<   2016年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2016年07月30日
タフでは無いが健康です。
誰かの公約に乗っかったのではなく、
巡りあわせで、一日開けて2回健康診断を受けるはめに。
折角だから流れに任せて楽しむとする。

以外だったのは、午後の検診の方が楽。
午後検診は、早起きして早朝しっかり食べると空腹感無し。
一方、前日夕食から絶食の午前検診は、終わる頃にはエネルギー切れ。
日頃口にしない、free food コーナーの飲物やお菓子類が、とても有難く感じた。

総合受付と各検査室がループ動線だったら何ら問題はないが、
網の目のような検査室だから、
職員誘導が往路だけだと、復路は迷子になりそう。
検診時間に短長の差があるので、検査室並びと検査順が一致しないのは悩ましい所。
しかし建築計画学はこんな所に生きるのに、モッタイナイ。
仰向け検査室天井照明はカバーする配慮が欲しい、すぐ出来るよ。

初めて受けた胃カメラの画像視聴がとても楽しかったので、
工場見学のように、
エコー検査画像視聴、尿・血液検査検体分析途中ミエル化など できないかな?
自分の検体ぐらい見たいし、楽しい演出が欲しい。

忙しく動き回る健診だけれど、
病院アートは意外と目に入り、誰の絵だろう?センスある!と気になる。
事前に、アート目録手帳 なんて渡されるとカッコよい!
2016年07月29日
a0210108_11395710.jpg
折り紙建築スリット模様を応用したランタンがとても素敵だったので
なかなか遺産第3号呉YWCAサマーナイトビアパーティがFB告知された時、
是非行かねばと心浮き立ち、
「Mさんの美味しい料理」の個人名入りご馳走も大いに気になった訳です。
ビールを飲みに呉まで行くのはちと遠い。
ならば、折り紙建築ワークショップを理由にするしかない!
募集期間が短かったにもかかわらず17人の参加者が集まり楽しいワークショップになりました。
a0210108_1145183.jpg
Mさんの料理は優しく家庭の味、ビールは最高、こんな美味しいビアパーティは生まれて初めて。
a0210108_11461322.jpg
a0210108_11475682.jpg
a0210108_120532.jpg
ビール飲みにわざわざ東京から来たSさんも居ました(笑)。
もう一つ嬉しかった事。
「折り紙建築持って『森文旭館』行きましたよ」とKさんから報告!
そもそも、なかなか遺産は周りの皆が建物を元気にし支え合う認定。
今回の折り紙建築お土産がそのきっかけになったのなら、こんな嬉しいことは無い。
「なかなか遺産1号達古袋小学校は遠い」とKさん。
「中尊寺金色堂と毛越寺参拝のついでに達古袋小学校に行ったらいい!」
と勧めたから、建物と折り紙建築のKさんツーショット写真が送られてくるのはもうすぐ?!
2016年07月28日
a0210108_015952.jpg
今日は30人の子どもと学童保育所「カプラで遊ぼう」
低学年の子ども達特有の無邪気な声がホールにこだまし、此方の声は届かない。
遣りたい所までやって、作れなくなったところで次のラウンドに移る進め方で行いました。
12箱2400枚ですから、20分もしたら「カプラ無い」とあちらこちらから声がし始まます。
「仲間に入れたら?」「交渉して分けてもらったら?」と誘導します。
a0210108_031851.jpg
苦心してピースを集めて屋根を仕上げました。
a0210108_043050.jpg
中から今回一番年長の子が飛び出してきた!
a0210108_05107.jpg
a0210108_054915.jpg
a0210108_061557.jpg
最後は全員で大ナイアガラの滝をつくって片付けてお終い。
ナイアガラの滝が高くて長いと追いかけて行けるから楽しみが膨らみます。
成功してホッ、良かった。
「毎年一個づつ買い増ししようか?」と先生の声が聞こえたから、
来年はもっと楽しくなるかも?
2016年07月26日
今日はフクスタからカプラを持ち出し、お隣「ふくとぴあ」でカプラ体験です。
ふくとぴあ円形ホールで30人カプラをするには広すぎる。
カプラの箱で砦を築きエリア分け。
頼りになるニャンニャンおじさんとローサがスタッフに加わったので
参加者お迎え製作は、カマクラスル-とナイアガラの滝。
郷育カレッジ職員2人も、H中学校2年生ボランティア生徒2人も、
応援はるみさんも顔を出したら即積木部隊。
積みながら要領は覚えていくもの。
初心者もベテランも関係なし。
a0210108_22501254.jpg
15分遅れで現れた郷育カレッジ生は、年齢差80歳以上の老若男女30数人(不思議?)。
何でも手を出したがる子どもたち、プロックに全く興味のないご年配。
ナンタルチィ~ア~。
触れて、積んで、真似っこして、段々無心になって、
年配男性陣はカプラの魅力に嵌って行った模様。
子ども達は自由自在。
a0210108_22595149.jpg
a0210108_22525759.jpg
a0210108_22565233.jpg
a0210108_22534031.jpg
a0210108_22574989.jpg
a0210108_22583201.jpg
a0210108_22552097.jpg
a0210108_22555090.jpg
チビちゃんはぴょんぴょんは跳ねて、背伸びして身長以上に積もうとするので、
内心冷や冷やしながらも、
最後の参加者全員ナイアガラの滝も成功し、
カプラスルー爆発も6人は入ったから大成功としよう。
a0210108_23004191.jpg
a0210108_23012600.jpg
a0210108_23021029.jpg
a0210108_23082888.jpg
片付けも含め時間内に収めたから良し。
また明後日ね。
2016年07月25日
a0210108_22264877.jpg
募集期間がほとんど無かったにも拘らず、
呉YWCA「ハサミチョキチョキ飛び出すカード」ワークショップは17人の参加者。
YWCA会員の子どもが友達を誘って、またその友達を、と広がって行ったとか。
4歳児から大人までが一緒に楽しめ、それぞれのレベルで深く作り込んでいけるのが
ハサミチョキチョキ飛び出すカードの良い所。
制作中の顔が笑顔なのが嬉しい。
a0210108_22252099.jpg
a0210108_22254284.jpg
a0210108_2226879.jpg

今回は、階段→顔→スリットを1時間で終わらせ、自由制作時間を45分と余裕が持て良かった。
「細かすぎるのはブー×」
「切るのは楽しいけれど折るのが大変で飽きるから」
と注意したのに、小3この子は、全く言うことを聞かない、それも良し。
a0210108_22323865.jpg
a0210108_2236885.jpg
太いスリットは発展できるから好き!
a0210108_22334672.jpg
a0210108_22365453.jpg
小6この子は独自にどんどん発展させて面白い作品を仕上げた。
a0210108_2235342.jpg
a0210108_22382282.jpg
この小5年生は、ハサミ階段が1段→3段→7段→の先が何段か予想でき、15段→31段と計算できた。解は、切ってる手元の紙を確かめれば誰でも判ること。観察する目と推測する頭脳を併せ持った賢い子。
a0210108_2247413.jpg
中学2年は流石応用力がある。
a0210108_22485624.jpg
小さい子たちは自由自在な楽しい作品があるのだがきちっと見える階段が良いと選んで発表する。
(今後は「階段以外の2作品」と限定しちゃおうか?!)
よく見ると細かい工夫がされている。
a0210108_22523874.jpg
a0210108_22531582.jpg
a0210108_22534172.jpg
a0210108_22541245.jpg
a0210108_22543780.jpg
a0210108_23113364.jpg
自由自在な子は作品も奔放で羨ましい。
a0210108_22572156.jpg
a0210108_22565987.jpg

全員キチンと発表し125分、5分超過で終了。
ちょっとバテ気味園児も、どうにか2時間頑張りました、ご苦労様。
皆さまありがとうございました。
2016年07月24日
尾道は再生プロジェクトが目立った。
第一弾は、「尾道イハトーヴ」
アーティスト園山春二が廃屋を再生し喫茶や美術館に再生している。
私が立ち寄ったのは喫茶店ブーケダルブル。
結局トマトシャーベットは食べれなかったけれど。
a0210108_23431573.jpg
a0210108_23433478.jpg

次は、古びた家に張り紙がしてあったNPO法人「尾道空き家再生プロジェクト」
a0210108_23455853.jpg
尾道ガウディハウスにも張り紙がされていたから資金が集まったら補修をするのかしら?

第3弾は、資金力を使ったMINATONOYADOONOMITI U2
a0210108_23544794.jpg
a0210108_2355688.jpg
a0210108_23553163.jpg
a0210108_2356487.jpg
客層を絞り込み、洗練されたデザインと合い間って非常に魅力的。

第4弾は、商店街内近代建築再生。
尾道商業会議者記念館
a0210108_005038.jpg
a0210108_01819.jpg
風呂屋再生
a0210108_025146.jpg
a0210108_032192.jpg

行政援助がどれ位入っているのか知らないけれど、民間で成果が出ている模様。
若い力も期待できるから良い感じに進んでいくのではないかしら?
と言うのも、尾道市立大学美術学科サテライトスタジオ展示のポスターがとても魅力的だったし、
喫茶店ブーケダルブル店長は長崎出身で尾道に住みたいと居ついたと言ってたから。
a0210108_0145772.jpg
a0210108_0151437.jpg

平日金曜日昼時のアーケードも生きていたから大丈夫。
a0210108_0241848.jpg
尾道は自転車の街。
2016年07月23日
昼から呉YWCAでハサミチョキチョキ飛び出すカードWSです。
年中さんから中学2年生と保護者の混成メンバー。
手順は一緒。ゆっくり丁寧に確認しながら進めます。
理解の早い子が三人いて、素敵な作品を作って皆の刺激になりました。
a0210108_21435318.jpg
a0210108_21470246.jpg


2016年07月23日
谷尻誠さんONOMITI U2

尾道ガウディハウス
a0210108_10283903.jpg
を見て、尾道さようなら。

2016年07月22日
ふらっと尾道です。
学生時代に戻った感じ。
尾道は学生時代来たので、よりそんな気分です。
ルートイメージは立てましたが、
無目的旅行で気分次第であっちにふらふらこっちにふらふら。
ここでは、子魔女さんとお話三昧。
廃屋改修の魔女ハウスっぽい。
肝心のトマトシャーベットは食べ損なったけれどね。
ここは尾道イハトーブの一部、別組織の古民家プロジェクトも進行してるんだって。
立ち寄る場所でルート修正しながら浄土寺まで行っちゃった。
ひたすら歩いて2万歩。
フレンツェ猪にも出会って
a0210108_22135336.jpg
向島にも渡ったから、イメージはすべて実現化。
後は寝るだけ?!

居酒屋板さんの子どもの頃は
引き潮時、尾道ー向島間は、半分歩いて半分潮の中を歩いて渡ったんだって。
船が大型化して人工的に深くしたとか。
フェリーで自転車も車もそのまま行き来してるから、
板さんの頃と同じ感覚だと思うけれど。

2016年07月21日
図書館の児童書書架は、この15年で雰囲気が変わっ感じ。
カラフルな表装、キラキラした背文字が増え、
シリーズ本、ぶ厚い本も増えた。
ハリーポッターの影響か?
しっとりした落ち着いた本が埋もれている。
主張しすぎる本だらけだと引けてしまうんだよね。