2018年07月10日
J高校選択授業「プレゼンテーション講座」に参加してきました。
2週間ぶり、全10回講座の本日は7回目。
今回のファッシリテーターは責任者Fu君に戻りました。
静かできびきび進めるファッシリテーターTaさんとはまた違って、
弱くて強い人間性が染み出てくる愛すべきFu君。
今日は、
高校生4人+大人1人の各グループで、
airKP法で1分間「最近どう?」
マインドマップ作成
マインドマップで語る
マインドマップを基に題をつけ8枚KP法によるプレゼン
でした。
前回は私は、初心者で「教えて」という立場でしたが、
今回は、一緒にプレゼンテーションを学ぶ仲間の一人としてグループ参加しました。
彼らは少ない言葉ながら、素直な現在の気持ちを語るので、
聴き手(私)は感動する。
秀逸語り
「小さなことから」⇒「ペンギン」⇒「南極」⇒「地球温暖化」⇒「小さなことから」⇒「私達に出来ること」
迷う若者の本音語り
「夢」⇒「無い」⇒「生きている」⇒「目的」⇒「みつけたい」
平和で楽しくなる語り
「好きな物」⇒「メロンパン」⇒「お喋り」⇒「友達」⇒「寝ること」
伝える第一歩は、素直な心と教わりました。
話せる空気感を育てたFu君らを尊敬します。
途中参加なので、初期のぎこちなさは知り様がないので、
これからどこまで彼らが成長するのか、
(また私もスムーズに話せる進歩を期待し)
残り3回は皆勤するぞ!
2018年07月09日
今日は、H中学校総合学習授業2回目:増殖立体「ブロックの組み合せをつくろう」でした。
一年生16人110分授業です。
前回、講師の話を聞かない、徘徊する、を反省し、
今回は、講師の方に視線を向けるスクール形式机配置で行いました。
a0210108_06186.jpg

今回の生徒目標は、
①到達モデル形を自己決定する
②時間内に作品を完成させる
講師目標は、生徒と視線を合わせ、講師の話を届ける、
です。
折り紙建築版「シルピンスキーの三角形」(作:木原隆明)は、見ごたえある作品です。
ハサミでつくるとアッと言う間に仕上がる。
ハサミで簡単につくり、それを観察しながら製図し、
カッターと目打ちで切線折線を入れて、厚いケント紙で立ち上げる。
ハサミだと単純なことが、平面から一つづつ立ち上げるのは根気がいる。
作業時間を予測して、増殖する立方体を親40㎜立方体⇒子20㎜立方体⇒孫10㎜立方体?⇒曾孫5㎜立方体?⇒玄孫
どこまで作るか自分で決定するという課題を付け加えています。
a0210108_065766.jpg
a0210108_07209.jpg
a0210108_074059.jpg
a0210108_0818.jpg
a0210108_082283.jpg
作品を合わせると、また新しい造形が生まれる。
a0210108_011532.jpg
作業の早い生徒は、自由制作に取り掛かる。
無垢立方体とスリット立方体の組み合せフラクタル。

さて、
事前準備万端、前回から2週間後の開きすぎない授業日、強力スタッフ:福岡教育大学生も加わり、目標達成なるか?
a0210108_0121317.jpg
生徒作品鑑賞と次回椅子モデル観賞。
a0210108_013744.jpg
全員時間内完成、ブラボー!
(製図に手間取ってる生徒には「ヤル気だけでは完成出来ない、孫10㎜止まりにしよう」と、誘導はしました)
が、生徒は、相変わらず話を聞きません(泣)。
聞こえないのでは無い、一方的に話している訳ではない、聴く気が全く無い。
個別指導すると理解し作業に勤しむ、利口な生徒なのに?
担当教師曰く「ちょっと前まで小学生でしたから。2・3年生で身に付くのです。全員の視線を教師に向かせ、話せは聞き理解します」
はてさて、あと3回で聴く体制になるかしらん?
次回は、夏休み明け9月20日「椅子を創作しよう」です。
スタッフ随時募集中!
2018年07月08日
台風7号の大雨に続く、7月6日の集中豪雨。
ラジオや地域アナウンス(地区役員なので自宅スピーカー設置)の警告が恐怖心を誘うも、
家にいる方が安全と高をくくっていたら、
二日たった今日20時に被害が出ました。
停電
安全ブレーカーを一つづつ確認した所、台所・食堂回路。
外せるコンセントを抜くも、漏電ブレーカーが落ちる。
つまり内部漏電の可能性あり。
困った!
何処か雨漏りして、漏電した?
天井を剥がして確認する?
8寸勾配屋根補修をする?
明日電気屋を呼ぶ?
仕事に行けない!
・・・
「ガス使える?」「着火は電池だから使える」
「ボイラー使える?」「電気でファンを回すから動かない」
「冷蔵庫は?」「溶けたら困るから、延長コードで別分岐の部屋から通電する」
冷静になって考えると、
外部コンセントを抜いていない!
2台のボイラーコンセントを抜いて、安全ブレーカーを上げると、
無事通電!
2日も掛けて外部電気コンセントに水が浸み込んできた模様。
晴れて乾燥するまで、お湯の出る生活はお休みです。
どんどはれ。
a0210108_22483529.jpg
帰省中子Sが近所スーパーで買ってきた今どきパッケージ食品。
違う視点者が居てこそ、新情報は手に入る。
2018年07月05日
㈱唐津土建工業での高校生インターンシップ(+新入社員)での折り紙建築ワークショップでした。
お昼を挟んで2時間×2のゆとり有る授業時間。
a0210108_22201661.jpg

ハサミ階段、ダイカット「煙突のある家」立ち上げ、「直方体」斜投影図製図、モデル「ビルディング」モデル「階段」起こし、斜投影図製図・三面図製図を経て、自由制作。
a0210108_22164069.jpg
a0210108_2217836.jpg
a0210108_22172241.jpg

自由制作では、こんな形をつくりたいとの思いがあっても
折目と切目だけで立ち上がり畳める形に仕上げるのは、簡単なことではありません。
a0210108_2218497.jpg
a0210108_22182157.jpg

高校生と新入社員達は、果敢に挑戦し、畳める折り紙建築を完成させました。
1高校生は、宝塚大階段の上に立つ住宅に挑戦しタイムオーバーで断念。
「ハサミ階段を発展させたら」の私の助言に逃げることなく、
モデル「階段」を再制作し提出しました。
a0210108_22184747.jpg
a0210108_2219416.jpg
a0210108_22191947.jpg
a0210108_22194593.jpg

社内で充分な研修ができる所を、
2次元⇔3次元変換をシッカリと身に付けさせたいと、
折り紙建築ワークショップを取り入れてくれた唐津土建工業に感謝。
製図付き折り紙建築ワークショップは、
製図読解能力と、自分のカタチを考える発想力を
楽しみながら身に付けることが出来る秀逸プログラムです。
2018年06月27日
病み上がりに現場調査なんて無理っぽい。
が、相方もいるし今され変更申出なんて、
って31℃超えの内陸部。
やれば出来るって感じだけれど、
まさか溝掃除をすることになるとは…
田植えの終わった水田にサギが舞い降りて、
癒やされました。
a0210108_21504473.jpg
スクエア末広がりカプラはまだ生き延びています。
a0210108_2223180.jpg

2018年06月26日
J高校選択授業「プレゼンテーション講座」に参加してきました。
講座目標は、
伝わる言葉で伝える、相手の言葉に耳を澄ますの二点の感性と技術を身に付ける。
全10回講座の本日は6回目。
高校でこんな授業が組めるなんて凄い。
45分×2コマ×10回の授業を確保しているのも素晴らしい。
素晴らしいのは生徒達も。
聞けるし、行動できるし、挙手して発言できる。
リラックスした場、発言できる雰囲気を今までつくり上げたファッシリテーターも見事。
KP法もカタルタも知らない私、
グループの高校生に教えてもらいながら
対話に参加。
前半は、
「最近あったこと」を3つ紙に書いて、紙を見せながら話(KP法)をして、
引いたカタルタの接続詞で話を展開させる。
後半は、
引いたカタルタ接続詞5枚の内3つを使って、テーマの話をする。
彼らは、上手い。
引いた接続詞(カタルタ)を使って話がスムーズに出来るのは何故?
彼ら曰く「接続詞に合わせ話を組み立てる」
なるほど!
私はテーマ(1か月自由な時間が合ったら)に対し言いたい事を先に思い浮かべ、
接続詞に合わせ無理やり話を修正しながら話すから、ぎくしゃくしてしまうんだ。
「カタルタ無しだったらもっと自由に話せるじゃん?」
「出来ん。あるから、合わせて話せる」なるほどね。
小道具を使って、会話を引出し、会話に慣れるって、学習成果上がってるね。
「ハガキ職人」「ゲーム」「公務員」「テニス」
彼らのキーワードだけでは見えない胸の内が、
短い会話の中から垣間見えて、
距離がぐっと縮まり有意義な時間が持てました。
残りの講座にも参加できるようがんばろう。
2018年06月26日
カプラ師匠より「イゲタに組む」と助言があり、展望が開けた感。
広げて積むのは慎重さが不可欠なのだけれど、
サッカーTV観戦ながら制作だとは不安定になっちゃう。
明日には豪快に崩される運命。
a0210108_23173396.jpg

2018年06月25日
今日は、H中学校 初回:軸対象図形「ハサミチョキチョキ飛び出すカード」でした。
中学一年生18人110分授業です。
H中生徒はにぎやか、講師の話を、まるで聞いていません。
先生が個性を考えた班をつくってくれたのに、クロスで会話が飛び交い、
席に着いてなど居ない。
a0210108_2312274.jpg

聞いていなくても、これ位は創れるのが、ハサミチョキチョキマジックです。
a0210108_23124420.jpg
a0210108_2313141.jpg
a0210108_23132425.jpg
a0210108_23152840.jpg
絵画能力に優れたH君は、サクッとクワガタとタイタニックを立ち上げました。この授業で立体感覚もプラス出来たら《いいね!》

次回フラクタル「ブロックの組み合せをつくろう」製図を考えると、
(担当教員推薦の)机の配置をスクール形式でカチッと行うのが良いのかしら?
リラックスをやりたい放題と受けとるH中生徒に、
どの様なワークショップ手法が合うのか、
修業の一年に成りそうです。
病み明けパワー不足で中学生エネルギー負けしたのか?
2018年06月24日
アートマネジメント講座キックオフ2回目に出席。
講義は実習対象者が障碍者ということも有り、引き締まる内容。
絵画鑑賞実習がエキサイティングでした。
4人グループごとに、アイマスク着用者に3人が絵の説明をして一緒に観賞するというもの。
アイマスク体験者としての感想は、
火山の火口から白・黄色の噴煙が出てる。
山は赤・茶・緑で塗られ、全体にひっかきキズも有る。
空が黄色く、黄緑の細い雲が浮かんでる。
手前には緑もある。
これを総合化するのは無理、理解出来き想像できる言語から知ってる風景を思い浮かべるに終始したようで、新しいイメージ思い描くのはとても難しかったです。
解説者側として、
(選んだのが抽象画だったのも有るのだけれど)
印象に刺さる所から話はじめてのが宜しく無かった。
全体の構図、雰囲気から全貌を捉えやすく話、部分を伝えて行けばよかったかな。
実習解説の石田さんは、
健常者と視覚障碍者と街歩きとか美術館コンペをよく企画されるそうだ。
視覚障碍者に学ぶことの方が多いという。
確かに、
アイマスクをすると、感覚が鋭敏になり、
空調の流れも風として感じ、
人の声の反響で壁位置や屋根高さを測れそうで、
とても新鮮でした。
見えてるようで何も見ていないことが多いし、
ほんの数十分でも学びが多かったです。
次回から本編アートマネジメント講座へと進みます。
(あらあら、一年講座を受け実習をすることにしちゃった)
次回2018年7月7日「折り紙建築士養成講座 in 九州」の「差し:手前傾斜屋根の建物をつくる」講座内容説明です。
Ⅰ:創作基礎、Ⅱ:90度角錐タイプ、Ⅲ:180度タイプが終了し、
今回から、Ⅳ:特殊技法に入ります。
7月は"差し"(折り紙建築八法の一つ)です。
手前傾斜屋根には欠かせない手法です。
支点が軒先に有るタイプ、支点が中間にあるタイプ、
差しを支える 横長スリット又はブラケット、
屋根上に 煙突、櫓(やぐら)、ドーマ窓を乗せる、
創りたい形に合わせた組み合せが出来るようになりましょう。
Lesson42「旧新潟税関庁舎」は、支点:中間、支え:ブラケット、櫓付きです。
コンパスを持参ください。
使用テキスト「折り紙建築士養成講座」著:木原隆明/関連ページLesson42
a0210108_10365564.jpg
旧新潟税関庁舎(C)Takaaki KIHARA
a0210108_1039769.jpg
茶谷正洋作:手前傾斜屋根作品例
出展図書:「American Houses」「折り紙建築現代の名建築をつくる」「折り紙建築奈良の旅」「折り紙建築京の旅」
2018年06月24日
ツレが
インフルエンザで一週間寝込み
風邪から肺炎でまた一週間の寝込みに、
齢を取りたくないものだ、と達観していたら、
夫婦で風邪を引き、ほぼ1週間寝込むことに。
寝たら治っていたのは若い時分、
症状に合った薬と休養が無いと復活しない齢になってしまった。
今日から始動!
2018年06月21日
崩さず積むようになった、素晴らしい成長!
a0210108_22301283.jpg
a0210108_22414938.jpg
a0210108_2231531.jpg

2018年06月18日
アートマネジメント講座キックオフの同受講生のギャラリーへ。
普通の外見の中に、とてつもないエネルギーを秘めているのだろう。
下駄ばきで行ける所に、輝く工芸品が有る、ってのがよいのだろう。
a0210108_2252411.jpg
a0210108_22533431.jpg
作品スタンド―備忘録として
a0210108_22544783.jpg

2018年06月17日
折り紙建築で建物を創ろうとしたら
勾配屋根をどの様に表現するかをまず考える。
2012年6月にすでにブログ記述を見つける)
オリジナル勾配屋根を幾つも創ったので随分勉強したつもりだが、
7月「折り紙建築士養成講座 in 九州」講座は、手前傾斜屋根学習で
「旧新潟関税庁舎」(C)Takaaki KIHARA だ。
a0210108_2338156.jpg

茶谷正洋氏の出版されている手前傾斜屋根作品を全部作ろう、
と、製図(側面図製図が重要)しながら作成中。
出版社トレース段階で間違えるのか?
結構間違い図面を見つけるし、不安定構造もある。
今週はAmerican Houses(勾配屋根で無いのも2点含む)7点
a0210108_2333966.jpg
今までつくり貯めた”手前傾斜屋根”茶谷折り紙建築を並べるとこんな感じ。
a0210108_23425041.jpg
神社仏閣はまだあるな。
まだまだ終わりそうにない。
2018年06月16日
今年度中学校総合学習授業が始まりました。
今日はT中学校 初回 軸対象図形「ハサミチョキチョキ飛び出すカード」です。
今年度は生徒33人の大所帯。10分短縮の80分です。
a0210108_14574687.jpg

初めは折り紙建築「階段」を丁寧にゆっくり、
「スリット」で慣れて自由な心を呼び覚ましたら手放す。
講師の役目はこれだけです。
a0210108_1458189.jpg
a0210108_14584361.jpg

想像を創造へ結びつけた生徒達の作品を見て下さい。
a0210108_14585610.jpg
a0210108_1459821.jpg
a0210108_14593142.jpg
a0210108_14595093.jpg
a0210108_150262.jpg
a0210108_1501776.jpg
a0210108_1503731.jpg
次回はフラクタル「ブロックの組み合せをつくろう」(簡単な図面を描く)です。
2018年06月15日
保育園から帰ってきたら靴を持ってきて散歩の催促。

竹が生えていたら折って振り回す・しゃぶる。
ダンゴムシを見つけボールにする。
落ちてる梅の実を潰す。
汚れた手は?
はっぱで拭う。
坂道を駆けるから、こけて膝や肘を擦りむく。
傷口はヨモギを揉んだ汁で消毒。
一月前まで咲いていたツツジの花が消えて「無ーい」て嘆いてる。
散歩の犬に段々近づいて行きナデナデ出来るようになった。
蟻の行列が有る所で切れてるのに気が付く。
穴が有ったら手や棒を突っ込んで探る。
下の穴は石を落したり、落ちてる梅のみを落としたり。
もうツバメが飛んでいる。
外は良いね。
2018年06月14日
曲がる金属があると聞き博多阪急デパートへ。
能作錫100%の曲がるです。
ネットで数年前見かけ、かみの工作所:空気の器っぽい可変性が、
金属で出来る不思議さに憧れていました。
実店舗で触れれるなんて幸せ。
真鍮の風鈴・花器もモダンで金属光沢に吸い込まれる様。
箸置き片口なら買えるかも?
ギフトリストに能作も入れておこうっと。



2018年06月14日
Eテレ「私の好きな民藝」を観たばかりだし、
米朝首脳会議直後だし、
劇団民藝「SOETSU」は身近な芝居に成るはずだった。
が、
背景を聞きかじっている私は、
民族間理解なんて夢ではと思ってしまう芝居だった。
芝居中柳宗悦の理想主義的セリフが、
現実が見えていないのではと心配になる。
只々、支える隣人たち(妻を含む)の努力に敬服する。
彼らを動かす力が柳宗悦の思想にあったということか?
真面目に柳宗悦の本を読んでみようか?
余談だが、
朝鮮総督:齋藤 實登場が、写真で見知っている真間のリアルな姿で
どきりとさせられた。
a0210108_16572264.jpg

2018年06月10日
TVを観てると10分で寝落ちてしまうので、カプラながら。
写真で見たスクエアに挑戦。
一辺横3枚まで伸ばした所で、先に進まない。
これ以上どうやるの?
全然思いつかない(泣)。
円だと簡単に増やせるのに四角形は別物だ!
写真を見つけて真似るしかないね。
a0210108_23372555.jpg
さて翌日ツムツムにあえなく崩されるの巻。
a0210108_23413351.jpg

2018年06月09日
第九回Ⅲ-3「折り紙建築士養成講座 in 九州」でした。
お題は「180度V字タイプ―製図から製作」(使用テキスト「折り紙建築士養成講座」著:木原隆明/関連ページLesson19「モニュメント」24「Transamerica Pyramid」、23「Aフレームの家」)です。
a0210108_23222947.jpg
a0210108_23242685.jpg
a0210108_2325536.jpg

a0210108_22582845.jpg

180度V字タイプ軸対称の基本的図形「モニュメント」「Transamerica Pyramid」は製図がし易く出来上がりが安定して美しいです。5月にもコンパス作図をしたので、会員面々サクサクと実習。
a0210108_22592866.jpg
a0210108_22594840.jpg

回転対称図形「Aフレームの家」は図面デザインに安定して立ち上げる工夫が様々施されています。ただ作るのではなく設計意図を読み解くと楽しみが増す解説。
復習として紙目のお話も。
a0210108_2302744.jpg
「線が見えなくなって…」の隣ではスマホをスタンドライト代わりにしている会員も。
人が集まると知恵が集まります。

今回の情報交換会は充実していました。
5月会員作品「バナナ」の発展形と庇の出し方解説。
5月「バナナ」作家は今回は「きじ車」を作り披露してくれました。
a0210108_2333580.jpg
モニュメントをきじ車に発展させたって!
a0210108_2334964.jpg

課題から発想を拡げ自己創作へ落とし込む自由さが眩しい。
創作は喜びのはず。
講師は制約をつくり縮こまっていないかと反省しきり。
人が集まるとホント、刺激を受けます。
180度タイプ三回講座が終わり、次回は手前傾斜屋根の折り紙建築研究です。
「AMERICAN HOUSES」「折り紙建築 京の旅」「折り紙建築 奈良の旅」に出てくる様々な手前傾斜屋根作品を紹介したので、次回もオリジナル作品が出されると嬉しい。
a0210108_23211845.jpg

2018年06月07日
酒宴の場でも此の通り。
ハサミとケント紙は常時持参しないとね。
a0210108_23081776.jpg
言葉での説明だと難しそうだが、実体験だとスムーズで抵抗が無くなる。
前回紙・ハサミ持参を怠けての反省。


2018年06月03日
福井君のやっているまわし読み新聞に参加する。
100号まで辿り着いたね、に敬意を表して。
常連藤吉さん以外は初対面だが、それがまわし読み新聞の楽しいところ。
各自切り抜いた記事のこめんとをして意見交換する。
藤吉グループは話を深堀するからやっとこ2.5周。
素材を基にの話は限りなく広がり、相手の世界観も理解する。
B2程度画用紙に張り付けて津屋崎番まわし読み新聞100号ー3完成。
今回は三グループで三枚出来たのでさらに共有ディスカション。
15人で4新聞を共有して同じ切り抜きが全くなかったのが面白い。
15人15×3通りベクトルを示し意見交換が出来たということ。
創めた”むつさとし”さんも素敵だし、津屋崎で地道に続けている福井君も素敵!
時間が合う時また参加します。
豆知識:「まわしよみ新聞」を津屋崎では「廻し読み新聞」って書くんだって。
また、津屋崎ではディスカッション時間を充分に取るんだって。
2018年05月31日
「睦子ばあちゃんと花畑」のアイランドパークは、久保田農園横。
海が見える花畑はマリーゴールドで埋め尽くされていました。
a0210108_0434313.jpg
a0210108_0445097.jpg
四季折々の花に植え替えるには、何倍のバックヤードを管理しているのだろう?
a0210108_0455734.jpg
ツムツムは背伸びし、こんなアスレチックに挑戦。
and ヤギと密に触れ合う。
a0210108_0472291.jpg
福岡市都心から船10分の島はのんびり豊かな楽園でした。
a0210108_0521834.jpg

2018年05月31日
やっと能古島にやって来ました。
Yukaちゃん家族の久保田農園ミカン畑を見たかったのと
「睦子ばあちゃんと花畑」の現場を見たかったから。
さて連れはツムツム。
a0210108_012392.jpg
愛宕浜渡船場からフェリーで10分。博多湾に浮かぶ目の前の島。
今は甘夏収穫真っ最中。たわわのミカンが枝をしならせていました。
a0210108_052093.jpg
整備が行き届いたミカン畑はもみ殻が敷き詰められフカフカです。
a0210108_073252.jpg
甘夏は路地、デコポンはネットの中。
ネット柵は鳥除け。
デコポンの薄い皮を鳥が突いて食べてしまうんですって。
甘夏の皮は硬く嘴が通らないんだって。
a0210108_0183839.jpg
ブラッドオレンジは雨に当たって病気を貰うからハウスで保護するのだそう。
ミカン品種によってお家が違うのね。
温度管理や水量調整では無いみたい。
背の高いハウスでミカンの木は伸びやかに育っているし、もう可愛い実が付いている。
a0210108_0232598.jpg
a0210108_02435.jpg
これもミカンの仲間:フィンガーライム。
弓なりの実ならカクテルの供としてハイカラなバーに卸せないかな?
a0210108_0292451.jpg
作る人の顔が判り、農園の環境が判ると生産物がますます美味しくなる。
国産の珍しいブラッドオレンジや実がぎっしり詰まった甘夏はホントに美味しいもんね。
2018年05月27日
ポップアップショップは作品作家さんが売り場に立つ様です。
アクセサリー作家らしからぬの風貌T氏に作品紹介をして貰ったら、
工学としての材料使いが私のツボに嵌り、根掘り葉掘り聞きまくっちゃった。
素材はジッパー!
布に噛み合わせの歯が規則正しく並び、チャックを上げたり下げたりする例のあれ。
歯が虹色だったり、布が限りなく見えず歯が主役になったり、
歯列が一繋がりになりループになったり、三本歯列でチャック2個だったり、面白い。
傑作は、ジッパーで繋がった銀+金メッキリングです。
a0210108_232458.jpg
恋人と共有したり、合わせて嵌めたり自由自在。
金属に布をどうやって固定したのか?
溶接は出来ないから、叩いて締めるしかない訳でその労力を考えるとゾッとしてしまう。
ラスベガス見本市に持て行くそうです。
かの地の好き者の目に留まりますよう。
ジッパーに魅了されていたら
家庭画報6月号にジッパー仕様高級ネックレス掲載を見つけ、
これまたビックリ。
a0210108_23134061.jpg

2018年05月27日
大人は大人の楽しみ方がある。(本当は親子参加を目論んだワークショップのはずだったけれどね)
a0210108_2225965.jpg
折り紙建築「階段」では数式を持ち出し階段段数が増える法則を考える。
a0210108_22271892.jpg
バラエティに富んだ階段が生まれるのは、いきなり真っ新な紙にハサミを入れるから。
a0210108_22274450.jpg
折り紙建築「顔」はバラエティに富み楽しい。
a0210108_22292937.jpg
a0210108_2230213.jpg
丁寧に確認しながらハサミを入れる姿勢は大人ならでは。
a0210108_22312761.jpg
こんな思い思いの作品が生まれました。
2018年5月26日
第八回折紙探偵団九州コンベンション講座で
「ハサミチョキチョキ飛び出すカード」を行いました。
折紙作家講座の中から折り紙建築を選んでくれた参加者に感謝。
a0210108_0381725.jpg

60分講座で階段・基本スリット・応用スリット・自由作品と進め、
こんなバラエティーある作品が生まれました。
a0210108_0373619.jpg
a0210108_0391170.jpg
a0210108_039377.jpg
a0210108_040482.jpg
a0210108_0403277.jpg

今日のコンベンション基調講演でBeth Jonsonさんご自身の創作手法を3つに分け解説されました。1.PurposefuI意図的 2.Patterns パターン 3.Doodles落書き
ハサミチョキチョキはDoodlesに当たります。紙と遊び、技法に慣れ親しみ、沢山の失敗を重ねながら、イメージを増幅させデザインに昇華して行く過程がBethさんの解説とぴたりと重なり、講習にも生かせました。
コンベンションの共通語は英語です。
招待講師は米国人Beth Jonsonさん。
コンベンション2割以上は韓国人かな?
我が講座も韓国人が半分。
講師の「良い加減」を参加者が隣で”Same width””half of the length”と丁寧に解説してくれます。
講師は、参加者が発見して欲しいと意図して最小限解説なのです。
2018年05月24日
今年もスイカの季節がやって来ました。

すでに25度を越える夏日が続出してるけれど
スイカで涼を取るって気分ではない。
けどね、
此の坂田さんのハウススイカは、露地物より遥かに旨い。
で、我が家のデザートは5月からスイカ!
a0210108_23275453.jpg

2018年05月24日
a0210108_236788.jpg
「イレーヌ」嬢に会いに九州国立博物館に。
眼福とはこんな時に使うのね。
印象派の絵画が素晴らしいのはもちろん、
前後の作品群もビュールレさんの統一感が有って、心地よい空気が流れている。
元気をもらったその足で、もう一つ博物館に。
レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展
a0210108_2313422.jpg
模写だけでダ・ヴィンチ絵画を雄弁に語るのがとても面白い。
立体復元彫刻があって初めて判るディテールが多いのだけれど。
手記メモの沢山の立体モデルが展示されているのも面白かった。
3年ぐらい前NHK日曜日美術館で特集が有ったのだが、
なんと2015年から全国を回っていた。
イレーヌもタヴォラ・ドーリアも、ようこそ福岡へ、ありがたや。
2018年05月20日
今日は森林の日。
新緑の5月は気持ちよい。
ここ「なまずの郷」鯉が悠々と泳いでいる。
なまずは、橋げたの陰に隠れ餌をついばみにチョコット顔を出す。

今日の消費:鯉の餌100円なり。
a0210108_21585383.jpg
a0210108_21591670.jpg