<   2016年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2016年11月27日
今日は午前中:郷育カレッジ「クリスマスカードを創ろう」
午後:K小学校ふれあいまつり「飛び出すカードをつくろう」でした。
創意工夫された楽しいカードが皆さんのもとに届きますように。
a0210108_2194080.jpg
基本形3種類をつくって、各自創意工夫してオリジナルカードに挑戦しました。
a0210108_21115510.jpg
アップして見ると細かく繊細!
a0210108_21124873.jpg
参加者は、小学1生から大人まで。
初めてのカッターも少しずつ慣れて行きます。
(来年募集要項にカッターが使える人の但し書きを入れて貰おうっと)
a0210108_211577.jpg
6才の君、一心不乱に枝葉を生やすのは良いけれど、切れるのかい?
a0210108_2115501.jpg
皆の作品を鑑賞する時間はとても貴重。発表もしました。
2時間14人+保護者

K小学校ふれあいまつり「飛び出すカードを創ろう」は中学年と高学年の2部構成。
a0210108_21171515.jpg
これは3・4年生作品。
中央背高のっぽ作者曰く「高い木を植木鉢も入れて創るために紙を縦に折って工夫しました」
天辺にお星さまも輝いています。手法のみ伝授し、児童が自由に発展させます。
a0210108_2119149.jpg
a0210108_21193877.jpg
K小学校5・6年生の部。
経験豊富な高学年には、
30分内で①等間隔な階段②スリットツリー③自由制作
のミッションを与えました。
自由自在な子ども達。
ツリーの上に星を入れるのも上手。街並みを創るのが好きな子も多い。
a0210108_2121314.jpg
集中し静まり返る瞬間がとても心地よい。緩急の使い分けができる良い児童です。
a0210108_21221517.jpg
指先に神経が集中しています。
a0210108_21231337.jpg
ハサミだけで街並みを創るのはお手のもの!
a0210108_2136168.jpg
この先どの様に発展させるのか見てみたかった、時間切れが惜しい。
ルールの中での創作活動で、
児童らは試行錯誤しながら、持ってる知識をフル活用して
指導者の想定外の展開をさせてくれます。
30分13人+30分14人
2016年11月24日
「園児の視線が迫ってきて緊張しました」と初めて幼稚園に読み聞かせに入った図書司書が言う。
確かに園児は皆、読み聞かせが大好きで、食い入るように見入ってくる。
a0210108_18261457.jpg
年長組に入った私達の三冊は全部長く、
集中力が持つか?と不安があったが、全くの杞憂。
どんどん話の中に入って、三冊目でMAXになった。
手遊びにおむすびが入り、流れがスムーズだったのも良かった。
日頃物語をよく聞いていて、次どうなるかお話してる子どももいる。
生き生きした反応は楽しい。
「ちか100かいだてのいえ」は1mを超える大型絵本で読んだので迫力満点。
今日の3クラスでの私的ベスト絵本は、
「はっぱじゃないよぼくがいる」姉崎一馬:写真絵本
はっぱがどんどん顔に見え、人格が宿ってくる。
担当者が集めた落ち葉パネルも素敵だった。
早速、中古本本を注文。

「にぎりめしごろごろ」では、
聞いて判らない言い回しや、くどく感じる土地言葉を私流表現に置き換えて読んだ。
読み聞かせ及びストリーテイリングではご法度なのだけれど、
小澤俊夫先生は、「話者の裁量」と仰る。勿論勉強しないと直し方は判らない。
真面目な昔ばなし大学受講生でよかった!
2016年11月23日
a0210108_21464770.jpg
a0210108_2147176.jpg
玄関部分エクササイズモデルと折り紙建築「松楠居」が並びました。
遅れて来た参加者用Part2付き(疲れた)。
a0210108_21475633.jpg
本番。折線が詰まった所は、竹串などを使い丁寧に起こしていく。
a0210108_21482143.jpg
全ての折目が90度に折れ曲がったら、半分に畳み押さえ、折目を安定させる。開いて完成。
a0210108_21503810.jpg
早い参加者はクリスマスツリー創作。
a0210108_21525574.jpg
創作者は、乱反射光を表現するために細かい枝葉を入れた模様。光が美しい。
a0210108_21532422.jpg
松楠居展示会場。
床脇天袋・地袋絵画は、児島善三郎画伯に寄る。
a0210108_21534892.jpg
「松楠居」設計:住宅改良會の80年前の青図。
a0210108_21542457.jpg
住宅改良會による仕様書・見積書・領収書と見本カタログ類。
これらを見るために日参したい。
2016年11月21日
今日の福津市立H中学校総合学習授業5回目最終回は、
中学1年生が小学生に折り紙建築を教える教育実習でした。
生徒が主役、担当教師が進行役、私は見ているだけです。
いやー、刺激的でした。
a0210108_2234768.jpg
最初から最後まで中学生徒に任せる担当教師の太っ腹と、
ぐずぐずの教えでも飛び出すカードを作り上げる小学生の力量に脱帽です。
説明など要らない、カタチを見せ、真似て、学んで、発展させる。
こんなのもありですね。
ワークショップで私は、良い加減で楽しくおこなっているつもりでした。
が、図学理解に繋がって欲しく、ルールはキッチリ教えるのです。
優秀な教材があれば、解説など不要かもしれないと、
折り紙建築教材の力も見えました。

どうぞ、折り紙建築授業を真似て下さい。
簡単で楽しく、空間認識能力育成がはかれます。
a0210108_21571758.jpg
a0210108_21575645.jpg
a0210108_21582420.jpg
a0210108_21584465.jpg
a0210108_2159610.jpg
a0210108_21593235.jpg
a0210108_21595741.jpg
a0210108_2202944.jpg
a0210108_223490.jpg
教わる側5・6年生34人、教える側中学生16人、45分授業でした。
2016年11月20日
「替わりに行って!」の誘いで、
チャイナオンザパーク忠次館でのピアノリサイタルに行くことに。
a0210108_2355286.jpg
a0210108_23555529.jpg

民間展示館を演奏会に貸出し?の疑問は、「有田創業400年」お祭りだから。
大好きな忠次館で響く音はクリアかつ余韻もあり なかなかのもの。
一瞬ロンシャン教会を思い出したのは、厚い壁とポコポコ開いた窓のせい。
a0210108_23451578.jpg
大川内山窯元、有田陶磁文化館も久しぶりに覗く。
a0210108_23535634.jpg
a0210108_23542187.jpg
チケットを手配した子Sは、バイク競技で見事一等!
a0210108_23581352.jpg
お湯をかけると膨むおしぼりを出す愉快な店で夕食を共にする。
a0210108_013148.jpg
季節を感じる旅色旅だった。
今日は福津市立T中学校総合学習授業3回目折り紙建築「椅子を創作する」でした。
授業目標は「①折り紙建築「椅子」を創作する②三面図を描けるようになる」
講師目標はH中より20分短い授業内で「タイム管理をして発表時間を確保する」
です。
前回から70日2か月以上空いたので前回製作を思い出し、
椅子はどんな要素で成り立っているか確認して、
先ず手を動し基本椅子モデルを立ち上げます。
その後、つくったモデルを見ながら平面図・正面図・側面図の三面図を作図します。
理屈が判らなくても、モデルを見ながらなので誰でも作図出来ます。
a0210108_17155858.jpg
a0210108_17162969.jpg
「皆の使ってるテーブルも建物も、この三面図から製作して貰うんだよ」に不思議な顔の生徒たち。
続いて、
基本形を発展たデザイン椅子を見せ、いざ創作!
a0210108_1727767.jpg
a0210108_17275360.jpg

授業時間内に、独創的デザインされた椅子が並び、鑑賞できました。
すべて畳め開いた角度で形が定まった、つまり製図的に正しいデザインです。
自由創作と違い、図学的ルールに則ってデザインしています。
(畳むと飛び出すデザインはご愛嬌)
a0210108_17343828.jpg
次回T中学校授業は、最終回オリジナル階段に挑戦です。
2016年11月17日
a0210108_23395761.jpg
デンマークの教育関連の本と「自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心」
が基本テーマ本の今回の会、
本より現実の介護と終末医療と自分の終焉の迎え方の話に盛り上がる。
前回は孫の話だったような?
今のベクトルに話が向かう。
Tさんの実況中継的話で、殆ど口をはさむ余地が無かったか?
お話し会に、手作り料理とオブラート抜きで話せ聞ける誠実さがあれば、
アルコールは要らない。
2016年11月15日
一週間前、11月8日朝の通勤時間帯の博多駅前は殺気だっていた。
何も知らなかった私は、何時もの1.5倍に膨れた乗客に押されバスに揺られ、
その後、流れるニュースに固唾をのむことになる。
が、帰路、博多駅地下街は普通営業、JRも平常ダイア。
配線が異なれば、電気は流れ普通の時間が流れていた。
そして一週間、今日陥没道路は繋がり、何事もなかったように車は走り、
商店街はクリスマスイルミネーションで輝き、人々は平常の動きをしている。

足元の大地が崩れる恐怖、世界が一人の手でひっくり返ってしまう危険、
危機感を抱いた一週間は夢だったか・・・
2016年11月14日
折り紙建築「松楠居」は、
全体を囲う塀、手前に下る勾配屋根、骨組み状切妻屋根、凹面になった開口部等々
往復ハガキサイズに技法が盛り沢山です。
拠って、折線が多いです。
11/23松楠居で行うワークショップは、
骨組み状切妻屋根玄関部モデルを先ずつくり、
折り紙建築「松楠居」は、切線、折線が入った型紙から立ち上げます。
折り紙建築創作基礎演習にもなります。
モデル作り愛好家、松楠居ファン、折り紙建築創作を考えている方、ものづくりに興味がある方、
ご参加ください。
a0210108_163328.jpg

申込みは
非公開コメントにアドレスを書いて頂か、
FBメッセージにて、お願します。
https://www.facebook.com/events/1753509108246068/
2016年11月12日
複雑な凹凸の建物が出来たら、文字なんて簡単に出来そうなのに、
漢字は超難関。
茶谷正洋氏の折り紙建築漢字以上の意匠は出来るのか?
ちょっと早いけれど「百日祝」と納まりが悪い「祝51」
「祝」は茶谷正洋氏写し。
a0210108_21422647.jpg
a0210108_2143252.jpg
創作は日々やってないとリズムを忘れてしまう。
創り始めたら一気に仕上げちゃわないと。
Oシリーズ時間を置き過ぎだね。