・法規・予算)の中で、
環境に合い、使いやすく、社会要求にあった設計をするのは、柔軟な思考力を鍛えます。
設計演習Ⅰ・Ⅱは、初めて設計に取り組む家政学科系学生にピッタリな
課題にドンドン取り組みながら、手を動かし発想を広げるカリキュラムです。
自信作ですが、学生が喰らいつか無いのが悩み。
今日は鉄筋コンクリートラーメン構造を模型を作り理解して貰いました。
「私が30分で作ったから、50分で出来たら100点、90分で60点を付けます。
精度はこの程度以上で合格です。」と始めました。
最速は、いつも一番最後になる学生で90点、最後は二回作り直した学生で50点でした。
残り4回授業は、即日設計で宿題無しです。
今どきの3年生は、12月から落ち着きませんから。
a0210108_22132490.jpg

by arigozira | 2012-12-20 22:39 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://arigozira.exblog.jp/tb/17016666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。