<   2015年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2015年09月30日
クリスマスペーパークラフトは夢があり楽しい。
昨年のワークショップ参加者の秀作を思いだし作ってみた。
a0210108_2329053.jpg
スケルトンツリー(C) 2015 Masayo ARIZA 
左がペーパークラフト、右が折り紙建築
左右違いが無いって。いえいえ、左の中心幹は不安定で、右は紙を開く角度で固定します。
ちょっとくどいけれど、安定しないと折り紙建築と言えないから。
ツリーついでに180度タイプもつくっちゃった。
a0210108_23302853.jpg
ツリー(C) 2015 Masayo ARIZA
さて、遊んでる場合ではなかった。
うっちゃってる作品を完成させないと。
2015年09月28日
a0210108_21554451.jpg
今日の生徒作品。
F中学校総合学習授業「ポップアップカードにチャレンジ!」3回目です。
ハサミで折り紙建築、折り紙建築版シルピンスキーの三角形に続き3回目、
「オリジナル椅子をつくろう」を行いました。
モデルを立ち上げ、
平面図・正面図・側面図の三面を作図して図面の描き方を覚え、
図面内で椅子デザインをして、オリジナルな折り紙建築椅子を立ち上げます。
110分時間内に終わらせるのがポイント。
創作意欲を刺激し、凝り過ぎず、模倣に走らないサンプル例示を心掛けたつもり。
a0210108_2159996.jpg
モデルは直方体2個組合せと椅子モデル2個作りました。
a0210108_2201580.jpg
モデルを見ながら三面図作図。
a0210108_221459.jpg
イメージを製図して折り紙建築を立ち上げます。
部活バスケットボールだったり
a0210108_2235214.jpg
ミッキー的だったり
a0210108_2241079.jpg
それぞれ個性ある椅子が出来ました。
a0210108_2245941.jpg
2.5カ月ぶり、夏休み後なので集中力が無くなった中学生たち。
元気のよい子たちがマイナス思考を回りに振りまき、
生徒達の気持ちを引き上げるのに全エネルギーを使い果した感じ。
まあ、ほぼ全員完成させたのだから良しとしよう。

背もたれにキャラクター絵画を描き「出来ますか」と問う生徒たちと大人。
「絵と立体物は違う。どんなふうに切るつもりかな?立ち上がる姿を思い描いてごらん?」
3D変換は、なかなかできないようです。
2015年09月27日
明日の中学校総合学習「オリジナル椅子をつくろう」をどう組み立てようか?
創作折り紙建築ワークショップは気を使います。
基本形をつくって、図面学習をして、
「さあ、色々発展させましょう」と言っても、
日頃創作をしたことがない生徒は手が止まってしまう。
先日テノ森バターナイフワークショップでは、
「普通の物を創りましょう」
「模倣しているようでいて外れるのが個性」
などとても刺激的学びがありました。
塊から成形してく彫刻と一寸違うかな?
図面を描いた通り立ち上がる折り紙建築ではサンプル例示が重要になります。
師匠に教わったのは、
応用の可能性を示唆する作品例示。

昨年は、名デザイナー椅子と楽しく遊べる椅子サンプル創りをしたので、
a0210108_2322179.jpg

もっと基本的発展形サンプル=ラブチェア・ダブルチェアの2脚追加です。
a0210108_2259396.jpg

これで完璧なはず!?

明日に迫った授業準備をしようとしたら、コピー用紙切れ!
はーぁ、寝ます。
必要に迫られて図面を見ると、ABCDEF記号が意味を帯びて解説が聞こえて来ました。
しかしながら創作初回中学生には使えません。

2015年09月26日
積木おじさん=相沢康夫さんのネフ社積木ショーに参加しました。
はじめは、3歳からの子ども対象の1時間のショーです。
楽しくって釘付けです。
3歳からの子どもたちも1時間夢中になって見入っていました。
面白いと集中しますね。
子どもに戻りたい、せめて子育て中の親に戻りたい!
ネフピールの蝶々のような形が生かされるのを初めてみた。
芸術的なダイアモンドが様々な形に変身していくのはマジックの様で美しい。
a0210108_2332518.jpg
後半1時間は、子どもの遊び講演。
ショーの後だけに、遊びの必要性がより伝わってきます。
未満児に必要な遊びには5種類だそうです。
1.ゴッコ遊びー役割遊び(人の立場に立てる)
2.積み木ー構成遊び(観察力表現力)
3.手を使う遊びー操作遊び(指は小指から発達するんだって、摘まむは最後)
4.カードゲーム、ボードゲームなどゲーム(ルールを守りって楽しい・人と遊ぶ)
5.表現する遊びー音楽、絵
私自身、大切なことに関わっている自覚はあるけれど、
遊び全体的なことは何も知らない、勉強しなくっしゃね。

カプラ®に最初に出会って助かった。
カプラは一種類だけだし、
ネフに比べたらずっと安い。
それでも、自分用には買わない。

2015年09月24日
a0210108_21431978.jpg
昨日のテノ森では3本分の材料を渡され、
3時間で完成したのは1本のみ。
2本目は粗仕上げまで、
3本目は糸鋸切出しまで、
で時間切れ。
気になってしょうがない。
今を逃すと永遠に仕上がらないので、
2時間限定で取り組み。
力がないので小刀切り出しは諦め、サンドペーパーで仕上げる。
基本の形は、下書き通りにはならず糸鋸に引っ張られた感じ。
その形を生かしながらも
なだらかな局面で形をつくること、
4面は緩やかな凸面にし、
面のぶつかる線エッジは利かせること、
に気を付け、
2本目は、背面カーブを入れ
a0210108_21342432.jpg

3本目は、コウタロウ君を真似て、握りを考えうねらせた。
a0210108_21345225.jpg

教訓
紙のように木は言うことを聞いてくれない。
木目、節に逆らわず、奇をてらわず、素直に削る事。
静かな時間は楽しい。

昨日の3時間は、じぶんの内面観察をして、泣いている人も複数!
そんな純な人が羨ましい!
いや、何時もものづくりで自分と対峙している私は
日常自分を見つめ過ぎているのかも?
2015年09月23日
テノ森主催細井護さんに会った時からファンです。
意味の学校+テノ森の記事を読み、
一番に申し込みました。
これだけで満足でしたが、
お昼御飯は「おうちごはんplus」の提供。
トリプルコラボの大満足。

今日のアンテナは細井護さんに向いています。
一言一言が染み込んできます。
「テノ森」では、技術的ことしか教えていません。
しかし、つくったものを使う生活、つくった記憶から伝わっていくものがあると期待しています。

普通の物をつくって下さい。
前衛的なもの、デザインされたものと考えるのは、時代に影響されているのです。
彫刻家佐藤忠良さんは東京造形大学で「普通の物をつくろう」と教育していました。
シンプルな普通なものを観察しつくりましょう。そこから個性が生まれます。

絵画は輪郭線を描きます。彫刻は面と面がぶつかった所に線が生まれます。
この線を大切にしましょう。
線がボケると作品もボケます。
シャープな良い作品は線が生きています。

彫刻は、完成するまではただの塊でしかありません。
素直な心の時、塊の中に希望が見えます。
それを掘り出していきます。
心が曇っている時は見えません。

際立った作品は、技術よりも感性が引き立っている時生まれます。
持続すると技術が向上し、普通になり、
また感性が上回った時、良い作品が生まれます。

高校三年生の参加者の話
TVで見たが
臨書をする書家への「個性とは何か」の質問の答え、
「写しているが思うようにいかず違ってくる。それが個性だ」
個性とは、思い通りにならないこととも捉えられる。

浸み込んだ言葉も記憶をたどると表現が異なっているけれど、雰囲気は伝わる?

普通の物をつくる。
面と面がぶつかって線が生まれる。
は、覚えた!
a0210108_10383562.jpg
工具とサンプル達
a0210108_10403673.jpg
糸鋸で切り出した状態
a0210108_10411587.jpg
ナイフで形を整え粗ヤスリをかけた状態
これから120番、240番紙やすりで研ぎ、煮て研ぎ(240番・400番)を3回繰り返し
a0210108_10472216.jpg
クルミ油を浸み込ませ400番で研いで完成。
a0210108_10482734.jpg
プチ起業塾同期作石窯 初おろしのパン焼き
a0210108_10521649.jpg
「おうちごはんplus」の昼食
生クリームシェイクで作ったバターを出来立てナイフで塗て食しました。
バターケースもテノ森作
2015年09月22日
こんな一筆箋みたいな、封筒みたいな、
可愛い文具を、子Sが見せてくれた。
私なら、折り紙を入れて渡すかな?
MIDORI®ふくろ箋いろんな種類があるようです。
MIDORI®って手帳だけではないみたい。
文具って面白い。
a0210108_1447765.jpg

2015年09月22日
カラーカプラだと、“ひまわり”もオチャノコサイサイ。
楽しくお話しながら作れます。
ナチュラルだと気を張り詰めて組んでいく感じ。
a0210108_14363657.jpg
全く個人的感情ですが、
手持ちカラーカプラ赤と朱の組み合わせがどうも不愉快。
理由は、穴の向こう側
2015年09月18日のこと
劇団文化座「獅子」を観る。
獅子舞が何処で出てくるのか、
宴会が何処で開かれるのか、
むすめ雪は何時ものを言うのか、
余計な心配をしながら観ていた。
最後の最後、
マグマをぐーと貯めて一気に爆発させる感じ。
こんな一幕芝居もあるんだ。
この芝居が、1943年初上演というのが途轍もない勇気。
雪の所作の美しさ。
緩やかに流れる時間。
日常生活の中の着物着付け。
便利さと引き換えに無くしたものの多さを痛感する。
a0210108_9261227.jpg

2015年09月18日
今朝8時に着くはずの荷物が、昼になっても届かず、
調べると、
福岡天神を中心に測ると90度回転の彼方の営業所にあった。
困った、
その荷物持って今日打ち合わせ。
送り主側配送センター、受取人側配送センター其々電話が掛かって来て、
何と1時間半後には、手元に届けられた。
連携プレーだね。

福岡天気は今日は晴れ・微風。
台風も津波も政治も影響を受ける環境ではなかったのに、
おかしいね。
しかし、
この配送会社、各営業所の電話番号がどこにも載っていない。
これて、クレーマー対策?