タグ:カプラ ( 27 ) タグの人気記事

2017年12月23日
カプラでクリスマス。
ツリーとトナカイの次はお星さま。
a0210108_12385128.jpg
a0210108_12393365.jpg
すぐ壊されちゃったけれどね。
2017年12月17日
今日午前は那珂川町ふれあいこども館で「一万個カプラ®で遊ぼう!」でした。
今回スタッフは、レゴ先生・マジシャン・折り紙創作者・新人建築士・新人電気技師と私。
「こんなのつくりたい」と言ったらカタチになる頼りになる仲間たちです。
小さいお友達が多く
皆でナイアガラの滝は何遍積んでも失敗したけれど、
なかなかバラエティーに富んだ作品群が立ち上がりました。
「クリスマスツリーを一杯生やそうね」って始めに伝えたのだけれど、
一方向に向くのが元来嫌いなリーダーの心情を見透かされたようです。
a0210108_21162471.jpg
a0210108_21165242.jpg
同じ高さのはずなのに、左右の高さがずれてアーチになりそこねた門。
良く働くカプラたちはすり減り方が異なるからね、致し方なし。
a0210108_21181717.jpg
折り紙作家のバベルの塔が出来るはずだったのだけれど、やはり藻屑となりました。
a0210108_2119339.jpg
a0210108_211919100.jpg
トナカイもカマクラもだ来たのだから申し分なし。
a0210108_2120912.jpg
中には達人親子(小3?)も居て唸る様な組立をしていました。
一万個あると思いっ切りつくれるんだよね。また来年、遊ぼうね。
2017年12月11日
12月17日那珂川町ふれあいこども館「一万個カプラ®で遊ぼう!」は、
これで決まり!
カプラ師匠の真似だけどね。
a0210108_846739.jpg
統一テーマでしたことないけれど、子ども達付いてきてくれるかな?
2017年12月02日
今日は引き続き、地域小学校のふれあいフェスタで「カプラ®で遊ぼう!」です。
下準備は拭き掃除から。
楽しく遊べるように作品もつくっておきます。
「カプラ入場門」「メインタワー」「ナイアガラの滝」「イモムシ君」「雪だるま」が出来ました。
a0210108_11583228.jpg
a0210108_1159066.jpg
始まれば子どもらが自由に遊びます。
6年生坊主たちがカマクラに装飾をはじめて、こんな具合に。
a0210108_1244698.jpg
a0210108_125561.jpg
初めと終わりでつくったナイアガラの滝も無事流れて
a0210108_1262728.jpg
今年も楽しいカプラ®で遊ぼうでした。
来年も出来るかな?
2017年11月26日
来週末の小学校フェスタ「カプラで遊ぼう」の教室入口に入場門をつくりたい。
スタッフ不足でたった2人だから時間との勝負になる。
簡単に早く出来る積み方はこんなのか?
a0210108_2154477.jpg

ツムツムに「壊したらだめ、壊したらだめ」って言い続けたから
「壊していいよ」と放しても、
ツムツムも、カプラを積むつもりで上にのせて、
崩れてしまってこの表情、制限させてごめんね。
a0210108_21555326.jpg

夜、
相棒スタッフが孫二人連れてくるって、吉報電話あり。
キチンと積める位大きくなった孫がいるんだ!
ツムツムを連れて行けるようになるまで、小学校カプラワークを続けられるか!?
2017年11月23日
ツムツムが道具を使いだした!
「人間は、言葉と火と道具を使う動物だ」と言う。
いよいよ人間に近づいてきた感あり。

何でも引っ張り出し口に入れて確かめていただけのツムツムが
我が家の棒を何でも引っ張り出し振り回していた。
踏み台に上りカウンター上の物も玩具にする。
そこまでは自然な流れ。
今日は、カプラで植木鉢を穿りだし、
蠅叩きを使い、手の届かない神棚の中を漁り始めた。
あーぁ、回出位牌を壊されちゃった。
回出位牌屋根の丸飾りをくわえて喜んでいる。
道具の使い方を覚えたから、もう手が出せない置き場は無い。
紙心棒を吹いて音を出したり、
ピアノ鍵盤を押して大喜びしたり、
日々新たな遊びを発見して楽しそうなのだけれど、
破壊はカプラだけにして欲しいな。
a0210108_025572.jpg
a0210108_0254380.jpg

2017年09月3日
ツムツムもカプラ®好きになって欲しい。
今はかじったり、壊すばかりだけれど、
その内真似をするようになるだろうと期待している。
a0210108_2221991.jpg
自分で倒したんだから
a0210108_2231275.jpg
泣くなよ。
a0210108_2235354.jpg

2017年08月02日
学童保育所に呼ばれ「カプラ®で遊ぼう!」をしてきました。
昨年、学童在庫2,400個では全然足りず、2,000個借りてのワークです。
カプラ高さ積み13m20cm日本一更新のニュースで盛り上がってるだろうと思って
今回は「高く積む挑戦をしよう」と、こんな準備をしました。
a0210108_1823593.jpg
a0210108_18231970.jpg
が、
1、2年生が2/3の45人!
日本語、通じません。
キャーキャー叫びます。
ひたすら走り回ります。
ぎゅーぎゅう詰(「ネル」のみ)で積みます。
a0210108_1824365.jpg
4,400個でも全然足りません。
ぶつかってくるから、
カマクラもナイアガラの滝も完成前に崩れてしまいます。
ヤットコサットこのナイアガラの滝で、締めることが出来ました。
a0210108_18263716.jpg
8歳以下の男の子は赤ちゃんと思って接すべし。
それでも参加したスタッフは、
子どもたちが、真剣に遊ぶ姿がみれて、感動しました。
環境がととのえば、子どもたちも楽しく
協力しながら遊ぶんだな~と感心しました(^o^)
だって。
優しいよね。
施設の応募してくる目的意識のある子と違って、
一般団体・学校では、素の子ども達との接触で、鍛えられます。
2017年08月01日
明日は「カプラ®で遊ぼう!」です。
施設から2,000個借用するので4,500個、これなら取り合いにならずに済む。
子どもって、遊びの中で発見し展開するのが本来の姿だが、
ちょっと達人が遊びに加わわると、幅が広がる。
そんなワークショップになればいいな。
カプラと、ちょっとご無沙汰していたのでカマクラを作ってみた。
手は覚えていて勝手に組んでくれるのだが、両足が攣って泣きたくなった。
暑いからって運動をサボったツケですわ。
a0210108_035818.jpg
a0210108_042053.jpg

8月2日追記
そのまま崩すのは惜しい。
支柱を少しづつ抜いていく。
135°近く支え無しで建っている!
a0210108_2240404.jpg

2017年06月22日
久しぶりにカプラ®を引っ張り出す、TVを見るために。
TV見てると寝てしまいませんか?
不眠症の私でもTVの前だ物の10分で寝てしまう。
TVって、眠りに誘う周波数を出してるのかしら?
で、
予備勉強のためのTNCテレビ西日本「ももち浜ストア夕刊判」視聴中、
カプラと遊んだ。
時間内に積んだのがこれ。
a0210108_22192550.jpg
その後、少しづつ垂直支えを抜いて
a0210108_22204479.jpg
32本抜きで倒壊。
木の香りと無心に積む作業で癒やされる。
TVもちゃんと寝ずに視れました。