<   2017年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2017年07月30日
H知人Mailing Listより

幸せになる練習
   ■子そだては まつれんしゅう
   ■ふうふは ゆるすれんしゅう
   ■じんせいは わらうれんしゅう
   □しごとは がまんするれんしゅう
   □ろうごは おもしろがるれんしゅう
   □おしまいは あきらめるれんしゅう
2017年07月29日
今日7月29日は、福津市立図書館:夏休み工作教室ペーパークラフト「飛び出す椅子をデザインしよう!」でした。
「カッターが使えること」が参加条件なのに
園児5人を含む小学校2年生以下のチビッ子ばかり。
a0210108_11272152.jpg
そんな子どもたちの創った椅子は、この通り!
a0210108_22462290.jpg
参加者一人一人の「こんな椅子に座りたい」思いが溢れた作品が仕上がりました。
a0210108_22473124.jpg
園児は親と共同作業。
a0210108_22495461.jpg
ハートの椅子:E父、○○椅子:B年長、フワフワ椅子:A母
a0210108_22515798.jpg
猫とクッションが載った長椅子:C小2、羽根の椅子:C4才(紙小口にすべて切り込みが入り羽根の軽やかさを表現している)、○○キャラクター椅子:A年中(子どもの自由画が立ち上がった感・良いな)
a0210108_22575656.jpg
クマ椅子:C母、ひまわり椅子:C6才(密度の濃い絵が立体になった)
a0210108_2303364.jpg
コックピットの椅子D小1(二連椅子を製図する小2生姿も頼もしかったが「コックピット」と表現したのに驚き)、座り易い椅子:E年中
a0210108_2341850.jpg
犬椅子:C中2(流石中学生、2次元⇔3次元変換が出来ていた)
a0210108_2375599.jpg
花椅子:F小2(緻密な絵が立体になる)、ハートマーク椅子:F小4(♡が沢山埋め込まれている)
a0210108_23112572.jpg
○○椅子:B年長、今欲しい椅子:B母(座面高で華奢な今欲しい椅子を創ると作図したが座面高さを変えると全体設計変更の必要性を作成直前理解し再エスキス。製図講座に是非出席下さいナ)
a0210108_23105360.jpg
スタッフUさんが自作失敗談披露中。小さなお友達も熱心に聞いています。
こども達皆完成出来たのはUスタッフの力が大きい。
a0210108_864841.jpg

2017年07月28日
赤ん坊にとって、全ては新しい体験。
その瞬間に立ち会えるのは楽しい。
今日のツムツムは氷を口にし しかめっ面。
a0210108_11532386.jpg

二口目からはもう慣れてしまった。
初見は一瞬、快楽はすぐ慣れる。
2017年07月27日
やっと仕事が終わったと大喜びしてたら、
1枚足りない!
こんなのあり?
迷子になった場所検証し、一つづつ潰していくしかない。
暑さが堪えます。
2017年07月24日
劇団昴「ラインの監視」は厳しい芝居だった。
しかし良かった。(ストーリー)
「サウンドオブミュージック」や「風と共に去りぬ」の世界に迷い込んだような衣装や舞台美術の中で心理的駆け引きが行われ、最後まで緊張感が途切れず良かった。
市民劇場に取り上げられる芝居は戦争ものが何故か多い。
直接的なのは食傷気味なのだが、こんな鑑賞者が背景を想像する芝居なら見れる。
サロン壁面を全部布仕上げにするのも地方巡りの舞台では有効かもしれないと視ていたら
(サロンを一点透視法で作り上げていてテラス窓が水平垂直で垂れ壁が一点透視法から外れているのが気になってしょうがなかったのだが)
NHKTV「仕事の流儀」宮沢りえの舞台稽古を見て
「壁にシワが寄っている!」とツレが叫ぶのに 笑えた。
愛らしかった宮沢りえが、本物の舞台女優になっちゃった。
「自分をもっと疑え」=どこまでも上を目指す
「相手に対して本当に誠実であること」って、なんてなかなか言えない。
大竹しのぶと宮沢りえ共演の芝居があったら絶対観に行く!
a0210108_23381372.jpg

2017年07月23日
昔ばなし大学再話研究会5班の4番目挑戦再話は、
魚売りがにわか武士になる話。
5班の英知を毎回出し練ってもなかなか解決しません。
時代背景がなかなか掴めず、言葉を選べないから。
博多は商人の町、福岡は武士の町です。
博多に指南所が在ったの?
早がけの殿さまの観戦位置は何処?
などなど、時代考証が必要な個所が出てきて再話を苦しめます。
頭がもうろうとしてくるのは、この暑さのせいではありません。
2017年07月22日
九州大学伊都カンバスに初めて足を踏み入れた。
まだ建設中。
a0210108_22455897.jpg
a0210108_22462359.jpg

椎木講堂コンサートホールでのコンサート
良い機会だからと参加。
今まで写真で目にしてきたキャンバス実物見るのは不思議な感じ。

歴史や文化は長い年月を掛けて積み上げて創りだすもの。
明治期から歴史を刻んだ箱崎キャンバスを捨てて
この地でどんな文化が生まれるのか知る術はないけれど
箱崎キャンバス解体現場を見ると心痛む。
a0210108_22545066.jpg
a0210108_2255769.jpg
a0210108_22574735.jpg

コンサートそのものは、とても楽しかった。
知ってる曲「新世界より」の、音を出してる人と楽器が見て取れるのは楽しい。
a0210108_22485386.jpg
a0210108_22491148.jpg
a0210108_22493126.jpg
a0210108_22501100.jpg
a0210108_22501951.jpg
私は、技術と社会と文化と芸術を統合した学問を大学で学んだらしい。
それは感謝してるが相変わらず「社会」概念は薄いまま。
a0210108_225499.jpg

2017年07月18日
親子連れがどんどん吸い込まれて行く西日本総合展示場。
ここは、企業見本市みたいな使われ方をする所と思っていたのだけれど…
やっていたのは「トミカ博」

魅力の一辺でも覗きたいと思ったけれど、こぼれるのは音だけ。
おばあちゃんと園児の組み合せも結構いました。
プラレールは結構面白そうだし、その内仲間入りする?
私は隣ビルで一日中勉強講習会でした。
これはこれで、へとへとでした。
2017年07月17日
最近は、
新年度情報雑誌掲載の美術館・博物館年スケジュールを見て
東京や京都美術館めぐり計画を練るようになりました。
同窓会連絡で「日経大人のOFF8月号は力を入れたので是非見て下さい」
高校後輩が編集長なら、買わなくっちゃ。
「スラブ叙事詩」ほど感動する美術展はもう来ないだろう、と思っていたのに、
雑誌を覗くと、
アンチンボルト観たい、レオナルドとミケランジェロ魅力的、ジャコメッティもいい、
奈良で快慶展を見たんだから運慶展も見たいね、
なんて欲望が湧いてくる。
中川晃教が出るミュージカルBEAUTIFULが始まるみたいだし…
あぶないあぶない。
そんな私を見て「美術館行ってどうするの?」とツレ。
え?
感動するだけじゃだめ?

2017年07月16日
あら顔が小さくなっている?
ヘルパンギーナで3日間食べれなかったんだそうです。
こんな時は赤ちゃんも点滴するのだそうです。
今は、甘い食べ物の味を覚えて美味しいものにさっと手が出る頼もしい食べっぷり。
健康って大切ね。
a0210108_22284227.jpg