<   2017年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2017年10月01日
筒井康隆「旅のラゴス」が好き
と言う投稿を読んで、懐かしい筒井康隆SFを読んだら、
異次元に浸る読後快感が蘇って、
次に、ケン・リュウ「紙の動物園」を広げたから、もう止められない。
上橋菜穂子やトールキンのファンタジーを知る前の20代までは、
SF小説ばかり読んでたんだっけ。

SFとファンタジーの線引きは、wikipedia解説のこの部分がシックリくる。
SFは世界設定や物語の展開において自然科学の法則が重要な役割を果たすのに対し、ファンタジーは空想や象徴、魔法が重要な役割を果たす。ただし、SF作品においても、空想科学というだけあって現実世界には存在しない科学法則を仮定し、それに基づいた世界や社会を描く試みがその歴史の初期から存在すること、逆にファンタジー作品においても錬金術や魔法などに、体系的であることを期待させる説明が用意されている場合があることなど、両者の線引きを困難にするようなケースがある。
で、どちらの分野もクラクラする魅力を感じるのだが、
SFは、物語世界と割り切れない緊迫感を持って押し寄せてくる魅力を感じる。
a0210108_16373752.jpg

2017年09月28日
ツムツムの食欲は凄まじい。
魚カマの身を外し、ごはんと一緒に食べさせていたのに、
さっと手を出し、身と皮をしゃぶり取り、骨だけにしてしまった。
生き延びる術を身に付けてるね。
a0210108_23261419.jpg

2017年09月25日
9月25日は、福津市H中学校総合学習授業「ポップアップカードにチャレンジ!」
第3回目授業「オリジナル椅子を創ろう」でした。
今回の中学生目標は、
①椅子の創作
②三面図が描けるようになる
学習目的は
①創作は楽しい
②製図は制作の手段であり難しくない
です。
折り紙建築基本椅子を製作し、製作した椅子を見ながら三面図を完成させ、オリジナル椅子スケッチ、制作、と進みます。
講師予定時間より早いピッチで進み70分の創作時間が取れました。(全て畳め、破綻が無い)楽しいオリジナル椅子が並び、制作者も満足そうでした。
次回は、階段創作、180度タイプサイコロと続きます。
楽しみです。
a0210108_7151657.jpg
全作並ぶと壮観。
途中からの参観者は生徒の発想力にビックリされます。
手順さえ踏めば誰でも出来るオリジナル作品です。
a0210108_7155667.jpg
a0210108_7161548.jpg
a0210108_7163048.jpg
あれ、良く見ると一作不足。発表しなかった生徒がいる?
a0210108_718246.jpg
実物モデルを見ながら三面図(平面図・正面図・側面図)を描きます。意味を理解すれば、誰もがサクサク製図できます。
A「この三面図を大工さんに渡したら木の椅子が出来上がり、板金屋さんに渡したら金属の椅子が出来るんだよ」と解説したらビックリ仰天していました。
ところが、見えてるものが理解できない、水平、垂直が全く分からない生徒が一人。図形以外の学力は優秀なのに不思議です。12才までの過程のどこで苦手意識を持ったのでしょうか?これを学習障害と言うのでしょうか?
小学校で「折り紙建築でラクラク空間認識学習」授業行いませんか?
a0210108_7201659.jpg
自由人F君の発想は湧き出でる泉のごとし。
最終的に親子椅子を創ることに。
A「サイズが変わると山折、谷折高さが変わるよ」
F「ここを中央線として考えればよいから〇㎝小さくなって、肘当てを△㎝ずらせて…絶対大丈夫!」
A「では、どうぞ」
・・・
F「子椅子が上手く畳めなかった」
A「側面図を描いて高さ確認をしないとね、製図が大切です」

作業の早い生徒は早くに終わってしまいます。
「ちょっと自慢になるけれど、今制作しているホカホカの作品を見せますね」
って、二作紹介しました。
実物建物が形になるのはとても不思議なようで
A「すべて、先ほど書いた三面図が元になっています」
A「製図は立体をつくる基礎です」
今日の学習意味を理解してくれたかな?
2017.09.21
休んでも、薬を飲んでも、2週間たっても、
復活しないのは病気と闘う基礎体力不足なのでしょう。
これが年を取るということ。
体力をこれからを意識して着けないと
折角獲得した自由時間を生かせないぞ!
何度目の正直か忘れたけれど、健康維持運動に時間を割きます。
2017.09.16
a0210108_18555029.jpg

9月16日は福津市T中学校総合学習授業「ポップアップカード」第2回目授業「ブロックの組み合わせ(フラクタル)をつくる」でした。7月10日福津市H中学校総合学習授業より20分短い90分授業です。
軸対象図形はハサミで簡単に出来るのは、第1回目で経験しました。2回目はハサミでシュミレーションして、厚いケント紙に自分で作図し、目打ちで折れ筋を付けカッターで切って、立ち上げます。
製図の基礎を学び、複雑図形も単純形組合せを発見し、根気強さを身に付けるプログラムです。
今回の中学生目標
①自分で到達点を決める
②時間内に作品を完成させる
学習目的
①カッター、目打ちの使い方、山折・谷折に慣れる
②実線、破線、点線を区別して図面が描けるようになる
a0210108_18571436.jpg
授業風景。スタッフ I 氏、U氏と担当教師、と充実です。
a0210108_18595997.jpg
前半はハサミで4㎝の切込みを入れ親立方体をつり、その1/2子を左右と上に増やし、その孫、曾孫…
と繰り返し。
a0210108_191149.jpg
後半は、製図して、厚いケント紙で仕上げます。
シミレーションモデルを見ながら自分で作図していく。
「製図は手段で難しくはない」って解ってね!
a0210108_1921386.jpg
自分で描いた図面通りに、折り、切りを入れて行く。
作りながら技術を身に付けます。
a0210108_1925460.jpg
細かいところは、竹串を使い丁寧に・根気よく仕上げる。
a0210108_1933439.jpg
厚いケント紙でカッターでつくった作品の方がハサミ作品より、キリっとカッコイイね。

想定以上の作業効率良さで、ほぼ全員5㎜曾孫まで仕上げました。しかしながら、畳んでカッターを入れる賢い中学生には参ってしまった。「美しく作るには、一か所づつ切りと折りを入れる」意味を理解してね。また、お喋りはOK、手も同時に動かさなくっちゃね。
次回から、折り紙建築椅子創作、階段創作と投影図も学びながら創作授業に進みます。
2017年09月15日
寝てれば治ると思ってたのに、どんどん悪化して(毎日出かけてたら休む暇ない)
週末激務を乗り越えられんと焦り、
内科に行ったその日のミッドナイト、耳まで痛くなって
今度は耳鼻科、中耳炎だって。
オマケに聴力老化が進んでるだって!
早くいっとけばなんて後から思うもの。
今まで罹ったことのあるお医者さんが世代交代して
どこに行ったらよいのか判らないのも躊躇する理由。
初対面に近い医師にぐったりしてる患者(=私)が細かい症状を話せる訳ないよね。
ぼそぼそ語る医師の言葉が、
独り語なのか、看護師に伝えてるのか、患者に伝えてるのか、
もよく判らないし、どのタイミングで質問してよいか判らず頷くばかり。
がっかりして調剤薬局に行ったら、
ベテラン薬剤師さんがゆっくり丁寧に補足説明をしてくれた。
病院選びは、薬剤師さんとの相性で選んでもいい?!

ツムツムもコンコンいってきつそうだった。
a0210108_23555617.jpg

2017年09月13日
下灘駅試作第2号
折り紙建築180タイプで表現。
a0210108_5542956.jpg
a0210108_5544191.jpg

2017年09月10日
沢山の縁者に囲まれたツムツム一歳の誕生祝いの「選び取り」はマイクでした。
a0210108_2223249.jpg
親はボールを選んでほしかったって。
日頃のツムツムの嗜好性から想像するに
軸の金属部に反応した?
我が子達のクワ、泡だて器、クワも金属反応?
シマッタ、金属製三助を貸出すんだった!
2017年09月08日
こまつ座公演「紙屋町さくらホテル」は、結構深刻な内容だったのに
笑って笑って
「お芝居って楽しいね」って思わせてくれたのは、
井上ひさしの筆の冴えと芸達者な俳優の賜物だろう。
膨大なセリフの中で新劇の成り立ちまで語られ、
話が多岐に広がるのは、サービス精神旺盛な井上ひさしらしい。
こんな反戦劇なら先入観なく鑑賞できる。
歴史がそうだったから、新劇は反体制演目が多くなるのだろうが、
観劇は娯楽なのだから、楽しくなくっちゃ。
(娯楽は生を実感するために必須なものとして言ってるのよ。)
(20代の頃は「生きるべきか死ぬべきか」的シリアスな芝居が好きだったなんて不思議)
a0210108_23231479.jpg

2017年09月3日
ツムツムもカプラ®好きになって欲しい。
今はかじったり、壊すばかりだけれど、
その内真似をするようになるだろうと期待している。
a0210108_2221991.jpg
自分で倒したんだから
a0210108_2231275.jpg
泣くなよ。
a0210108_2235354.jpg