<   2015年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

2015年11月30日
a0210108_238875.jpg
「松楠居」(C)2015 Masayo ARIZA
展示作品紹介最後は、「松楠居」です。
松楠居オーナーとの出会いは、2012年個展:㈱ニシイ“ペインティングギャラリー”でのワークショップでした。
「昔からの折り紙建築ファンです」「うちのギャラリーでも展示しませんか」の話。
話が進んで2013年12月に松楠居で展示会を開くことになりました。
今回は「2016年築80年を迎える松楠居を折り紙建築化して欲しい」の話から始まりました。
量産となると 数が纏まらないと高い買い物です。
つい「松楠居貸してください。展示会で露払いしましょう」と言ってしまい、
松楠居のモデル化と展示会の二重苦を受けることになりました。
「次回が大変だね」と2013年展示会での大先輩の言葉が蘇って、本当に苦行でした。
(前回から成長したかどうかは会場にてお確かめください)

松楠居モデルは、本体だけでも難儀しているのに、
「門構えと土塀があってこその松楠居、もちろん離れも」と、オーナーはレベルを上げてきます。
高いハードルは越えるためにあるのでしょう、苦戦しながら仕上げたのがこの作品。
もちろん一枚のケント紙で出来ています。
どうぞ12月3日からの展示会にお越し頂き、建物と見比べてください。
福岡市文化財指定を受けた松楠居建物は気品があり、細部にわたって職人の技が光っています。
もちろん、有座まさよ折り紙建築も輝いているはず!
2015年11月29日
a0210108_2322781.jpg
「天使」(C)2011 Masayo ARIZA
光あふれる幸せな世界でありますように。
顔シリーズの派生形です。畳んでも翼が飛び出さない設計がポイント。
2015年11月28日
折り紙建築切り起こし180度タイプでつくるクリスマスツリーはこうなります。
a0210108_140681.jpg
「オーナメントツリー」(C)2015 Masayo ARIZA
2015年11月27日
クリスマスペーパークラフトワークショップ基本形は左右対称なのでハサミでもつくれます。
実はさりげなく角錐折を入れています。
折り紙建築初挑戦で、角錐折を完璧に理解し非対称創作する参加者もいます。
「木と鉢の折線が判りません」
「焦点を出し、角度を取らないと出てきません」
の問答。
参加者のアイディアを頂き、シンプルにつくり替えたのがこれ。
“ずるい”なんて言わないでくださいね。デザインはまるで違います。
a0210108_10355547.jpg
「スケルトンツリー」(C)2015 Masayo ARIZA 
今日の生徒作品。
a0210108_1845122.jpg
F中学校総合学習授業「ポップアップカードにチャレンジ!」5回目最終回です。
「サイコロを折り畳んでみよう」を行いました。
今まで4回とも折り紙建築90度タイプをつくってきました。
最終回は簡単な180度タイプに挑戦です。
展開図から立体が立ち上がるのを、折り紙建築「クフ王のピラミット」で実体験し、
a0210108_18463670.jpg

自分で描いた正六面体を折り畳み化します。
五十嵐暁浩氏研究ノートがついているし、11種類展開図の折り紙建築をつくったし、
何が来たってヘイチャラとタカをくくっていたら、
16人生徒全員が異なる展開図を描いたので指導側は大忙し大混乱でした。
a0210108_18471461.jpg

昨年は14人/16人がT字展開図で楽勝だったのに。
自分の展開図でサイコロが出来るか確認し、
a0210108_18483786.jpg
畳めて立ち上がる折れ線を自分のモデルから見つけていきます。どうにもならなくなったら黒板に張った五十嵐研究ノート図を見て確認します。
糊代を付けて厚紙を切って組み立てるだけ(ここが手間取った)。
a0210108_185252100.jpg
a0210108_1853131.jpg

居残りで全員仕上げましたが皆の方向が違うと個別指導しかなく手が回らない。
これは指導側課題です。
「皆が違う立方体展開図を描いたのは素晴らしい。多様な物の見方が出来るのは、皆さんの思考が柔軟である証。多様な物の見方を身に付けるために勉強は必要です。自分自身のために勉強してください」なんて偉そうにお話して締めました。土曜日から声が出なくなり、ずっと“無言の行”をしていましたが、どうにか今日授業が出来てホッ。
a0210108_1935074.jpg

そうそう前回の創作階段はこのような作品が出てきました。18個にはちょっと足りないぞ!
a0210108_1972862.jpg

2015年11月26日
木工ワークショップで彫刻家講師に言われた言葉が忘れられません。
「普通につくってください。個性はその中から生まれます」
肩の力が抜け楽になりました。
私の折り紙建築ハサミワークショップも「切ってつくりながら考えましょう」「真似=パクリどんどんしましょう」「間違いはカミが教えてくれます」と良い加減で楽しく行っています。
基本からの発展はまったく自由ですから、大人と子どもの差はありません。挑戦しながら偶然のカタチを楽しむ子ども、考えてから手を動かしはじめカミの制約に戸惑う大人、このパターンが多いです。
そんな中、ハッとするデザインをされる方がいます。
聞くとデザイナーだったり、教育者だったり、恐縮すること多々です。
「現場でどんどん使ってください」とバトンを渡します。
雪の結晶ピカイチアイディアを頂き制作しました。
a0210108_1030105.jpg
「雪の結晶(曲)」(C)2015 Masayo ARIZA
2015年11月25日
ところで、あなたの家に煙突はありますか?
a0210108_0323875.jpg
「Xmas街並み」(C)2015 Masayo ARIZA

この街並み原型はこんな学生作品から。
a0210108_23545035.jpg
ハサミワーク最後自由制作で参加者はよくこんな街並みをつくります。
これは参考作品として展示するので毎年手を加えています。
紙面から飛び出さないよう修正し、バラバラしないように棟を繋ぎ、屋根形状に手を加え、
今年はXmasバージョンへ。
すっかり有座作品に変身。
原型制作学生もこんなに愛され活用されているとはつゆ知らず。
2015年11月24日
一月後、サンタクロースは飛び立ちます。
a0210108_0173265.jpg
「空飛ぶサンタ」(C)2013 Masayo ARIZA
2015年11月23日
サンタクロースはもう準備万端。
a0210108_23591268.jpg
(C) 2013 Masayo ARIZA
2015年11月22日
a0210108_8211198.jpg
「雪の結晶6+亀」(C)2011 Masayo ARIZA
ワークショップ参考作品は結構準備しています。
この雪の結晶を創っていたら、カメを連想し、
カメを創ったら、鶴亀のweddingカードに発展したり。
ワークショップでは、有座参考作品や周りの自由さに触発されて、
決して一人製作では生まれない独創的な作品が生まれます。
2時間対象物に集中し、観察し、製作する時間はなかなか貴重です。