2017年10月06日
「Tですが」って電話がかかる。
「T.Tの家内です。フラメンコのことで」
あぁ、大大先輩T.T氏の「凄い映画を見た、今日が最終日」数日前FB投稿に
「ここまで絶賛されたら観たい!最終日前に観賞し、UP記事を希望します」
とコメントしたのだ。
電話は
「もう一本アントニオ・ガデス舞踊団映画が明日最終日10月6日10:00~、観てね」
この映画は一日一回、短期間しかやらないらしい。
しかも2,800円!
さて、わざわざお電話で感動を伝えられたので、無理して出かけて鑑賞。
フラメンコって情念のダンス。
先日観た坂東玉三郎×鼓童「幽玄」と、まるで違う。
肉食+乾燥大陸と米食+多湿島国の違い?
Pinaとも違う。
大迫力で迫ってくるのだが、
生もの好きの私は、
目の前で汗と息づかいが聞こえて来る
2010年バルセロナで鑑賞したフラメンコショーが(上等のを観たみたい)
懐かしい。

2016年12月13日
やっと「君の名は。」鑑賞。
映画ぐらいは夫婦で見たい。
これは「恋人や夫婦で見よう」と勧められていたのでなおさら。
新聞やNHKで盛んに取り上げられたので、5ケ月立ってやっとツレも乗ってきた。
主題歌を良く耳にし、そんなノリ?て不思議だったのだけれど、
冒頭、曲が流れた瞬間、映画世界に引き込まれちゃった。
時空を超える話って嵌るし、巫女の家系、組み紐ってのが良い。
現実主義妹:四葉がツボ。
SFやファンタジーを読まないツレには、付いていけなかったみたい、モッタイナイ。
「とりかへばや物語」は古典だし、
タイムマシンで過去を修正し現代が変わる(平行した時間軸が増える)話は
たくさん見聞きしてきたはずなのにね。
a0210108_2253372.jpg

2016年10月14日のこと
「シンゴシラ」鑑賞後、1954年版「ゴジラ」DVDを追っかけているが、
レンタルショップのケースは空のまま。
仕方なしに「地球防衛軍」を借りてきた。
ゴジラじゃないやん!
いえいえ、監督と音楽が「ゴジラ」です。
ソファーに座ると寝てしまうワタシ、手仕事を持ち込まないと2時間持ちません。
何しながら観るか?今日はカプラ!
映画はゆっくり、静かに進む。
面白かったのは、

「大昔の映画なんて面白くない」とケチをつけていたツレが
「この画面覚えてる」「こんなんだたけ?」と夢中になっていたこと。
当時、感激して絵を描き、出展したんだって。
制作途中兄弟に「塗りつぶされて、絵が台無しになった」
1957年公開映画、当時小学低学年!

これは、サンダーバードだ!
1965年英国人形劇版より、8年も早く地球防衛軍が存在していたのに感激!

宇宙人が人間型なのはおかしいでしょう。
スタートレックに出てくる地球外生命体に関して論じた「異環境で人間型になる可能性は無い、想定外の形状」の記事を読んでいたので、予算が無いとこんな仕掛けかな?と笑っちゃった。

女性の衣装が美しい。
どの女性も衣装がハイセンスで、体に張り付いているのにびっくり。
エキストラであってもウエストがくびれていないと映画に出れないの?
ダボダボ男性陣に対し極端で可笑しかった。

本物の炎は迫力がある。
山火事から始まる。大洪水もある。
特写も多用しているが、メラメラ燃える本物の炎は迫力がありますね。

音楽は古びない。
場面展開に古色を感じても、音楽は時代を超えるのね。
実は、自衛隊場面にいつも使われる伊福部昭の音楽が、最初はどうだったのか聞きたくて借りて来たのだが、良かったワ。

1人でカプラかまくら完成。
子ども達5人以上入れる本格カプラかまくらは、3,000ピース位使うけれど、写真のは700個程度。キャンティの練習を時々しておかないと、WSの時失敗は出来ないからね。
a0210108_11171477.jpg

2016年09月28日
絵本『グレイリングー伝説セルチーの物語ー』を思い出し、胸が締め付けられた。
映画『レッドタートル ある島の物語』を観ての事。
人により、自然描写の凄さだったり、鶴の恩返しだったり、するのだろうが、
巣立ちの話と受け取るのは、ツムツムのせい。
「孫は責任がないから可愛いばっかり」だなんてウソ。
まともに生まれてくるのか、
生まれたら生まれたらで育てられるのか、無事に大きくなるか、
子と孫の心配。
直接手も言葉も出せず、ストレスが溜まる。
それって、子離れ出来てないってこと?
クールな親を演じているだけなのかもしれない。

映画『レッドタートル ある島の物語』は、素晴らしく美しく、悲しい観念的映画だった。
好みだけれど、映画と言う手段で創らなくても良い(絵本でも可)と不遜なことを考えた。

2016年09月03日
映画シン・ゴジラの2回目鑑賞準備で、エバンゲリオンDVDを借りたり折り紙を折ったりゴジラ展にいったり楽しんでいる。
今日は、こんな記事を見つけ満悦。
a0210108_2148587.jpg
男の子だけではない、女の子だってその当時夢中になって、今も夢中なのを知ってるかな?
2016年08月28日
シンゴジラの追っかけその4-折り紙進捗状況
三谷純氏がシン・ゴシラで使われた折り紙折図をFB&ツイッターで公開している。
左折り紙は記憶にあるが、右折り紙も在ったっけ?
やはりもう一度観ないとネ。
a0210108_1682741.jpg

2016年08月24日
シン・ゴジラを見たのは8月6日
感想を言うには膨大な情報量で、もう一回鑑賞したいと思って、お勉強をしている。
その1
エヴァンゲリオン劇場版 序・破・Q三部を観る。
「テレビ版も見なくっちゃ」と言うと友人、「エヴァを見ても判るものじゃない」と言う友人
が、初見の私としては、
深読みしたくなる作風、
ヒトガタを出すところ、
動と静テンション分け、
を知れただけで充分。
その2
福岡市立美術館「ゴジラ展」を観る
各回変わっていったゴジラ形状は知ったので、もっと姿を味わってみよう。
CGと実写モデルの違いはあるが、建造物破壊場面を注視しよう。
超高層ビルがタワミなく横倒しになるのは頂けないと観えたが、どうだったかも再観で確認しよう。
その3
初代「ゴジラ」DVDを探す。
近所のDVD店の在庫は2本。いつ返却されるのか、予約が効くのか聞きに行こう。
その4
折り紙監修に三谷純さんの名が挙がっていて、ご本人も「折り紙ノートの一部が使われたようだ」と書いているが、映画で観たかぎり、あれだけ?の印象。もうちょっと背景にも気を配ってみよう。
その5
「音楽に痺れた」という友人がいる。
原音予習をして、2回目は聴けるようにしよう。
その6
車両情報を収集しようか?
東京各路線に詳しい人には何線がやられ、何線を無人操縦してと判るのだろうが、
地方人には、車両を見てもピンとこない。

と、ぐずぐずしていると映画館上映はすぐ終わってしまう。
4DX2D は、昼と夜2回で、タイミングを合わせるのが難しい。
8月27日(土)から2週間【IMAX®版】再映だって。この時期に見なくっちゃ!
2016年02月19日
ずっと息を止めて鑑賞してたようで、終わったら肩がこりこり。
ポジティブで科学的でスリリングで、ああよかったって映画。
映画評では、もっと愉快と思っていたけれど、
ギャグを理解できない受け手(私)の言葉の壁かも。
私のツボに一番嵌ったのは「エルロンド」
ショーン・ビーンともう一人ぐらいロード・オブ・ザ・リング出演者が居たらより盛り上がるのに。
様々な人種登場なのもエルロンド会議っぽくって楽しかった。
悪役が一人もいない映画っていい。
基礎科学知識が生きる力になるって実感できるのもいい。
高校まで幅広く学習している。
惜しいのは実社会・実体験と結びつけて学ばなかったこと。
役に立つと体感していれば、卒業と同時に全部忘れることはなかっただろうな。

2015年08月09日のこと
a0210108_13461022.jpg
トライアスロン練習会に帰省した子Sと
家族でジェラシックワールドを見に行くことに。
こんな恐ろしい映画は家族で見なくっちゃね。
て言うか、映画ぐらいは家族と楽しみたい。
先月は子Aとターミネーター
メジャー大作映画が同じ町内で見れるのはイオンさまさま。
映画館を出たら外の熱気が身に沁み、
ジェラシックパークもターミネーターも猿の惑星もアイ,ロボットも皆同じ、
人類の警告に思へ、いたたまれなくなっちゃった。
1993年ジェラシックパークのCG画像のリアルさに度肝を抜かれ震え上がったが、
2015年版は、自然で明るい3Dで迫力が増し恐ろしい。
世の中がこんなに刺激的になると、ジェラシックワールド物語内の様に
「アトラクションとしてより刺激的恐竜を定期的に投入」する思考になるんだろうな。
エアコン無、炊飯器無、携帯無は文明へのささやかな個人的抵抗なんだけれど。
2015年05月01日のこと
4/30NHK放送所さん!大変ですよ「文房具”爆買い”騒動の謎」を視たツレの話で興味を引いたのは、
アメリカ数学者達の羽衣チョーク1トン注文の話。
数学者は、黒板にチョークで数式を描き、頭と連動して手を動かしながら思索を練ると言う。
チョークが折れたらリズムが乱れ思考停止になると言う。
「インターステラ―」「ビューティフルマインド」「博士の愛した数式」等の映画黒板シーンを思い出す。
数学者や物理学者が黒板全面に数式を書き連ねているのは演出ではなく事実だった!
Hとこの話を繰り返し、
「インターステラ―面白かった?」
「異次元空間からモールス信号で情報提供や過去と現在が繋がるのは、SFとファンタジーの合体で有だよね」
「40年近く前理解できなかったガンダムのコロニー形状が、全く同形で映画に出てきて、あの当時の宇宙感が現在でも最先端だったのは嬉しくなっちゃうね」
「韓ドラは40-50年前の少女漫画そのものみたいだけれど、日本アニメ・マンガってその頃すでに絶頂期で中身が深かったよね」
なんて共通趣味体験から話が展開できて楽しかった。
子どもの頃話さなかったHと共通趣味が有る発見も面白い。