タグ:折り紙建築ワークショップ ( 85 ) タグの人気記事

2018年01月20日
福津市T中学校総合学習授業「ポップアップカード」第4回目授業「階段創作」最終授業でした。
三面図・斜投影図学習+創作の過密授業です。
前回授業「椅子を創ろう」で三面図実習を省略したので、今回時間を割きます。
創作に充てる時間が短くなりかなり苦しい。
結果は…
完成作品発表が出来なかったのが口惜しい。
創作意欲高い生徒が多く90分授業では収まらない。
H中学校総合学習授業110分との20分差は大きいのです。
しかしながら、与えられた時間内で最大の結果を出すのが指導者の仕事。
まだまだプログラム改善必要です。
来年度は簡単な課題にするか、製図学習を薄くするか悩みどころ。
今年度のT中学校は、
初回TV取材には始まり、3回目は短縮授業、4回目は3人のアシスタントが入る、
という賑やかな授業だったにかかわらず、生徒達は淡々とマイペース。
それに助けられた講師でした。
a0210108_232247.jpg
作業が始まると、男子生徒は沈黙集中、女子生徒はお喋りと作業同時進行、
ハッキリと性差が現れ、面白かったです。
a0210108_2333563.jpg
解説は後回し。まず、モデルを自分の手でつくり、体感します。
a0210108_2341651.jpg
三面図-平面図・正面図(立面図)・側面図も、実寸モデルを見ながらの作図ですから、サクサク描けます。
a0210108_235554.jpg
奥行概念不慣れな生徒には、投影図は苦手。
ドット方眼45度√2/2の斜投影図(作:木原隆明)だと、
作図が楽で、描きながら徐々に判ってきます。
作図は個体差が出るので、理解の早い生徒にはモデルの斜投影図も完成させました。
a0210108_2375357.jpg

彼女のように、モデルを参照し、ちょっと工夫創作すれば、全員時間内完成だったのですが…
a0210108_238399.jpg
この橋は立ち上がるのか?
(無理)
カットしてみて、自分の考え違いに気が付くことも必要です。
a0210108_2395653.jpg
「ベンチが有る階段で、2層目に入口がある」
物語が有る作品は楽しい。
a0210108_23122042.jpg
「聞いたことは忘れ、見たことは覚え、やったことは理解して、見つけたものが身につく」中国の荀子の言葉
これから沢山の体験と発見を積んで歩んでいって下さい。

全国の小中学校で総合学習授業は行われている筈。
柔らかな知能育成期に、空間認識能力育成のこのような体験・創作型授業が、
もっともっと取り入れられて欲しいと切望します。
2018年01月13日
第四回目「折り紙建築士養成講座 in 九州」でした。
基礎コース3回を終え、プログラムⅡに入りました。
お題は「なだらかな曲面・斜面表現」(使用テキスト「折り紙建築士養成講座」著:木原隆明/関連ページLesson38・39)です。
前半は、型図用主投影図と曲面下書きから図面を起こしモデル立ち上げ、
後半は、自作作品brush upの予定でした。
2回目・3回目の製図では参加者全員スムーズな作図だったので、製図は大丈夫と思ったのです。
甘かった!
過去2回の製図は、
実態があるモデル(3D)を見ながら、それをそのまま絵(2D)にする作業でした。
図を分解し再構成する製図は、図面読解能力が必要です。
日頃図面に触れない人(7割)には実体が無いものを絵にするのは難しいようです。
前回同様モデル作りから始めるべきでした。
自作brush upは持越しです。
a0210108_23265054.jpg
a0210108_23271848.jpg

しかしながら、東京国際フォーラム製図で両端エッジを利かせた案にさらりとするU氏のような縛られない参加者もいますから、楽しい。
a0210108_23273731.jpg

上級者には、テキスト階段屋根をなだらか曲面にする演習も行いました。
次の写真の仕上がりは間違い。2枚目が正解です。
a0210108_232891.jpg
a0210108_23284294.jpg

講座は、失敗を共有でき、学びの幅が広がり、ありがたい場です。

次回は、2回続けて90度角錐タイプです。
図面アレルギーを起こさず、角錐タイプを実習を交えて学習するという難題を、講師に突き付けてきた、今回講座でした。
情報交換では、
折り紙建築0度タイプ紹介、エッシャーのテセレーション折り紙建築を紹介しました。
2017年12月20日
結構シビアなミーティングが終わって、
「折り紙建築って簡単ですよ」とハサミと紙を渡します。
流石、物づくりに関わってる人たち、最初からクリエイティブ!
a0210108_139341.jpg
a0210108_1333843.jpg
a0210108_1341389.jpg

賢い人たちって瞬発力が有り、即決し、話が前に進んでいく。
ぬるま湯の私着いていけるか?
しかし、会議を焼き鳥屋でするなんて我が同窓会だけですよ!
2017年12月17日
今日午後は那珂川町ふれあいこども館で
「ハサミチョキチョキ飛び出すカード」ワークショップでした。
小1~小5まで9人がそれぞれハサミチョキチョキ取り組みました。
小学5年生組は、ハサミ階段が1段、3段、7段に増えたのを観察し
次は15段、31段と予測が付けられたのだから、さすが鋭い。
それぞれの立場で楽しめたはず。
しかしながら、
五月雨的に入ってくるお友達対応はとても難しい。
先行している友達も集中力が削がれ、創作へと進みにくい。
後発隊は場の雰囲気に馴染めない。
少人数でも入室禁止で集中してつくる方が良いですね。
a0210108_21395020.jpg
a0210108_2140761.jpg
ダブルワークショップで、不特定多数の子ども達と、彼ら以上の遊び心を持っての一日は流石にくたびれます。
でも一息つくと「来年はどんなワークショップをしようか」と思いを巡らすのでした。
一杯遊んでくれたお友達ありがとう。
第三回目「折り紙建築士養成講座 in 九州」でした。
a0210108_23375155.jpg

お題は「階段を創ろう」(テキスト関連ページLesson7~10)です。
前半60分はサンプルモデルつくり、三面図・等角投影図をしっかり描き、
後半60分で創作です。
先月「住宅を創ろう」で参加者全員が意欲的作品を時間内に完成させたので、
「住宅では正面図に奥行を付け足して立体化した作品が多かったように思いますが、今回は直方体と直方体の組み合せを考えて行きましょう」とプレッシャーをかけてしまったようです。また抽象的題材に創作イメージを膨らませられなかったのか、戸惑っている人も結構いました。
創作課題ではイメージづくりが重要です。迷い人に手の届く道を示せさなくっちゃと反省。
そんな中、エスキスで型図用主投影図(次回学習予定)を描きながら考える達人Mさんや、
a0210108_23383546.jpg
今日学習の等角投影図でスケッチを起こし三面図で確認しながら作品づくりをするUさんには、
a0210108_23385976.jpg
救われました。
あと10分延長すれば倍の作品が並んだはず!
a0210108_23393044.jpg
a0210108_23394685.jpg
a0210108_23403551.jpg
a0210108_2341231.jpg

講座終了後の情報交換では、こんな作品達と自作90度角度保持スタンド、クリスマスオーナメント製作本、が出て来ました。このコーナーも充実させたいです。
a0210108_23414146.jpg
a0210108_23415926.jpg
さて、創作基礎3回が終わりました。次回からはテキスト「折り紙建築士養成講座 」に沿いながら、折り紙建築の創作力養成講習を行っていきます。
随時入会可です。またテキスト「折り紙建築士養成講座 」をお分けすることも可能です。メッセージ下さい。
2017年12月03日
子どもの村福岡でのワークショップのお話を頂いたのは今年3月。
6月開催が流れ、今日の実施となりました。
季節柄クリスマスカードですね。
a0210108_12243761.jpg
a0210108_122458100.jpg
a0210108_12251912.jpg
建物情報は既知でも、
子どもたちへの想像が妄想になり空回りしていました。
昨日12/2のパニックから生還できず、何も考えれずに臨めたのは良し。
準備はシッカリしましたよ。
a0210108_12255560.jpg
進行は臨機応変、自由自在。
4才から小5年生まで、抱きつかれながら楽しいワークショップになりました。
a0210108_12264449.jpg
口はとんでもなく悪いけれど、物づくりは大好きなNちゃん(写真奥)といいコンビになったかも?
手前の子は黙々と手を動かす職人気質。
a0210108_12285677.jpg
台に並んでいない恥ずかしがり屋の作品をお見せできず残念です。
a0210108_12313558.jpg

2017年12月日2日
福津市T中学校総合学習授業「ポップアップカード」第3回目授業「椅子を創る」でした。
9月16日2回目から2か月半ぶりです。
今回の中学生目標は、
①椅子の創作
②三面図が描けるようになる
学習目的は
①創作は楽しい
②製図は制作の手段であり難しくない
です。

のはずでした。
私の手帳には12/16 T中学校と書いてあります。
が、
8:55電話が入って頭が真っ白。
資料をかき集めて、学校に向かいます。
パニクってるので実習教室階も間違える始末。
深呼吸、深呼吸。

基本モデルを切り折りして
三面図の解説をして(実際の製図は宿題にして)
スケッチして、創作です。
a0210108_11251998.jpg
a0210108_11254042.jpg

90分授業が70分弱になってしまったにも拘らず、
優秀な生徒達の全作品を見て下さい!
a0210108_1126621.jpg
a0210108_11262157.jpg
a0210108_11264421.jpg
右下=座面が出た「長椅子」もキチンと折り畳めます(正しい製図)。
a0210108_11265665.jpg
右下=「椅子on椅子」制作者は奥行概念を理解し正しい製図をして創り上げました。

短縮授業、図面を使う創作は初めてに関わらず、
全員の個性豊かな椅子が並びました。
畳め、立ち上がります。
優秀な生徒達、4回目 2月「創作階段」が最終です。
もっと授業枠を下さい!
スケジュール管理も怠たらず(何処で食い違ったの???)
2017年11月28日
今日、中学校で学校教員と総合学習講師との振り返り懇話会が有りました。
「図形サッパリ判らない、嫌い」と話していたM生徒が、
5回目授業で初めてヤル気を見せ、いの一番に製作を終えました。
そのMさんが「数学授業でも積極的に取り組むようになった」と聞きました。
「嫌い&苦手」のフルターが外れ、学ぶ気持ちになったようです。
数学教師の話では、数学好きの生徒でも幾何は苦手な子が多いそうです。
「ポップアップカードにチャレンジ!」プログラムは
幾何学を創りながら発見し、
想像を創造ていく授業です。
面白くない訳がない。
面白い実体験から、学ぶ姿勢が育ったのなら、
こんな嬉しいことはありません。
2017年11月25日
福津市郷育カレッジ(市民大学)で「飛び出すクリスマスカード」創りをしました。
園児から80代年配者まで22人各自の
思いの詰まったクリスマスツリーと雪の結晶が生まれました。

年齢層が広いと基準を絞れないのが講師の辛いところ。
誰もが理解できるように丁寧に、且つ出来る人はどんどん先に進めれるように自由度を設けます。
折り紙建築自由創作ワークショップは、
ルールは簡単明瞭、幾らでも進化できるので、
こんな時ピッタリだと思います。
a0210108_16224427.jpg
a0210108_1623545.jpg
a0210108_16232690.jpg
自由制作では、大人より子どもの方が伸びやかで発表も堂々としています。
「(背景に)銀河の星を目打ちとポンチで細かく開けました」小学3年生。
a0210108_16243838.jpg
同じく、大人を唸らせた小学5年生。
a0210108_16251134.jpg
ワークショップ手順1.
Xmas折り紙建築と「ツリー」&「雪の結晶」参考作品を飾っておきます。
a0210108_16255137.jpg
ワークショップ手順2.
基本のハサミでつくる折り紙建築「階段」で、カミ慣らし。
a0210108_16264145.jpg
ワークショップ手順3.
基本形「ツリー」をハサミでつくります。
a0210108_16271352.jpg
ワークショップ手順4.
基本形「雪の結晶」をハサミ又はカッターでつくります。
カッターに慣れていない人は無理をせずハサミで。
小学3年生この子は、目打ちで折線付けも直ぐ習得しました。
a0210108_17141176.jpg

ワークショップ手順5.
自分の考える(Xmas)ツリーの絵を描いて、切り折りして立体化させます。
a0210108_16284640.jpg
ワークショップ手順6.
自分の考える雪の結晶を基本形の上に描いて、切り折りして立体化させます。
a0210108_16291745.jpg
市民大学らしく老若男女 年齢差80年の参加者達。
子ども達は結果を恐れず、遊びの延長で取り組み、夢中になる。
対して大人は、自由創作に慣れておらず、手が止まってしまう。
自由って大人には恐ろしいことかもしれない。
a0210108_16294572.jpg

2017年11月20日
福津市H中学校総合学習授業「ポップアップカードにチャレンジ!」第5回目最終授業「ピラミットとサイコロを折り畳んでみよう」110分でした。
a0210108_22583444.jpg
今回の中学生目標は、
「展開図から畳める飛び出すカードを創る」
講師目標は、
「難しい内容を楽しい体験にする」
です。
1.折り紙建築「クフ王のピラミット」180度切り起こしタイプモデルをつくり、
a0210108_22134514.jpg

2.立方体展開図を描き、
a0210108_22141731.jpg
3.折り畳み軸線を探し出し、
a0210108_22145361.jpg
4.飛び出すカードを創ります。
a0210108_22172547.jpg

展開図を組み立てると立体が立ち上がるのは小学校でも体験しているはず、では畳める条件は?生徒達が「軸対象だ!」と答え、T型展開図を半分に折って「これも軸対象です」「軸対象で、且つ開くと立体になるカタチ」と生徒が補正答えを出し、楽しい学び合いの場になりました。
それでも教科書的展開図ではなく、各自思い思いの展開図を描き挑戦するので大変です。今回出てきた展開パターンは6種類。
最後まで図面で検討し立ち上げるプロまがいの生徒(もちろん自由人F君)もいました。
a0210108_22183045.jpg
a0210108_22194756.jpg
パターン2
a0210108_2221498.jpg
a0210108_22221013.jpg
パターン3
a0210108_22225052.jpg
a0210108_22232411.jpg
パターン4
a0210108_22244117.jpg
パターン5
a0210108_22253459.jpg
パターン6
連量220kgの厚い紙を使い、折筋も甘いので紙抵抗が強く、
立方体の口が開いていますが、理論上は180度開いた時閉じる設計です。
a0210108_22573916.jpg
a0210108_22575444.jpg

盛り沢山の5回実習授業に、
最後まで楽しそうに取り組んでくれた生徒たちに感謝です。
講師の先を行き自由自在に展開させたF君、
子犬のように「先生、先生」と懐いてきたO君、
全くヤル気無さそうにそっぽむいていて最終回は掛け合い漫才のように要点をまとめてくれ一番に仕上げたMさん、etc.
皆のハーモニーでとても楽しい授業展開になりました。
生徒目線の講座担当教員FI先生のおかげも大です。