<   2017年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2017年11月28日
今日、中学校で学校教員と総合学習講師との振り返り懇話会が有りました。
「図形サッパリ判らない、嫌い」と話していたM生徒が、
5回目授業で初めてヤル気を見せ、いの一番に製作を終えました。
そのMさんが「数学授業でも積極的に取り組むようになった」と聞きました。
「嫌い&苦手」のフルターが外れ、学ぶ気持ちになったようです。
数学教師の話では、数学好きの生徒でも幾何は苦手な子が多いそうです。
「ポップアップカードにチャレンジ!」プログラムは
幾何学を創りながら発見し、
想像を創造ていく授業です。
面白くない訳がない。
面白い実体験から、学ぶ姿勢が育ったのなら、
こんな嬉しいことはありません。
2017年11月26日
来週末の小学校フェスタ「カプラで遊ぼう」の教室入口に入場門をつくりたい。
スタッフ不足でたった2人だから時間との勝負になる。
簡単に早く出来る積み方はこんなのか?
a0210108_2154477.jpg

ツムツムに「壊したらだめ、壊したらだめ」って言い続けたから
「壊していいよ」と放しても、
ツムツムも、カプラを積むつもりで上にのせて、
崩れてしまってこの表情、制限させてごめんね。
a0210108_21555326.jpg

夜、
相棒スタッフが孫二人連れてくるって、吉報電話あり。
キチンと積める位大きくなった孫がいるんだ!
ツムツムを連れて行けるようになるまで、小学校カプラワークを続けられるか!?
2017年11月25日
福津市郷育カレッジ(市民大学)で「飛び出すクリスマスカード」創りをしました。
園児から80代年配者まで22人各自の
思いの詰まったクリスマスツリーと雪の結晶が生まれました。

年齢層が広いと基準を絞れないのが講師の辛いところ。
誰もが理解できるように丁寧に、且つ出来る人はどんどん先に進めれるように自由度を設けます。
折り紙建築自由創作ワークショップは、
ルールは簡単明瞭、幾らでも進化できるので、
こんな時ピッタリだと思います。
a0210108_16224427.jpg
a0210108_1623545.jpg
a0210108_16232690.jpg
自由制作では、大人より子どもの方が伸びやかで発表も堂々としています。
「(背景に)銀河の星を目打ちとポンチで細かく開けました」小学3年生。
a0210108_16243838.jpg
同じく、大人を唸らせた小学5年生。
a0210108_16251134.jpg
ワークショップ手順1.
Xmas折り紙建築と「ツリー」&「雪の結晶」参考作品を飾っておきます。
a0210108_16255137.jpg
ワークショップ手順2.
基本のハサミでつくる折り紙建築「階段」で、カミ慣らし。
a0210108_16264145.jpg
ワークショップ手順3.
基本形「ツリー」をハサミでつくります。
a0210108_16271352.jpg
ワークショップ手順4.
基本形「雪の結晶」をハサミ又はカッターでつくります。
カッターに慣れていない人は無理をせずハサミで。
小学3年生この子は、目打ちで折線付けも直ぐ習得しました。
a0210108_17141176.jpg

ワークショップ手順5.
自分の考える(Xmas)ツリーの絵を描いて、切り折りして立体化させます。
a0210108_16284640.jpg
ワークショップ手順6.
自分の考える雪の結晶を基本形の上に描いて、切り折りして立体化させます。
a0210108_16291745.jpg
市民大学らしく老若男女 年齢差80年の参加者達。
子ども達は結果を恐れず、遊びの延長で取り組み、夢中になる。
対して大人は、自由創作に慣れておらず、手が止まってしまう。
自由って大人には恐ろしいことかもしれない。
a0210108_16294572.jpg

2017年11月24日
音が出るのが嬉しくてしょうがない。
昨日は、手全体で鍵盤を押し潰す不協和音だったのが、
今日は、指で一音一音押さえる名ピアニストぶり。
a0210108_2254035.jpg

2017年11月23日
ツムツムが道具を使いだした!
「人間は、言葉と火と道具を使う動物だ」と言う。
いよいよ人間に近づいてきた感あり。

何でも引っ張り出し口に入れて確かめていただけのツムツムが
我が家の棒を何でも引っ張り出し振り回していた。
踏み台に上りカウンター上の物も玩具にする。
そこまでは自然な流れ。
今日は、カプラで植木鉢を穿りだし、
蠅叩きを使い、手の届かない神棚の中を漁り始めた。
あーぁ、回出位牌を壊されちゃった。
回出位牌屋根の丸飾りをくわえて喜んでいる。
道具の使い方を覚えたから、もう手が出せない置き場は無い。
紙心棒を吹いて音を出したり、
ピアノ鍵盤を押して大喜びしたり、
日々新たな遊びを発見して楽しそうなのだけれど、
破壊はカプラだけにして欲しいな。
a0210108_025572.jpg
a0210108_0254380.jpg

2017年11月22日
長谷川等伯「松林図屏風」を拝みにQ博へ。
大人気と言っても、人口の少ない九州で雨降る寒い平日、
気のすむまで鑑賞できる余裕がある。
こんなに小さかったけ?こんなにあっさりしてたっけ?
前回初めて京都で見た時、圧倒的迫力に身震いしたのに。
やっと一人旅行が出来る喜びと入場まで1時間並びの期待感が感動を増幅させた?
九州国立博物館「新桃山展」で最も感動したのは、
九州国立博物館所蔵の油滴天目茶碗。
並んでいる抹茶茶碗全てに風情を感じた。
先月京都「国宝展」の曜変天目茶碗(京都・龍光院)を見て抹茶茶碗に目覚めたか?
別会場の印刷複製が息が掛るほど近づいて繁々と観察でき、
撮影可で
こちらの方が見応えが有ったのは、とっても皮肉。
a0210108_22282859.jpg
a0210108_2229790.jpg
a0210108_22293787.jpg
ついでに光明禅寺の紅葉も
a0210108_22354384.jpg

2017年11月20日
福津市H中学校総合学習授業「ポップアップカードにチャレンジ!」第5回目最終授業「ピラミットとサイコロを折り畳んでみよう」110分でした。
a0210108_22583444.jpg
今回の中学生目標は、
「展開図から畳める飛び出すカードを創る」
講師目標は、
「難しい内容を楽しい体験にする」
です。
1.折り紙建築「クフ王のピラミット」180度切り起こしタイプモデルをつくり、
a0210108_22134514.jpg

2.立方体展開図を描き、
a0210108_22141731.jpg
3.折り畳み軸線を探し出し、
a0210108_22145361.jpg
4.飛び出すカードを創ります。
a0210108_22172547.jpg

展開図を組み立てると立体が立ち上がるのは小学校でも体験しているはず、では畳める条件は?生徒達が「軸対象だ!」と答え、T型展開図を半分に折って「これも軸対象です」「軸対象で、且つ開くと立体になるカタチ」と生徒が補正答えを出し、楽しい学び合いの場になりました。
それでも教科書的展開図ではなく、各自思い思いの展開図を描き挑戦するので大変です。今回出てきた展開パターンは6種類。
最後まで図面で検討し立ち上げるプロまがいの生徒(もちろん自由人F君)もいました。
a0210108_22183045.jpg
a0210108_22194756.jpg
パターン2
a0210108_2221498.jpg
a0210108_22221013.jpg
パターン3
a0210108_22225052.jpg
a0210108_22232411.jpg
パターン4
a0210108_22244117.jpg
パターン5
a0210108_22253459.jpg
パターン6
連量220kgの厚い紙を使い、折筋も甘いので紙抵抗が強く、
立方体の口が開いていますが、理論上は180度開いた時閉じる設計です。
a0210108_22573916.jpg
a0210108_22575444.jpg

盛り沢山の5回実習授業に、
最後まで楽しそうに取り組んでくれた生徒たちに感謝です。
講師の先を行き自由自在に展開させたF君、
子犬のように「先生、先生」と懐いてきたO君、
全くヤル気無さそうにそっぽむいていて最終回は掛け合い漫才のように要点をまとめてくれ一番に仕上げたMさん、etc.
皆のハーモニーでとても楽しい授業展開になりました。
生徒目線の講座担当教員FI先生のおかげも大です。
2017年11月19日
地域のバスハイクで佐賀九年庵
a0210108_23414610.jpg
a0210108_2342990.jpg
どんぐり村
a0210108_23423848.jpg
アサヒビール工場その他巡って来ました。
雪がちらつく寒さだったのですが、
帰路に同席した小3のY君のおかげでホカホカと暖かでした。
ハサミチョキチョキで盛り上がり、
a0210108_005870.jpg
(Y君作)
折り紙交換でさらに交流を深めました。
a0210108_23513994.jpg

Y君が工場見学中歩きながら折ってくれたドラゴン!
(こんな複雑な折りを頭の中にどう蓄積してるのだろう?)
a0210108_085288.jpg
適当に折って「新種の創作鯨だ!」だって。
そのままスクスク伸びて行ってね。
酔っ払い(工場絞たてビールは幾らでも飲めるウマさ)私が折ったのは
カワサキローズ2種と正倉院(箱)。
とっても楽しいコトリップになりました。
リュックの中にケント紙とハサミと折り紙(今回忘れた)を常備しとかなくちゃね。
2017年11月18日
2013.02.07メモ紙より

「これから社会人になる皆さんに」

1.生活を大切にしよう。
仕事は人間を幸せにするために行う行為です。
基本になる生活をきちんと行うことが大切です。

2.自信を持とう。
自分を信じることが大切、今まで生きてきた実体験から判断していきましょう。
自信を持つには、いつも謙虚に学ぶ姿勢が大切です。学習意欲を死ぬまで持ちましょう。

3.全体から部分を、部分から全体を考えよう。
問題に直面したら、鳥瞰的に観察する、個々の問題点を洗い出す、両方の視点が必要です。
皆さんは設計演習でここを鍛えたのです。

3年生ゼミ持たされて、
最後の授業に送り出しの言葉掛け、
家政学科 所以の言葉選びで、青くって恥ずかしい。
2017年11月17日
もう必要ない資料整理をしています。
コピーと本の断捨離です。
絶対見ないと判っていても、本はなかなか捨てられない。
PCに元原稿があるはずなのに愛着が有るファイルは残したい。
半分に減らしたのに、まだ棚に納まらないのは何故???
a0210108_2243458.jpg
不思議な紙類も出て来ました。
規格の異なる企業毎のモデュール方眼用紙、
公文書用和紙コピー紙、透けるほど薄い手漉き和紙、200字原稿用紙etc.
まっこと、仕事も趣味も紙で成り立っている。
もう、増やしたら捨てる覚悟が要ります。